2010年01月07日

【ノウハウ・仕事術】通勤途中に仕事上のアイデアがひらめいた場合/携帯電話の有効活用

私の場合、職場まで通勤している途中に時折仕事上のアイデアがふっと浮かぶときがある。例えば、「A社より提示された取引基本契約書の瑕疵担保責任条項に対してはこのように修正案を作成した方がいいのではないか」「今日行う営業部門のB課長との打ち合わせ時にはこのことも確認した方がいいのでは」「現在、債権法改正はどのような状況か調べておいた方がいいかな?」「C社との英文のLetter Agreementの件だが、依頼者に対して回答期限を確認するのを忘れていたな」等々…。

通常ならば手帳を素早く出してメモするべきなのだろうが、電車内が混んでいるときや、自分が駅施設内を歩いているときにはなかなかそのようなことはできない。このような場合、私は携帯電話にそのアイデアの要点だけを記入したメールを会社のパソコン宛に送信するようにしている。そうすれば、出社時に自分のパソコンに当該メモが送信されているため、改めて自分のシステム手帳Outlookにタスク管理化することもできるのだ。

このようにアイデアというものは、「会社まで憶えておかなければ」と思っても、意外とすぐ忘れてしまうものであるため、このような記憶媒体ツールを利用した方がいい。ちなみに、私はブログのネタも通勤途中で浮かぶことが多く、その場合には、携帯電話から自宅PCにそのネタを送信するようにしている。皆さんも一度お試し頂きたい。


blogram投票ボタン

1クリックお願いします!




ラベル:アイデア
posted by Sabosan at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。