2015年11月30日

【仕事術】仕事のパフォーマンスを左右するメール術/自分なりのマイルールで取り組む

私がよくチェックしているGTD系サイトの「lifehacker」でメールに関するテクニックが紹介されていた。メールは、もはや現代のビジネスパーソンにとって仕事に欠かせない重要ツールであり、その使い方が個人のパフォーマンスを左右するといっても過言ではない。それは企業法務担当者にとっても同様だ。

きっと必要になる、シンプルで決定的なメールの分類方法 | ライフハッカー[日本版]

個人的に、この記事に刺激を受けたので、自分なりのメールテクニックをいくつか紹介したい。

<@受信トレイにカテゴリごとのサブトレイを作成して、処理済みメールはそこに移動する>
例えば、「契約審査」「法律相談」「知財」のように、サブトレイを作成しておき、処理が済んだメールを移動して整理分類しておく。そうすれば、自分が取り組まなければならないタスクの量が一目瞭然となる。受信トレイは一時保管用のINBOXという位置づけで処理が済んだメールは移動する。これはGTDの基本だ。

15分で分かるGTD – 仕事を成し遂げる技術の実用的ガイド | 開発手法・プロジェクト管理 | POSTD



<A一度読んだメールは2度読みしない>
メールを読んだ場合、「確認するだけで何もしない」「(返信メール・電話・作業などの)アクションを起こす」など様々な対応が必要になるが、それが済めば、(少なくともその時点では)そのメールを再読することは不要となる。従って、サブトレイに移動した後は、原則として再読しない。

<Bメールチェックする時間を決める>
私の場合、メールチェックする時間を決めている。例えば、朝イチ、午後イチ、夕方の3回と決めて、それ以外の時間はメールを見ずに、別の仕事をしている。もちろん電話などの連絡が別途寄せられた場合のように、至急の場合はもちろん即レスするが、それ以外の時間は別作業に集中し、メールを読まないようにしている。

<C連絡をメールに頼りすぎない>
電話一本で済むような事をメールで何度も細かく連絡する人がいるが、メールは所詮コミュニケーションの一手段に過ぎない。従って、これに依存することなく、例えば、状況に応じて、対面による打ち合わせや電話なども使い分けたい。

私は、このようなルールでメールと向かい合っているが、そうした自分なりの「マイルール」を試行錯誤しながら運用することは決して損にはならないと思う。

メールの超プロが教えるGmail仕事術メールの超プロが教えるGmail仕事術
樺沢 紫苑

サンマーク出版 2010-04-05
売り上げランキング : 16066

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

【その他】日本弁理士会主催「2015年度パテントセミナー」に参加/無料ながら良質のセミナーでした

この前の週末に日本弁理士会が主催するパテントセミナーに参加したので、その感想を少々。

日本弁理士会 近畿支部 パテントセミナー



会場は梅田の明治安田生命大阪梅田ビルの25階に入居している日本弁理士会の大阪支部だが、実はこのビルは、過去に勤務した職場の大口取引先が入居しており、私は何度も訪れたことがある。従って、今回のセミナーは懐かしさ半分もあって参加したのだが、まさかこのような形で再びこのビルを訪れるとは思わなかった。(ちなみに、現在その某取引先は別拠点に移転している)



このビルはトイレが全面開放(?)されており、なかなかの見晴らしの良さ。

20151121明治安田生命大阪梅田ビル(1)
20151121明治安田生命大阪梅田ビル(1) posted by (C)Sabosan

20151121明治安田生命大阪梅田ビル(2)
20151121明治安田生命大阪梅田ビル(2) posted by (C)Sabosan

20151121明治安田生命大阪梅田ビル(3)
20151121明治安田生命大阪梅田ビル(3) posted by (C)Sabosan

参加したセミナーの内容は「特許調査入門」。実は、私のメイン業務は企業法務だが、兼任で知財担当も務めており、自社製品の知的財産業務(出願・中間処理・権利侵害対応など)を行っている。従って、知的財産権法や実務知識の勉強は継続的に行っている。

今回のセミナーでは、特許情報プラットフォームの使用方法についてのレクチャーだったが、肝心のサイトが当日メンテナンス中で実際に見ることができず、なんとも中途半端な内容となってしまった。それでも非資格者に対してもこのようなセミナーを定期的に行うという日本弁理士会の姿勢は評価できると思う。日本弁護士会や日本司法書士会にも見習ってほしいものだ。

特許情報プラットフォーム|J-PlatPat

あと、私には、社内向けの法務研修として、パワーポイントを使用しながら、マイクを持ってプレゼンを行う機会がある。そのような立場で見ると、他人のプレゼンというものは非常に参考になる。パワーポイントのデザイン・話の持っていき方、間のとり方など・・・。うまいプレゼンのテクニックは、どんどん盗んで自分のノウハウにしてしまうといい。プレゼンをする機会のある人は、そのような観点で他人のセミナーを聞くことは非常に有意義だと思う。

特許調査入門 改訂版 サーチャーが教えるJ-PlatPat特許調査入門 改訂版 サーチャーが教えるJ-PlatPat
酒井 美里

発明推進協会 2015-07-22
売り上げランキング : 20264

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

【お勧めサイト】「名言コツコツ」/毎日更新されている名言紹介ブログ

私には、気に入った名言や格言を収集して、手帳やEVERNOTEに記録するという習慣がある。これらの名言は書籍やアプリ、ネットの記事から収集するケースがほとんどだ。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【書評】「松下幸之助 成功の金言365」松下幸之助(PHP研究所)/ビジネスパーソンが数年、数十年かけて付き合う価値のある良書
企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【iPod touch】リマインダーアプリ「3push」/座右の銘を毎日自分の心に刻み込む
企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【iPod touch】アプリ「名言実行Biz」/世界の偉人による名言を収録した秀逸アプリです

先日そんな名言オタク(?)の私にはうってつけの、ブログを見つけたので、以下のとおり紹介したい。

[名言コツコツ]自分磨きとライフハックのブログ



驚くべき点は、2009年にブログが立ち上がってから、毎日休むことなく更新されているということだ。このブログの管理人さんの意志力というか根性にはただただ脱帽するしかない。私も同じブロガーの端くれとして、ブログを更新し続けることの苦労は身にしみてわかっているので(といっても、私の場合は週1〜2回だけど)、これがどんなに大変かはよくわかる。

というわけで、私は毎日このブログをチェックしており、気に入った名言があれば、手帳やEVERNOTEに記録している。名言というものは、ほとんどはシンプルな短文だが、その行間には様々な意味や教訓が凝縮されている。それらを理解するためには、それなりの人生経験が必要だが、逆に「そのレベル」にまで到達すれば、それらの名言は当人にとって十分な行動指針に足りえると思う。

1年後の毎日が変わる!  あなたの夢を叶える「100年日記」1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」
コボリジュンコ

大和出版 2015-04-16
売り上げランキング : 178240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

【行楽】Sabosanの和歌山漫遊記 その2/紀州鉄道や有田川鉄道公園を巡り、ローカル鉄道の歴史に触れる

前回の続きを。

翌日は和歌山県海南市にある和歌山マリーナシティを訪れて、家族で丸一日そこで遊んだが、その模様は割愛。

1.国内屈指のミニローカル路線 紀州鉄道
3日目に立ち寄ったのは和歌山県御坊市で、お目当ては紀州鉄道である。以前にBS放送の「鉄道・絶景の旅」において紹介されたことがあり、子供のリクエストもあって一度訪れてみたいと思っていた。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【テレビ】BS朝日「鉄道・絶景の旅」/日本各地の絶景を楽しむことができる旅情あふれる番組です

この紀州鉄道は、1930年代に運行が開始された御坊臨港鉄道がその前身で、御坊駅と西御坊駅の2.8kmをつなぐミニローカル鉄道である。終点までの乗車時間はわずか8分と非常に短く、乗車駅もたったの5つしかない。



ちなみに、この鉄道は利用客もそれほど多くなく、JR御坊駅から同じ方面に向けてバスも運行されており、いつ廃線になってもおかしくないのだが、東京のとある不動産開発系の会社が「○○鉄道株式会社」という社名欲しさのために(宣伝広告の一環として)、同社を買収して現在に至るのだという。確かにHPには、ホテル事業や鉄道事業が表記されているが、両者は地理的に密接しておらず、あまりシナジーはなさそうだ・・。

紀州鉄道株式会社


紀州鉄道は、御坊からはしばらく田園地帯をトコトコと走るが、やがて狭い民家の間をすり抜けていく。また車体がグラングランとやたらよく揺れてちょっとしたアトラクションのよう。「これぞローカル鉄道」を体現したような鉄道だが、まさしくここ御坊でしか乗ることができない貴重な文化遺産(?)だと思う。

20151112紀州鉄道(1)
20151112紀州鉄道(1) posted by (C)Sabosan

20151112紀州鉄道(2)
20151112紀州鉄道(2) posted by (C)Sabosan

20151112紀州鉄道(3)
20151112紀州鉄道(3) posted by (C)Sabosan



あと、紀州鉄道の沿線を紹介したサイトを発見したので、紹介しておきたい。このローカル鉄道の良さがわかってもらえると思う。

紀州鉄道の旅


2.廃線されたローカル鉄道の思い出 有田川鉄道公園
結局、御坊市には1時間ほど滞在してから、車で和歌山県有田郡有田川町にある有田川鉄道公園へと足を延ばす。ここが今回の旅行の最終目的地だ。

有田川鉄道公園 | 有田川町観光協会


有田鉄道は2003年まで運行されていたが、利用客の減少により廃線となってしまう。その後2010年に有田鉄道の歴史を伝えるべく旧有田鉄道金屋口駅を整備して鉄道公園が作られた。



元は、駅舎であったためか、東西に細長い公園となっている。入り口には蒸気機関車が飾られており、奥には有田鉄道で運行されていたキハなどの電車が保管されている。中でも目玉は、中央部に建築されている鉄道交流館だ。内部では有田鉄道の歴史を伝える写真やミニチュア模型が展示されている。特に子供が喜んだのが、有田鉄道を模したNゲージセット。入館料以外に別料金を支払えば、このNゲージも運転することができるのだ。



20151112有田川鉄道公園(1)
20151112有田川鉄道公園(1) posted by (C)Sabosan

20151112有田川鉄道公園(2)
20151112有田川鉄道公園(2) posted by (C)Sabosan

20151112有田川鉄道公園(3)
20151112有田川鉄道公園(3) posted by (C)Sabosan

3.まとめ
和歌山旅行といっても、2日目を除き、ほとんどローカル鉄道巡りとなってしまったが、こういうことができるのは子供が小さい時だけだし、これはこれでよいと思う。むしろ、和歌山のローカル鉄道の歴史や経営努力などが感じられて、大人でも楽しむことができた旅だった。

小さな轍、見つけた!ミニ鉄道の小さな旅(関西編)和歌山電鐵〈心豊なローカル線〉 [DVD]小さな轍、見つけた!ミニ鉄道の小さな旅(関西編)和歌山電鐵〈心豊なローカル線〉 [DVD]

ARC 2008-01-10
売り上げランキング : 78199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

【行楽】Sabosanの和歌山漫遊記 その1/和歌山電鐵の「たま電車」に乗車してローカル鉄道の良さを改めて実感

先日、和歌山に家族旅行に出かけてきたのだが、その模様の一部を紹介したい。

1.みさき公園
和歌山に移動する途中でまず立ち寄ったのが、みさき公園。大阪府の最南端に位置する遊園地と動物園がセットになったテーマパークで、南海電鉄が運営している。



1957年開業とかなり古い施設だが、お目当ては「わくわく電車らんど」というラピートなど実物の車両4両が置かれたセットである。さすがに一両まるごとではなく3分の1ほどに切断されているが、こちらでは実際の車両に乗って、シミュレータによる運転やドアの開閉などを行うことができる。特にシミュレータは非常にリアルで、モニタに映し出される映像はCGではなく実際の動画というのがすごい。しかし、それほど人は多くなく、何回も遊べたのはラッキーだった。

20151109みさき公園(1)
20151109みさき公園(1) posted by (C)Sabosan

20151109みさき公園(2)
20151109みさき公園(2) posted by (C)Sabosan

20151109みさき公園(3)
20151109みさき公園(3) posted by (C)Sabosan

20151109みさき公園(4)
20151109みさき公園(4) posted by (C)Sabosan

2.和歌山電鐵
その後、車でJR和歌山駅まで移動する。お目当ては和歌山電鐵の「たま電車」に乗ること。和歌山電鐵の乗り場は、JR和歌山駅の中にあり、構内でしばらく待つと、たま電車が入線してくる。確かに電車にネコ耳がついており、車体にはねこのイラストが盛りだくさんである。社内もたまの写真やイラストが盛りだくさんで、ネコつながりのためかなぜか「ドラえもん」の漫画まで展示されている。

20151109JR和歌山駅構内
20151109JR和歌山駅構内 posted by (C)Sabosan

20151109たま電車(1)
20151109たま電車(1) posted by (C)Sabosan

20151109たま電車(2)
20151109たま電車(2) posted by (C)Sabosan

20151109たま電車(3)
20151109たま電車(3) posted by (C)Sabosan

20151109たま電車(4)
20151109たま電車(4) posted by (C)Sabosan



この和歌山電鐵は、南海電鉄の貴志川線として運行されていたが、不採算路線のため、廃線の危機に陥ったことがあった。その後、岡山電気鉄道の支援を受けて、2006年に和歌山電鐵が発足し、地域密着型のローカル鉄道として、「いちご電車」「おもちゃ電車」などを運行するなど独自色のある経営路線をとっている。



なかでも、今年の6月に死去した「たま駅長」は全国区のニュースでも放送されているので、ご存知の人も多いはず。そのたまをモチーフにしたのが「たま電車」であり、在来線として運行されているのだ。ちなみにたまの死去後は、たまの部下である「ニタマ」が「たま二世駅長」として駅長を引き継いでいるらしい。たま駅長の経済的効果はかなりあったようで、たま駅長に会うために国内だけではなくはるばる海外からもこの和歌山電鐵に乗車しに来たという。実際、私たちが乗車したたま電車には団体の中国人観光客30人ほどが乗り合わせており、人気観光スポットになっているようだ。

現在の日本のローカル鉄道は、いずれも利用者の減少などの影響で、経営面はいずれも厳しいようだが、和歌山電鐵はたま駅長によって救われたと言えるかもしれない。

その日はJR和歌山駅近辺で一泊して、翌日も和歌山観光をしたのだが、その様子は次回に。

猫のたま駅長−ローカル線を救った町の物語猫のたま駅長−ローカル線を救った町の物語
西松 宏

ハート出版 2009-04-07
売り上げランキング : 225172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

【IT】Mac風ランチャー「Object Dock」「Rocket Dock」/起動が便利なショートカット集を使いこなすだけでパソコンの作業効率が大幅に向上

以前にiPhoneのアプリを素早く起動するランチャーについて紹介したことがあったが、これは今開いているアプリをいちいち閉じることなく、通知センターから必要なアプリを呼び出すことができる。従って、頻繁に起動するアプリであればあるほど、手間暇を大幅に節約することができる。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【iPhone】アプリ「Launcher」/これは便利!アプリを素早く起動できるランチャー
企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【iPhone】アプリ「AirLaunch」/アプリの起動が素早くできるランチャー

ところで、このランチャーはスマホだけではなく、パソコン版も複数公開されている。これらを使いこなすと、パソコンの作業時間を大幅に短縮できるのは言うまでもない。今回紹介するのが、フリーソフト「Object Dock」だ。



この「Object Dock」の特徴は、以下のとおり。

・通常は、画面に表示されないが、マウスを画面下部に移動させると(設定で上下左右に配置することも可能)、ランチャーが下からニョキっと表示される。
・目当てのアイコンをシングルクリックすると、アプリ(ファイルやフォルダの配置も可)が起動し、ランチャーはそのまま画面下部に引っ込む。
・消費メモリが少なく、動作がとにかく軽い。
・設定でランチャーやアイコンの外観を変更することが可能で、カスタマイズ性が高い。

その結果、パソコンで別アプリを作業中であっても、いちいち最小化することなく、必要なアプリ・ファイル・フォルダを呼び出すことができる。例えば、Wordで契約書を作成している途中に、社内クライアントから電話がかかってきて、「あの件はどうなっていますか?」と問い合わせを受けたとする。その場合、マウスをそのまま画面下部に移動して、「Object Dock」経由でデータベースを開いて、その場で即答することができるのだ。私は、仕事におけるクイックレスポンスをモットーにしているが、それを実践できているのは、ハッキリ言ってこのランチャーのおかげと言っても過言ではない。

私がこのランチャーを使ってからかれこれ3年ほどたつが、今では欠かせないマストツールだ。1回あたりの節約できる手間や時間はたかがしれているかもしれないが、これが週単位・月単位・年単位となると、決してばかにならない。興味を持たれた人は、「Object Dock インストール」で検索して、このフリーソフトを一度試してみてほしい。

なお、後発の類似アプリとして、「Rocket Dock」というランチャーも無償公開されているが、ほとんど同じスペックなので、好みでどちらかを選んで良いと思う。



なぜか仕事が速い人のパソコンの使い方: できる人は「Ctrlキーの使い方」がうまい (知的生きかた文庫)なぜか仕事が速い人のパソコンの使い方: できる人は「Ctrlキーの使い方」がうまい (知的生きかた文庫)
中山 真敬

三笠書房 2015-10-22
売り上げランキング : 31518

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする