2016年09月30日

【その他】兵庫県伊丹市のいたみホールで「人形劇 三国志」の公演が決定/1980年代にNHKで放送されていた名番組のライブ公演

現在、「三国志」や「信長の野望」などの歴史物がリバイバルしている点については、以前に触れたとおり。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【その他】学生時代に夢中になった三国志がリバイバル中/その1(小説・漫画編)
企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【その他】「ゲーム機バキバキ事件」から連想したマイエピソード/「三国志」に続き「信長の野望」をきっかけに戦国時代がマイブーム中

特に、三国志については、私が最初に触れるきっかけは、1982年から1984年までNHKで放映されていた「人形劇 三国志」である。これは三国志演義のうち、「桃園の誓い」から五丈原における諸葛孔明の死去までを描いたもの。劇中では、物語の語り手として、なぜか若かりし頃の島田紳助も登場していた。ただし、全体としての完成度は非常に高かったと記憶している。今でも再放送の要望が根強い名作だ。

検討中「人形劇 三国志」


本作は、私が初めて三国志の世界観に触れた作品でもあり、これをきっかけにして横山光輝の漫画、吉川英治の小説、コーエーのシミュレーションゲームなどに興味の範囲が広がっていった。このように自分にとって三国志の原点ともいえる「人形劇 三国志」だが、なんと10月に兵庫県伊丹市のいたみホールで実際の人形を用いた公演を行うという情報を入手したので、早速チケットを購入した次第。

精巧大型人形劇「三国志」総集編/伊丹市ホームページ


まさか子供の頃にテレビで鑑賞していた「人形劇 三国志」を数十年が経過してからライブで鑑賞できる日が来るとは思ってもみなかったが、この「再会」を楽しんでこようと思う。当日の感想などは後日に紹介したい。

人形劇 三国志 全集 一巻 [DVD]人形劇 三国志 全集 一巻 [DVD]

アミューズ・ビデオ 2002-01-25
売り上げランキング : 19165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

【情報整理】「My Yahoo!」の終了に伴う代替サービスへの移行/見た目そっくりの「Feed Watcher」に引っ越しました

私は、パソコンのブラウザを起動して最初に表示される画面として、「My Yahoo!」を設定している。これは一つのページにニュースや乗り換え案内などの複数のガジェットを表示させることができるツールで、それなりに重宝している。もともとは、Googleの「iGoogle」を利用していたが、このサービスは2013年11月に終了したため、やむなく代わりにこちらに乗り換えたのだ。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【情報整理】iGoogleのご紹介/一つの画面から様々な情報を入手できるのは便利です

あれから3年が経過して、ようやく、「My Yahoo!」に慣れてきたと思ったら、なんと9月29日をもって終了するという衝撃のニュースが飛び込んできた。

「My Yahoo!」が来週サービス終了、RSSデータのエクスポート機能を提供中 -INTERNET Watch


それなりに重宝していたので、大変困った・・・。ネットで代替サービスを探してみたところ、「Feed Watcher」をお勧めしている人が多く、ものは試しと早速乗り換えてみることに。

Feed Watcher - My Yahoo!の代わりになるRSSリーダー


驚くべきことに、見た目は「My Yahoo!」とそっくりで全く違和感はない。というわけで、10月からはこちらのサービスを使用させてもらうとしよう。私の希望としては、できる限り長く使いたいものだが・・・・。

できるポケット+ RSSリーダーで毎朝の情報収集力が10倍アップする本できるポケット+ RSSリーダーで毎朝の情報収集力が10倍アップする本
小林 祐一郎 できるシリーズ編集部

インプレスジャパン 2007-09-15
売り上げランキング : 837255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

【プライベート】GMO「とくとくBB」を利用してWiMAX端末を買い換える/毎月のネット費用を少しでも安く

1.我が家のネット環境
我が家では2010年からインターネットのインフラとして、UQコミュニケーションズのWiMAXを利用している。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【IT】我が家でWiMAXを2年間使用した感想/まずまずの安定速度を有するキャリアながらコストが安い!

このサービスはこの6年間で様々に変遷して、現在利用しているプランは、「UQ Flatツープラス ギガ放題」。これは1ケ月の使用容量は無制限だが、3日間で3GBを超えた場合には、速度制限がかかるという困った制約があるのだが・。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【IT】WiMAX2で通信制限を受ける/各方面では批判続出ですが、致し方ない?

なにはともあれ、その他を含めて、1ケ月のランニングコストは4,700円ほどを支払っている。1年間では約56,000円となり、まずまずお安い方だ。さらに、外出する際にWi-Fi端末を持ち出せば、自宅外でもインターネットに接続できるため、費用対効果としては十分だろう。このWiMAXについては、大都市圏でしか利用できないという欠点を除けば、それほど不満は感じていない。

2.WiMAXの解約と再契約
しかし、この1〜2週間では、なぜか端末の調子が悪く、スマホやタブレットがインターネットにつながりにくいという問題が生じていた(何回か端末を再起動しても同様)。そこで、WIMAXのサービスが今秋に2年の契約期間満了を迎えるにあたり、UQコミュニケーションズとの契約はいったん解除して、改めて別のプロバイダを通じてWiMAXの利用契約を結び、なおかつ新機種のWi-Fi端末を無料でゲットすることにした。

今回、私が選んだのは、GMOの「とくとくBB」だ。WiMAXを取り扱っているプロバイダでは、拡販の一環として、ユーザへのキャッシュバックを設定し、実質的な利用料金が安くなることをアピールしている。しかし、決まったタイミングでユーザの申請を必要とするなど、問題点も多い。

元販売員が教えるGMOのWiMAXで契約前に読むべき全知識


そこで、私が選んだのは、キャッシュバックではなく、2年間の料金が自動的に値引きされるプランだ。「ギガ放題」の場合、毎月3,400円、1年間では約40,000円と本家のUQコミュニケーションズで申し込むよりお徳だ。

GMOとくとくBB 9月鬼安キャンペーン!通常プラン2,760円 | GMOとくとくBB WiMAX | WiMAXお得情報サイト


しかし、GMOのとくとくBBを利用する際に注意するべき点がある。まず、公衆無線LAN接続サービス(月額362円)や(税抜き)の安心サポート(月額300円)というユーザにとって余計なサービスを強制的に加入させられることだ。これはサービス開始後にネットで解約できるが、忘れると毎月支払うことになるので、注意が必要。もう一つは、2年後の契約更新月以外に解約すると、解約手数料が発生する点で、このあたりは大手キャリアの携帯電話と全く同じだ。
GMOとくとくBB WiMAXオプションの解約方法まとめ | あっとはっく
安心サポート ...



3.おまけ
別にGMOに限った話ではないが、B to Cの場合、事業者はユーザに対して「安さ」「便利さ」をアピールする一方、このような「巧妙な落とし穴」を設けている。私も企業法務担当者である立場上、契約約款は一通り目を通したが、「ルールを理解している人は回避できるが、そうでない人は損をする仕組み」が確かに存在している。このあたりは、少しでも安く利用したいユーザと収益をあげたい事業者の「駆け引き」という一面が垣間見えて、なかなか興味深いが、ユーザがカモられないようにするには、ある程度の知識武装が必要だと思う。

Speed Wi-Fi NEXT W03 HWD34SDA オレンジSpeed Wi-Fi NEXT W03 HWD34SDA オレンジ

Huawei
売り上げランキング : 22419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

【書評】「ズッコケ熟年三人組」那須正幹(ポプラ社)/ズッコケ三人組シリーズの本当の最終作

以前に児童向け小説の「ズッコケ三人組」とその数十年後を描いた「ズッコケ中年三人組」のシリーズについて触れたことがあった。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【書評】「ズッコケ中年三人組」那須正幹(ポプラ社)/懐かしい!小学生の頃にズッコケ三人組シリーズはよく読んでいました

前者シリーズではハチベエ達は小学6年生のままで、全く年をとらなかったが、後者シリーズは40歳という年齢からスタートし、age41、age42、age43・・とタイトルにあるとおり巻を重ねるたびに年齢を重ねていった。そして、2005年に中年組シリーズがスタートしてから10年が経過して、2015年に発売された本作では、主人公達はとうとう50歳の大台に突入する。

児童書シリーズの金字塔『ズッコケ三人組』ついに完結! ファンからは“ズッコケ老人三人組”を望む声も | ダ・ヴィンチニュース



これで1978年から続いていた「ズッコケ三人組」シリーズは本当に完結するようで、なにやら寂しい限り。本作では、2014年に広島市を襲った土砂災害をテーマにしており、人の死が描かれるなど若干重たい内容となっている。さらに、ミドリ市の再開発などを絡めつつ、それほど大きなドンデン返しもなく物語自体は終了する。最後は、市議会議員であるハチベエの将来の「転職」を予感させる場面で終わる。

できればもう少しシリーズを継続してもらい、60歳、70歳となったハチベエ達の人生を追いかけたい気もするが、これ以上続けると惰性になってしまうので、この辺りで幕引きにするのが良いのかもしれない。ともあれ、私のように子供時代に「ズッコケ三人組」を愛読した人は、是非中年組シリーズにも目を通してみることをお勧めしたい。

ズッコケ熟年三人組ズッコケ熟年三人組
那須 正幹

ポプラ社 2015-12-01
売り上げランキング : 269163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

【仕事術】クリアフォルダを格納するクリアフォルダの活用/カテゴリごとに書類を分類する

1.クリアフォルダinクリアフォルダ
別に企業法務担当者には限らない話だが、ビジネスパーソンにとって、数多くの書類を取り扱うにあたり、クリアフォルダは絶対に欠かせない仕事ツールとなる。なぜならば、以下のようなメリットがあるためだ。

@書類を保護できる
A透明なので外から書類の中身を確認できる
B書類を立てて保管できる
Cコストが安い
D様々な色があるため、書類の分類に応じて使い分けることができる

当然ながら、私も自宅や職場を問わず、様々な書類をクリアフォルダに保管して活用している。鞄にも予備のクリアフォルダを常備しているぐらいだ。このクリアフォルダだが、私は、単体で使用するだけではなく、複数のクリアフォルダを一つのクリアフォルダに保管するという使い方も行っている。例えば、

・A分類→至急案件
・B分類→進行案件
・C分類→保留案件
・D分類→その他の案件

などである。このように複数のクリアフォルダを収納する大分類のクリアフォルダとして、以下のような特殊なクリアフォルダが役に立つ。


このクリアフォルダの背表紙には、それぞれ違う模様が印刷されており、どのカテゴリなのか見分けやすい。


通常のA4フォルダーの横幅は220oだが、このクリアフォルダは240oのワイドサイズで、複数のクリアフォルダを収納することができる。

2.おまけ
かなり大昔の事だが、知人より「モノの整理は思考の整理につながる。」「ビジネスパーソンの整理力は仕事力に比例する。」という言葉を聞いたことがある。今にして思えば、それは当たっているような気がする。私の周囲にいる「デキる人」は、いずれも自分なりの工夫で、整理整頓する習慣を身につけている。このように、身の回りの書類やアイテムを効率よく整理して、いつでも瞬時に取り出せるようにしておくことはビジネスパーソンにとって重要なスキルではないだろうか。

図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術図解 ミスが少ない人は必ずやっている[書類・手帳・ノート]の整理術
サンクチュアリ出版

サンクチュアリ出版 2014-02-07
売り上げランキング : 208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする