2010年07月14日

【動画・映画】談合の仕組みがよくわかるNHKドラマ「鉄の骨」/談合は必要悪か?

以前の記事において、リストラする側とされる側の人間ドラマを描いた「君たちに明日はない」を紹介させて頂いたが、今回別のNHKドラマを紹介したい。それは、今月に入って放映が開始されている「鉄の骨」である。
 
あらすじを簡単に説明すると、ゼネコンの設計部門に所属する主人公が土木営業部門に異動となり、同業他社との談合にいやがおうでも手を染めていくというストーリーである。全5回のうち1回と2回を鑑賞したのだが、なかなか面白く、また参考にもなると思う。本ドラマでは「談合」とはどのようにして進められていくかについて生々しく紹介されている。個人的には、豊原功輔演じる主人公の上司が非常にいい味を出していると思う。登場当初は、無愛想かつ粗暴な人物かと思われるのだが、実は仕事自体に非常にやりがいと熱意をもって取り組む人物である。(そういえば、この人は同じNHKドラマの「監査法人」でも主人公のメンター的立場という人物を演じていたと思う)

いずれにせよ、本ドラマは建設業界の人は当然ながら、そうでない人も日本に根強く残る「談合」の仕組みを知るためにも一見の価値は十分にあると思う。ビジネスパーソンにはお勧めのドラマだ。また、本ドラマの原作もあるみたいなので、機会があれば読んでみたい。

鉄の骨
鉄の骨池井戸 潤

講談社 2009-10-08
売り上げランキング : 768

おすすめ平均 star
star硬派な作品ながら、面白かった
star建設業に携わる者には・・・
star談合を描いた傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村



ラベル:談合
posted by Sabosan at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。