2009年10月30日

【契約審査】取引基本契約書の意外な相手先

先日、ある営業担当者から取引基本契約書の契約審査の依頼を受けたのだが、その相手方を見て少し複雑な気分になった。実は、その相手方というのが、以前私が転職活動を行った際に面接まで行って落とされた会社なのだ。自社が商社である以上、様々な会社と取引関係があるので、こういうことも起こってしまうのだろう。まあ、今となってはその会社に未練はないのだが、個人的にはなんとも複雑な心情である。

さて、私がこの取引基本契約書を審査した上で、作成した修正案やコメントを確認するのが、私を面接で落とした相手方の法務部門の人間だと思うと、私の契約審査がかなり辛口になってしまうのは致し方ない。私はどちらかというと根に持つタイプなので(笑)。冗談はさておき、その契約書は全体的にはよくまとまっているものの、自社に不利益な項目が多々あるようだ。そこで、覚書を作成して相手方に提示するよう営業担当者に依頼した。この私が作成した覚書に相手方がどう対応するかが楽しみだ。


blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


posted by Sabosan at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 契約書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

【ノウハウ・仕事術】データファイル名のつけ方

皆さんも仕事でパソコンを使用する際、ワードやエクセルなどで様々なデータ文書を作成・受領することがあると思う。ほっておけば、これらは山のように蓄積されていくため、いつでも検索できるよう整理整頓した状態で保管していくことが望ましい。

そのためには、フォルダ保管時に一目瞭然となるようわかりやすいタイトルをつけることが必要だ。私の場合、タイトルの冒頭に当該データを作成または受領した日を西暦表示でつけるようにしている。例えば、

 20091001取引基本契約書(●●●株式会社)
 20091025法務意見書
 20091027●●部●●さんメール

などのような感じだ。その上でフォルダ上に日付別に一覧表示すれば、時系列に沿って瞬時にデータを把握することができる。興味を持たれた方は試してみてほしい。


blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


ラベル:ファイリング
posted by Sabosan at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

【行楽】新幹線を見るため家族で新大阪駅へ

1.息子にとって初めての新幹線
私の息子は、乗り物が非常に大好きで、車・電車・飛行機などに目がない。従って、時間があればいつも絵本やDVDを観ているか、歓声を上げながらおもちゃで遊んでいる。このように乗り物好きの息子のため、昨日、妻の提案で新大阪駅に新幹線を観に行ってきた。入場券を買ってホームに入場したのだが、息子も目を丸くしながら新幹線に見入っていた。おそらく何年かしたら「新幹線に乗りたい!」と言い始めるのだろう。

20091024.jpg


2.東京出張の思い出
実は、前職に在職中、東京支店への出張がたびたびあったので、新大阪にはよく来ていた。現在の職場ではそのようなことはないため、私も新幹線は久しぶりである。東京出張は私にとっても小旅行という感じでいい気分転換だった。前職の東京支店は日本橋にあったのだが、仕事が終わると、辺りをブラブラしながら東京駅に向かったものだ。高島屋を覗いたり、八重洲ブックセンターにて車内で読む本や東京駅の地下外で家族へのお土産を買ったり…。

本当に懐かしいものだ。私は営業マンではなく、法務担当者なので社外に出るのは弁護士事務所くらいしかないのだが、いずれまた仕事で東京出張に行ってみたいものだ。


blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


ラベル:新幹線
posted by Sabosan at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

【書評】「契約実務と法」河村寛治(第一法規株式会社)



先日、私が拝読している「企業法務マンサバイバル」において以前にtacさんが推薦している本書を図書館で見つけたので、早速借りて読んでみた。確かにこれは良書だと思う。冒頭に企業法務担当者の心構えと役割が詳細に書かれており、私も納得しながらページをめくったものだ。そして、中でも私が感心したのが、本書の中盤部分における商社とメーカーの継続的売買に関する取引基本契約書の解説のくだりだ。ここでは取引形態にかかる法的論点が余すことなく解説されており、私にとって非常にプラスになった。

法務担当になりたての人にはこの本は特にお勧めだ。私もできればもっと早くこの本に出会いたかった。私が前職で法務担当になりたてのころは、今ほど企業法務関連の本が少なく、苦労したものだ。私の場合、本屋を覗いたときには、いつも企業法務関連の新書を探しているのだが、この2〜3年で急に新刊、特に国内・国際契約系の本が増加したように思える。やはり、それだけ法務のニーズが増えてきたということだろう。

本ブログでもいい本があれば積極的に紹介していきたい。



blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


posted by Sabosan at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

【仕事観・キャリア論】ITとの付き合い方

1.ITスキル向上の必要性
10月17日付の産経新聞で勝間和代の「人生戦略の立て方」が掲載されているが、今回もなかなか参考になる記事だった。その記事の概要は以下のとおりだ。
・人生戦略の達成には、どうやってITを効果的に活用する技術が必要不可欠である。
・ITは、ビジネスにおける道具だけではなく、人と人が縦横無尽にネットを通じてつながることができるという点で大きな利点がある。
・われわれは、情報とコミュニケーションに関して、情報整理・取捨選択・問題発見・問題提起・分析・統合というスキルを学ぶ必要がある。そして、限られた物的・人的・時間的資源の中において互いにそれらの資源配分を行い、様々な人とコミュニケーションをするためにITを活用することは必要不可欠である。
・IT活用スキルを身につければ、われわれは早いスピードで目的に到達することが可能であるため、ITリテラシーを向上させていかなければならない。

2.ITスキルを向上させるためには
これからビジネスやプライベートを円滑に進めるためには、ITスキルを向上させなければならない、という点については私も全く同感だ。私もビジネス・法律・会計などの専門書以外にもIT系の本をちょくちょく読み込み、ITスキルを積極的に身につけるようにしている。私自身、仕事がら契約審査を日常的に行うため、WordやグーグルなどのIT技術を有効に活用しなければならない立場にあるからだ。ちょっとした知識が仕事の効率を劇的に向上させることもあるので、私もこの種の本を読んで、少しずつITスキルを向上させるようにしている。ここ最近、私が読んだ本は以下のとおりだが、どれも仕事に役立つことが書かれており、有益だったと思う。興味を持たれた方は、目を通してみてはいかがだろうか。















blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


ラベル:IT グーグル WORD
posted by Sabosan at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

【契約審査】契約書チェックを行う前に行うこと

私は、契約審査を行う前に必ず行うことがある。それは、契約相手方の情報をHPでくまなく調べることだ。というのも、相手方のことを全く知らないまま契約書を読み込んでも、相手方のイメージが掴み取れないことがないだろうか。そこで、私は、まず相手方のHPで企業の規模・事業形態・商品内容・財務内容をくまなくチェックする。特に意識するのが、法務部門の有無である。相手方の契約書に基づいて、これから自分が作成する契約書対案または覚書はどの部門によって審査されるのかをある程度認識しておいた方がコメントも起案しやすいのだ。例えば、独立した法務部門がなければ、噛み砕いたわかりやすいコメントを作るようにしているし、東証一部上場クラスで法務部門がある場合はわかりきった項目はコメントをつけずに時間と手間を省略するようにしている。

また、上場企業のHPでは決算情報も開示されているため、財務内容も軽く確認しておく。もし、極端に悪い場合は、債権保全条項を強化したりするなど、臨機応変に対応する。さらに、NIKKEI NETのIR情報で株価等を確認すれば市場の評価もおおよそ検討がつく。

HPは企業の顔だ。これを見れば、企業内容がある程度わかるものだ。このようにして、自分なりに相手方の企業概要を把握してから、契約審査に臨むことをお勧めしたい。


blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


posted by Sabosan at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 契約書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

【音楽】スピッツ「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」



@ヒバリのこころ
A夏の魔物
B魔女旅に出る
C惑星のかけら
D日なたの窓に憧れて
E裸のままで
F君が思い出になる前に
G空も飛べるはず
H青い車
Iスパイダー
Jロビンソン
K涙がキラリ☆
Lチェリー
M渚
Nスカーレット


最近仕事帰りによく聞いているのがスピッツのベスト盤である。一日中、契約書を隅から隅まで読んでいると、しまいには頭がクラクラしてこないだろうか。私はその癒しとしてi-podで音楽を鑑賞しているのだが、このような場合、ロックを聴くとよけい疲れるので、このような癒し系ポップスを聴いている。かなり前のCDなので、ほとんど懐メロに近いので、当時が懐かしくなってくる。

私の好きな曲は、H、J、Mといったとことか。もう一枚、対になるベスト盤も出ているが、そちらもお勧めだ。皆さんも仕事帰りに疲れた頭を心地よい音楽でいやしてはどうだろうか?


blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


ラベル:スピッツ
posted by Sabosan at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

【資格】ビジネス会計検定3級について

以前にも触れたとおり、私はリスクマネジメント部門に所属しているため、ある程度の会計リテラシーが必要になる。しかし、私は現在の会社に転職するまで、そのような機会がなく入社後非常に困ったものだ。

そこで、私は入社後、ビジネス会計検定3級を勉強して、苦労しながらもなんとかこれを取得したのである。簿記検定が決算書を作成する以前の知識を問われるのに対して、本検定は完成した決算書を読み込むための知識・スキルが問われる点に違いがあるといえる。この資格は3〜4年ほど前に新設された新しいものなのだが、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」などの会計ブームに起因して創設されたようだ。受験者もそこそこ増えているようだ。

私のように、経理・会計担当者でもない普通の人の場合、いきなり会計本を読み込むのではなく、本検定にガッチリ取り組んで勉強すると、会計の簡単な仕組みがよくわかり、非常に効果的だと思う。私も以前は会計に苦手意識を持っていた。実際のところ、私は個人的にネット証券を通じて株式投資などを行っているのだが、投資先より決算時期ごとに送付される会計書類などはほとんど見ることもなく、ゴミ箱行きだったのだが、本検定に合格後、まじめにこれらを読んで確認するようになった(数字アレルギーの私にしてみれば、これだけでも大きな進歩である!)。おかげで与信管理業務もなんとか取り組めるようになり、感謝している次第だ。

今の世の中、会計リテラシーを身につけておいて損はしないと思う。興味をもたれた方はチャレンジしてみてはどうだろうか。以下に私が使用した参考書・問題集をあげておきたい。








blogram投票ボタン

1クリックお願いします!


posted by Sabosan at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

【プライベート】司法書士有資格者である友人との飲み会

先日この3連休を利用して、某友人との飲み会を行った。この友人は、私は司法書士事務所に補助者として働いてきたときに、同僚として知り合った人物である。当時、同氏は大学卒業後も就職活動を行わずに司法試験の勉強に専念しており、そのアルバイトという形で事務所に入所してきたのだ。しかし、私と同じく紆余曲折があって、その後司法書士試験に転向し、見事に昨年合格したという強者である。現在は、司法書士会において登録を済ませ、有資格者として、某司法書士事務所において勤務司法書士として働いている。

以前にも述べたとおり、私の人付き合いの方針は「細く長く」がモットーであり、同氏とはかれこれ10年の付き合いとなる。プライベートでも過去にエリック・クラプトンのコンサートに一緒に行ったり、定期的に飲み会を行うなどして、親交を深めつつ、情報交換を行っている間柄だ。働きながら受験勉強を行う、ロックを愛し、ギターを演奏するなどの共通点もあり、同氏は私にとってある意味貴重な「戦友」ともいえる存在だ。

先日は、大阪城をブラブラしてから(天守閣に登ったのは小学生の時以来である!)焼肉を食べて、スターバックスでお茶をしたというだけなのだが、お互いの業界のこと、仕事のこと、音楽のこと等いろいろ語りあった。やはり、久しぶりに近況報告を行うと、私にとっても刺激になり、明日からのモチベーションを高めることになる。

同氏は司法書士として、私は企業法務担当者としてキャリアを積んでいるのだが、お互い切磋琢磨して自己を成長させていきたいと考えている。

blogram投票ボタン

1クリックお願いします!

ラベル:司法書士
posted by Sabosan at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

【社会・経済】モーゲージプランナーとは?

先日テレビ東京で放映された「ガイアの夜明け」をご覧になった方はおられるだろうか?当日の放送では、昨年からの急速な景気の悪化を受けて、住宅ローンを払えない人がマンションを競売にかけられてやむなく立ち退くエピソードや住宅ローン返済のプロフェッショナルとしてモーゲージプランナーが紹介されていた。

実は、私もこの番組を鑑賞して初めてこのような資格があることを知った。このようなプロフェッショナルが必要とされるほど、今の景気は悪く、住宅ローンの返済は大変な負担ということだ。私の住まいは賃借物件なので、住宅ローン返済とは縁がないのだが、やはり人生の3大支出(住宅・育児・老後)ということで、私も興味深々で見ていたのだが…。

まあ、住宅返済に限らず、やはり社会人になるとある程度将来のマネープランをたてることが必要になってくるのだと思う。私もとりあえず、自分なりのライフプラン・マネープランを立てたりしてはいるのだが、なかなかに難しい。本ブログをご覧になっている皆さんはほとんどが社会人だと思われるが、自分なりのマネープランはお持ちだろうか。

blogram投票ボタン

1クリックお願いします!

posted by Sabosan at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする