2013年01月31日

【その他】結婚生活に関する一考察/結婚9年目を迎える妻帯者である私より一言

1.妻と義父の会話
先日、私の妻が実父(私にとって義理の父親)と会って食事をした際、いろいろ近況報告を行ったらしいのだが、私のことも話題にあがったらしい。例えば、以前にも紹介した妻方で問題となっている相続問題や我が家のライフプランに対する私の取り組みなどである。これらは、以前に本ブログでご紹介したとおりである。

【法律】妻方に発生した相続問題 その3/先方サイドの司法書士に当方の見解書をFAXしました: 企業法務担当者のビジネスキャリア術
【Lifehack】正月休みに65歳までのライフプランを考えてみる/「一生の計は元旦にあり」: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

義父は、「Sabosanは若いのになかなか頼りになる。お前はいい旦那さんを見つけることができて本当によかったなあ」と発言したとか、しないとか…。私としては、世帯主として、当然のことを行っているつもりだが、そう言われると悪い気はしないもの。まあ、自分で言うのも何だけど、私は、「夫」として、「父親」としてまずまずかな、と思っている。給料は全額家に入れているし、酒(多少お付き合いで飲みに行くことはあるが)・女遊び・ギャンブル遊びとも全く無縁だし、育児にもそれなりに真面目に取り組んでいるからである。私のようなタイプは結婚生活に向いているのかもしれない。

2.私が結婚したきっかけ
妻とはあるきっかけで知り合って恋愛関係になってから、2年ほどの交際期間を経て結婚に至った。結婚してからかれこれもう8年が過ぎており、9年目に突入している。妻との間には二人の子供にめぐまれて、なんとか離婚(?)することなく、まずまずうまくやっている。

たまに、独身の友人などに「結婚すると、独身時代をどう変わるの?」と聞かれることがあるが、それに対する私の回答としては、「良い面としては、@妻の手料理を味わうことができる、A家族と楽しい時間を過ごすことができる。悪い面としては、@独身時代に比べて自由に使える時間やお金が減ってしまう、A世帯主として責任が増える。」というところだろうか。また、「夫婦で仲良く結婚生活を続けるコツは?」との聞かれるが、それに対しては、「@相手への思いやり(リスペクト)を忘れない。A結婚記念日や誕生日などの節目にちょっとしたプレゼントを用意する」と回答している。

3.恋愛と結婚の違い
かくいう私は学生時代の頃は女の子とは全く接点がなく、勉強やテレビゲームを普通にやっていた学生であった。学生時代にモテるタイプといえば、ルックスが良いか、スポーツができるタイプであろう。ただし、それは10代の頃は、社会的経験が乏しく人間としてまだまだ未熟なため、どうしても表面的な長所に目がいってしまうからだ。一方、結婚を意識し始める年代になれば、自ずと「人を見る目」というものを養わなければならない。性格の相性、一定の経済力、相手の家族との関係など…。よく言われるように、恋愛と結婚は全くの別物である。

4.先日の報道記事より
先日、父親や祖父が生活苦で将来を悲観して、家族を殺傷したという事件が相次いで発生した。

妻と次女を殺害か、男を逮捕 北海道 NHKニュース
9歳の孫娘殺した疑い、祖父逮捕 「生活苦で」と供述 - 47NEWS(よんななニュース)

同情できる余地もあるが、このような事件は、今の暗い世相を象徴する事件ではないだろうか。私も改めて家族を養っていくことは大変であると実感する一方、それでも世帯主としての責任を果たさなければならないと感じている。

ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリストビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト
大塚 寿

ダイヤモンド社 2012-09-28
売り上げランキング : 1689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

【書評】過去に私が衝撃を受けた漫画とは?/アニメ「バクマン。」を鑑賞して考えてみました

1.続きが気になるアニメ「バクマン。」
ここのところ、私が毎週土曜日にチェックしているアニメ番組がある。それはNHK Eテレで放映されている「バクマン。」である。そのストーリーは、主人公の二人組がライバルと切磋琢磨しながら、試行錯誤して人気漫画家を目指すというもの。原作は、集英社の週刊少年ジャンプで連載されていたらしく、作者はあの「デスノート」と同一人物である、といえば、ピンと来る人も多いはず。

NHKアニメワールド バクマン。

たかがアニメというなかれ、主人公の努力や工夫とライバルとの人間関係が描かれており、またストーリーもテンポ良く進むため、ついつい続きが気になってしまう。私は第2シーズンから観始めたクチで、現在第3シーズンをリアルタイムで鑑賞しているが、原作が気になったので、ネットカフェに行って原作本を少しずつ読破している。

さて、26日に放映されていた第17話では、主人公が仕事場でアシスタント達に「世に出た漫画で一番スゴイと思った漫画は何か?」と問いかけるシーンがある。それに対するアシスタントの答えは「火の鳥」「ベルサイユのばら」「スラムダンク」など様々であったが、ふと我が身に置き換えて考えてみると、「自分の場合はどうだったかな?」と思い、良い機会なのでブログのネタにしてみることにした。

2.私が選んだ漫画6選
ただ、私の場合、1つには絞りこむことができないので、「これはスゴイ漫画だ!是非他の人にも勧めたい」というものを以下のとおり6つご紹介したい。

@「ブッダ」手塚治虫
新装版 ブッダ 全14巻新装版 ブッダ 全14巻
手塚 治虫

潮出版社 2011-03-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中学生時代に学校の図書室から借りて読んだ作品。仏教の開祖の一生涯を描いた物語で、カースト制度が残るインドを舞台に「人はなぜ生きて死ぬのか?」「なぜ身分制度があるのか?」という疑問を抱いた小国の王子が悟りを開いていく過程を追いかけていく。漫画ながら、当時中学生である私が読んで解釈するには難しい箇所もあったような気がするが、深い作品だなあ、と印象深く感じた作品である。

A「アドルフに告ぐ」手塚治虫
アドルフに告ぐ 全5巻完結(文庫版)(文春文庫) [マーケットプレイス コミックセット]アドルフに告ぐ 全5巻完結(文庫版)(文春文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
手塚 治虫

文藝春秋
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらも中学生のときに図書室で借りて読んだものである。第2次世界大戦中にアドルフ・ヒトラーを含む3人の男達の姿を描いた作品。ユダヤ人狩りを行ったヒトラーが実はユダヤ人だったという架空の設定に基づくもので、その出生の秘密が記された機密文書をめぐって様々なドラマが繰り広げられる。登場人物の結末はいずれも悲惨なもので、私に強烈な印象を与えた作品である。

B「エリア88」新谷かおる
エリア88 (1) (MFコミックス―フラッパーシリーズ)エリア88 (1) (MFコミックス―フラッパーシリーズ)
新谷 かおる

メディアファクトリー 2003-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

手違いによって中東の戦地に傭兵部隊に送り込まれた日本人パイロットが生きて日本に帰って恋人に再会するために、やむなく傭兵として苦闘をくぐり抜けていくというストーリー。人間ドラマだけではなく、もう1つの主人公ともいえる戦闘機同士のドッグファイトが迫力あるシーンで描かれており、非常に格好いい。結末は、一応ハッピーエンドになる、と言えばいいだろうか。

C「不思議な少年」山下和美
不思議な少年(1) (モーニングKC (772))不思議な少年(1) (モーニングKC (772))
山下 和美

講談社 2001-10-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラマ化もされた「天才柳沢教授の生活」の作者によるアンソロジー集。舞台や登場人物は本当にいろいろで、不思議な能力を持った少年が物語の語り手となる。ハッピーエンドあり、アンハッピーエンドありだが、読後にはなんともいえない文字通り「不思議な」余韻が残る漫画である。

D「課長島耕作」「弘兼憲史
課長 島耕作(新装版)  全8巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)課長 島耕作(新装版) 全8巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)
弘兼 憲史

講談社 2010-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在も「週刊モーニング」で「社長島耕作」として連載中の作品。これは有名な作品なのでご存知の方も多いはず。架空の大手電機メーカーを舞台にして、そこに繰り広げられたサラリーマン社会のドラマを描く。上司、同僚、部下との関係をどのように築きあげるべきか、会社という「ムラ社会」でどのように世渡りするべきかについて、ビジネスパーソンにとって処世術を身に着けるための教科書ともいえる1冊。企業戦士ならば読んでおいて損はない。

E「ナニワ金融道」青木雄二
ナニワ金融道 全10巻セット  講談社漫画文庫ナニワ金融道 全10巻セット 講談社漫画文庫
青木 雄二

講談社 2002-02-08
売り上げランキング : 33109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最後にご紹介するのは、企業法務担当者ならば、もはや必読といえる伝説的漫画である。大阪の消費者金融に勤める青年が債務者との金貸しにまつわる様々なドラマを繰り広げ、トラブルに巻き込まれながらも一人前の金融マンとして成長していく姿を描く。作者は飲食店の皿洗い、キャバレーのボーイなど様々な職業を転々した苦労人で、様々な職業で多くの人に出会った過程で身に着けた人物鑑定眼があますことなく生かされている。この作品の根底にあるのは、「お金との付き合い方を誤ると人生は破滅する」というテーマだと思う。連帯保証人・取り込み詐欺・マルチ商法など人間の「欲と業」をこれでもかと凝縮した非常に濃い作品。劇中に登場する街の看板や登場人物が卑猥なイメージを連想させるような名称となっているのが特徴で、これをチェックするのが読者のもう1つの楽しみ方でもある(?)。

3.まとめ
いかがだったろうか?冒頭でご紹介した「バクマン。」の別の話において、主人公のアシスタントが同僚アシスタントが漫画家を目指すことを快く思わない母親に向かって「漫画は大衆娯楽などではなく、1つの文化である」と発言するシーンがあったが、私もこれに全く同感である。かくいう私も子供の頃には「コミックボンボン」「コミックコロコロ」を経て、青年時代には「少年ジャンプ」「スピリッツ」「モーニング」などをよく読んでいた。

結婚してからは、子供が生まれる前はちょくちょくネットカフェに通っていろいろな漫画を読んでいたのだが、ここ最近はご無沙汰である。いつか育児が落ち着いたら、また立ち寄ってみたいと考える私である。

まんが道 1 (GAMANGA BOOKS)まんが道 1 (GAMANGA BOOKS)
藤子不二雄A

小学館 2012-11-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

【情報整理】Gunosy(グノシー)で自分が関心を持つ情報を入手する/TwitterやFacebookの利用者にはお勧めのサービスです

今回は、私が最近気に入っているWEBサービスをご紹介したい。それは、Gunosy(グノシー)という情報提供サービスである。

Gunosy(グノシー)

「Gunosy(グノシー)はあなたのTwitterアカウントやFacebookアカウント、はてなアカウントからあなたの興味を分析し、興味にあったニュース・記事を推薦するスマートなパーソナルマガジンです。」(同サイトの紹介文より引用)

本サービスの仕組みは、Gunosy独自のレコメンドエンジンが、過去にユーザーがSNSで投稿した内容の傾向やアクティビティを分析し、ユーザーの関心を惹くと思われる情報を毎日自動でメール配信してくれるというものである。

20130124Gunosy(1)
20130124Gunosy(1) posted by (C)Sabosan

以前の記事で私は早寝早起きの朝型生活を送っていることについては触れたかと思う。

【Lifehack】早起きして静かな朝に読書・勉強・調べ物等に取り組む/ビジネスパーソンの朝型生活のススメ: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

私の場合、朝4時頃には起床してからパソコンを起動してGoogleニュースやはてなブックマークの記事をチェックしつつ、Gunosyから受信するメールにも目を通すようにしている。そして、興味をもった記事はEVERNOTEに保管するといった感じである。Gunosyがビジネス・経済・WEB系といった私が普段より関心を抱いている分野のニュースを知らせてくれるため、こちらはそれをつまみ食いすれば良いというもの。メールで受信する時刻や情報件数も細かく設定することができるため、非常に便利である。

20130124Gunosy(2)
20130124Gunosy(2) posted by (C)Sabosan

また、メールだけではなく、Gunosyのサイトにログインすれば、これらの情報をブラウザ上で確認することも可能である。

20130124Gunosy(3)
20130124Gunosy(3) posted by (C)Sabosan

私にとってGunosyは、自分好みにアレンジされた電子ニュースのような位置づけであり手放せない情報収集ツールとなっている。本サービスは無料であるため、TwitterやFacebookのユーザは、本サービスの利用をお勧めしたい。

【Gunosy】始め方・退会の仕方 - NAVER まとめ
「精度高すぎ」と話題のニュースキュレーション『Gunosy』は、どんな設計思想で作られているのか? - エンジニアtype

ヤバい情報収集術ヤバい情報収集術
小川 浩

中経出版 2007-02-14
売り上げランキング : 589277

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

【企業法務】司法書士と企業法務の関係性/両方の仕事を経験した私より一言

1.とある報告書を参照して
先日、インターネットでたまたま「司法書士による企業法務に関する実態調査の分析報告」という資料を発見した。これは、2003年頃に日本司法書士連合会より公表された出版物の一部のようである

THINK 司法書士論叢 会報第101号|日本司法書士会連合会

その内容を抜粋すると以下のとおりだ。

・元来商業登記に携わっている司法書士は、改正商法を機会に企業法務サービスを積極的に提供することによって、司法書士の業務範囲を拡大していくことができるのではないか。
・そのため、司法書士による企業法務への関与の実態を調査し、司法書士の企業法務への関与の課題及び今後の実践方策や業務拡大の方法を探っていきたい。
・紛争の法的処理を中心とする自己責任社会に移行しつつあるので、企業法務の需要が高まることは間違いないが、司法書士に企業法務に取り組む主観的・客観的条件が整っているのかが問題となる。
・企業法務の一職域である債権回収に従事する司法書士はまだまだ少ないのが現状。やはり司法書士は登記業務の専門家と認識されている証でもある。
・司法書士が企業法務に取り組む際の障害として、「司法書士自体に企業法務意識が不足している」「弁護士・税理士等による企業法務の関与が大きい」「司法書士自体の質的レベルが不足している」などがあげられる。
・司法制度改革に伴う弁護士の増加や電子化による申請の簡易化などに伴い、他士業同様司法書士も現在その業務体系について見直しが迫られている。将来に向けて司法書士が登記の専門家から企業法務全般の専門家へとその専門領域を広げていくことが必要ではないだろうか。

これを読んだ限りでは、日本司法書士連合会は、司法書士はもはや登記サービスのみを提供だけでは、尻すぼみとなるため、業界として職域を拡大することを問題提起しているようである。10年前にこのような意見が出されていたとは、なかなか先見の明があると思う。

2.過去の経験より
そういえば、私が勤務していた司法書士事務所は、登記サービスの提供をビジネスモデルとする典型的な事務所であり、不動産会社や金融機関より不動産登記(所有権保存や抵当権設定など)を、提携する公認会計士事務所や税理士事務所より商業登記(役員変更や資本金変更など)を受任していた。従って、いわゆる企業法務サービスというものは全く提供していなかった。所有権移転登記の一環で不動産の売買契約書の作成などは行っていたが、雛形を使いまわすといった単純な業務であり、リスクを特定・評価した上、法令や判例を考慮した複雑な契約書を作成するというケースはもちろんない。

上記報告書のように、このような事務所が大多数と占めているのが司法書士業界の現状ではないだろうか。従って、司法書士事務所が企業法務サービスを提供するというのも無理がある話ではあるが(弁護士法違反というハードルもある)、個人的には、中小企業に対して企業法務サービスを提供するという着眼点は非常に面白いと思う。もちろん、そのためには、司法書士業界やユーザにおいて「司法書士は登記サービスさえ行えば良い」という固定観念を少しずつ変化させた上、司法書士自体の質的レベルを向上させる必要がある。

ただ、10年前はともかく、現在はロースクール制度の運用開始による弁護士が増員された結果、ライバルが巷にあふれているのも事実。むしろ食い詰めた弁護士が司法書士のメイン業務である登記業務にまで逆参入しているという話もちらほらと聞く。また、過去の記事において、行政書士が司法書士の商業登記業務にも参入しようとして断念したという話は触れたかと思う。

【資格】司法書士業界への規制強化/これも法令遵守重視という世の流れか?: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

このような話を聞くと、各士業が過去に住み分けがキチンとなされていた職域をめぐって、なりふりかまわず縄張りをしているという印象を受ける。各業界もこの長期不景気を乗り越えるため、自らのメシの種を増やそうと必死なのだろう。そもそも、弁護士業界ですら今後どうなるか予測がつかないと称されている始末である。

弁護士業界の将来 - NagoyaSogoLaw2011
弁護士業界の課題と展望 - 黒猫のつぶやき

3.企業法務と司法書士の違い
私は司法書士事務所で勤務していた経験があるため、たまに「司法書士と企業法務の仕事の違いは何ですか?」と聞かれることがある。そのときは、私は、「司法書士は定型的・手続的な業務がメインであり、依頼を受けた時点で仕事のゴールはほぼ確定しており、誰が受任者であってもそれが変更されることはない(変更を加える余地そのものがない)。一方、企業法務は、個人のスキル・創造性が仕事の成果にダイレクトに反映されやすい側面があり、受任者によっては仕事の進め方やゴールを大きく変更させる可能性がある」と答えている。

もちろん、私としては、企業法務の仕事の方が自分に合っていると感じているのは言うまでもない。

実践ビジネス法務―体験してみる企業法務の最前線実践ビジネス法務―体験してみる企業法務の最前線
上谷 佳宏 東町法律事務所

関西学院大学出版会 2007-12
売り上げランキング : 301985

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


司法書士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本―本当のところどうなの?司法書士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本―本当のところどうなの?
大越 一毅

秀和システム 2012-11-22
売り上げランキング : 2704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

【音楽】30代40代が泣ける歌「人生という名の列車」馬場俊英/過去の自分と将来の自分を再確認させてくれます

1.人生という名の列車
先日たまたまYouTubeでこの歌を耳にした。10分近くもある非常に長い歌なのだが、30代、40代の方にはなかなか感慨深いものを感じるのではないだろうか。



歌詞の内容は、自分を列車に、人生において遭遇する様々なステージを駅になぞらえていくというもの。ドリフターズ、部活、恋愛、就職、結婚など様々な出来事を振り返りつつ、40歳を迎えようとする自分。”列車”は様々な駅を通過して、「40代」という人生における次のステージに進んでいく。

私もこの歌とほぼ同じような出来事を経験しており、おおいに共感させられた。気がつけば、就職・転職・結婚を経て早いものでもう人生の折り返し地点に到達しようとしている。さすがにこの年齢になれば、若かりし頃のように人生というものはそう単純ではないことに気づかされる。例えば、「夢」というものは決して全てが実現するのではなく、「現実」とある程度折り合いをつけながら、自分と家族が少しでも幸福となる方法を模索していかなければならないということに…。

2.人生における様々なフェーズ
一般的に人が生まれてから死ぬまでの生涯は、以下のとおりに分類することができると言われている。

@幼年期(完全に親の庇護下にあって、すくすく育つ段階)
A少年期(さらに親の庇護下にありつつ、学び、遊ぶ段階)
B青年期(親の庇護を離れてそろそろ巣立ち始める段階。人格形成がほぼ完了する)
C壮年期(親から完全に自立して仕事や育児に追われてる段階。プライベートの時間がなかなかとれない時期)
D中年期(体や頭が次第に衰え始める段階。重責の仕事、思春期の子供、親の介護など様々な問題に取り組む時期)
E老年期(人生の完成期で余生を楽しむ時期。身体的には老化が進み、健康問題が大きくなる時期)

上記の歌にあてはめると、@ABCを通過して、Dに向かおうという段階だろうか。私自身も経験しているが、この時期は、人格的な自分のアイデンティティ、仕事の専門分野、家族形成がひと段落する人生で最も重要な時期ともいえる。この段階になると、仕事や家族などの様々なしがらみがあるため、自分の人生においてリスキーな冒険を犯すことはできない。今後の自分のキャリアの方向性、生涯賃金、家族のイベントなどをある程度予想することができ、人生を徐々に「守り」にシフトさせていく時期でもある。

3.高校時代の友人との会話
先日、高校時代の友人と久しぶりに電話で話をした。友人は何度かの転職を経て、現在は九州で家族と暮らしているのだが、私とは毎年年賀状のやりとりを行う仲である。彼の年賀状には毎年子供たちの写真が写されており、すっかり子煩悩パパという印象である。

友人と話をしたのは、かれこれ20分ほどだが、お互いの仕事や家族について近況を話し合った。高校時代には友人とは勉強やゲームの話をよくしていたのだが、今話すのは仕事や家族のことばかり。当たり前の話だが、高校時代にはこのようなことは全く予想していなかった。あれから、大学進学・就職・転職・結婚を経て、お互いマイホームパパというポジションにすっかりおさまってしまった。

4.「コクリコ坂から」を鑑賞
そういえば、先日金曜ロードショーでテレビ映画の「コクリコ坂から」が放映されていたが、私も録画したものを鑑賞した。

コクリコ坂から 公式サイト



物語の舞台は1960年代の横浜で、高校生の淡い恋を描いたものである。その他にも高校生の日常生活が描かれており、そういえば自分にもこういう青春時代があったのだなあ、としみじみさせられた(ちなみに、私の高校時代はこの映画のような恋愛とは全く無縁でした)。様々な人生経験を積んだ人にはこのような映画は、私のようにホロリとさせられるのでないだろうか。

しかし、このように高校時代を懐かしく感じるほど、自分が年をとってしまったことにはなんとも複雑な心境であえる。まあ、過ぎ去った過去をいくら懐古しても何も始まらないのだが、時には過去を振り返ってみるのも良いかもしれない。後ろを振り返ることによって前の道が見えてくることもあるだろうから。

5.まとめ
年末年始に自分と家族のライフプランを考えたことについては、以前の記事でお知らせしたとおり。

【Lifehack】正月休みに65歳までのライフプランを考えてみる/「一生の計は元旦にあり」: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

私の人生も折り返し地点を通過して、いよいよ後半戦へと突入していく。仕事や育児にガッチリと真正面から取り組みつつ、豊かな老年を目指して今から準備をしなければならない大切な時期である。引き続き大変な日々を送ることになるだろうけど、その模様は本ブログで公開していきたい。

BEST1996-2007(初回生産限定盤)BEST1996-2007(初回生産限定盤)
馬場俊英

フォーライフミュージックエンタテインメント 2009-05-27
売り上げランキング : 38617

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人生とは何か人生とは何か
吉本 隆明

弓立社 2004-02
売り上げランキング : 566045

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

【iPod touch】iPhoneアプリ「Outline」で自分の思考をツリー方式で視覚化する/通勤電車で契約書のアイデアを考える際にも利用できます

1.アウトライナー用アプリ
今回は、昨年暮れに自分のiPod touchにインストールしたアプリ「Outline」を紹介したい。

20130114Outline
20130114Outline posted by (C)Sabosan

本アプリの使用方法について、詳しく説明されているサイト(私もこちらを参照してインストールした)が存在するので、まずをこちらをご参照頂きたい。

Outline: アウトラインをメモるのにも ToDo 管理にも使えるアプリ。 - たのしいiPhone! AppBank

本アプリは簡単なTO DOリスト(ただし、タスクには期限表示ができないので、リマインダーとしては若干使いにくい)や自分の考えを階層形式で視覚化するのに非常に便利である。スマホの特性を生かしてドラッグやピンチアウトで項目を移動させたり、直感的に操作することができるのがかなり楽しい。その様子は、以下の動画をご参考にどうぞ。



2.私の使用方法
私の場合、よく通勤電車の中で自分の考えをまとめるのに本アプリを利用している。例えば、年末年始休み中に自宅で処理するタスクを以下のとおり洗い出してみたり…。

20130114Outline(1)
20130114Outline(1) posted by (C)Sabosan

20130114Outline(2)
20130114Outline(2) posted by (C)Sabosan

また、企業法務担当者ならでの使い方もご紹介したい。以前に、本ブログにおいて契約書作成・審査を行う際に留意するべき7つのポイントについて触れたかと思う。

【契約書】企業法務担当者が契約書を作成・審査する際に意識するべき7つの視点/非常に基本的ですが、それだけに大切です: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

その場合にも本アプリは利用できる。すなわち、係属中の契約書作成・審査案件について上記ポイントについて条項案を順次可視化していく(表示スペースが少ないと思われるかもしれないが、スマホを縦から横に持てば、スペースが横に広がる)。

20130114Outline(3)
20130114Outline(3) posted by (C)Sabosan

20130114Outline(4)
20130114Outline(4) posted by (C)Sabosan

20130114Outline(5)
20130114Outline(5) posted by (C)Sabosan

こうすれば、通勤電車の中において契約書のアイデアを考えることができるのだ。アイデアが完成した後はその内容をメールで会社のパソコンへ送信する。そして、会社のパソコンで受信後にそれを参考にして契約書の作成・審査の具体的作業に取り掛かる。このようにして通勤時間などのコマ切れ時間を利用して、仕事の下準備を済ませておくことができる。

20130114Outline(6)
20130114Outline(6) posted by (C)Sabosan

このアプリはGoogleタスクやDropboxなどのクラウドサービスにも対応しており、バックアップをとることも容易で、なかなか優れたアプリだと思う。iPod touchやiPhoneをお持ちの方には一度利用してみることをお勧めしたい。

論理的に思考する技術―みるみる企画力が高まる「アウトライン発想法」 (PHP文庫)論理的に思考する技術―みるみる企画力が高まる「アウトライン発想法」 (PHP文庫)
中野 明

PHP研究所 2003-02
売り上げランキング : 340232

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

【Lifehack】昨年1年間に継続した「毎日貯金」の結果発表/今年も「毎日貯金」を継続中です

昨年の7月頃に私が毎日10円、50円、100円のいずれかの硬貨を貯金箱に貯金していることに触れたと思う。

【Lifehack】毎日の貯金を習慣化する/やっていることは小学生レベルですが、これはこれで大事かと: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

昨年の1月1日に始めたこの習慣だが、なんとか1年間やり遂げることができた。そこで、早速この年明けに缶切りで貯金箱を解体し、中身を取り出してみる。

20130109貯金箱(1)
20130109貯金箱(1) posted by (C)Sabosan

20130109貯金箱(2)
20130109貯金箱(2) posted by (C)Sabosan

20130109貯金箱(3)
20130109貯金箱(3) posted by (C)Sabosan

硬貨を袋につめて近所の銀行に持って行き、自分の銀行口座にいったん入金してからすぐに紙幣で出金する(銀行の両替機を使用すると手数料がとられてしまうため)。その合計金額は15,050円であった。

20130109貯金合計
20130109貯金合計 posted by (C)Sabosan

毎日100円玉を貯金すれば、365日で36,500円になるのだが、さすがにそうはいかず、このような中途半端な金額になってしまった。まあ、それでも、1年間を通じて毎日1つの習慣を継続することができ、ささやかな達成感を味わうことができた。さて、このお金の用途だが、今年中に新型のiPod touchかiPadを買おうと考えているので、その足しにでもしようと考えている。

この「毎日貯金する」という習慣だが、始めた当初は面倒くさいものの、なんだかんだと続けていくと意外にハマるものである。その結果、毎日これをやらないと気がすまないようになってしまった。なお、iPhoneアプリにも貯金に関する様々なアプリがあり、これらを併用すればモチンベーションアップにもつながるため、読者の方にもお勧めしたい。

20130109貯金アプリ
20130109貯金アプリ posted by (C)Sabosan

2013年になってからも、私はこの「毎日貯金」を継続している。とりあえず、100円ペースは維持しているのだが、私の目標は、昨年1年間の貯金金額である15,050円を超えることだ。果たして、その結果はいかに!?その結果は、来年にお知らせすることとしたい。

20130109貯金箱(4)
20130109貯金箱(4) posted by (C)Sabosan

どうしても貯められないあなたのための今年こそ100万円貯める貯金生活どうしても貯められないあなたのための今年こそ100万円貯める貯金生活
腹肉 ツヤ子

大和書房 2011-03-18
売り上げランキング : 16445

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする