2010年02月27日

【手帳術】自分でアレンジした略称・記号を利用して効率的にスケジューリングする

私はシステム手帳にビジネス・プライベートを問わず自分のto doを記入する際、自分なりにアレンジした略号・記号を使用するようしている。というのも、手帳のスペースは限られているため、「契約審査」「法律相談」「打ち合わせ」「会議」等のように、全てを記入していくのは時間と手間がかかるためである。例えば、私が使用している略号・記号は以下のとおりである。

A…agreement。契約審査を行う。
L/C…Legal Consultation。法律相談を行う。
F…Filing。整理。資料まとめ。
P…Planning。企画。
打…打ち合わせ(1対1のミーティング)
会…会議(複数間でのミーティング)
E…Examine。調査案件。
I…インターネットで調べるHPなど。
C…Check。契約審査案件などを再度チェックする。
M…Mail。メールを送信する。
T…Tell。電話をかける。
G…Go。訪問する。
R…Read。目を通す。購読する。
B…Buy。本や商品を購入する。
H…Home。自宅関連の用事。家事や育児など。
食…友人との外食。
レ…家族とのレジャー。
B/L…Blog。ブログで書くネタなど

★…重要案件
!…至急案件
※…別途注意書きを参照。

手帳というのは、人に見せるものではなく、自分で使うためのものである。従って、自分でしかわからない記号・略号を使ってこのように、効率的にスケジューリングすることをお勧めしたい。皆さんも自分なりにアレンジして、手帳をより使いやすくしてみてはいかがだろうか。


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村



posted by Sabosan at 06:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。