2010年09月28日

【仕事術】打ち合わせ用ノートとメモ帳は裏紙を利用して作成する/コストパフォーマンスも良好

私は、社内で打ち合わせを行う場合、必ず打ち合わせ用ノートを持参している。と言っても、そのノートは市販品ではなく、プリントミスした裏紙をA4サイズのバインダー(2つ穴仕様)に綴じるだけという極めてシンプルなものである。こうすれば、裏紙もノートブックとして利用できるのだ。そして、打ち合わせ終了後は、切り離して 案件別クリアフォルダに保管するか、スキャナを利用してPDFファイルとして案件別フォルダに保管している。

また、電話を受けたり、上司の指示を受ける際に使用するメモ帳も同じく自家製である。すなわち、A4サイズの裏紙を4分の1サイズにカッターで切り分けた上、それをダブルクリップでとめるという按配である。

このように、い ずれも極めて原始的な方法なのだが、コストはゼロであり、遠慮なく自由に使用することができるというメリットがあると考える。ただし、会社によっては、裏紙の使用を禁止している場合もあるだろうが、そうでないならば、このような裏紙の再利用行為をお勧めしたい。


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村



ラベル:ノート メモ
posted by Sabosan at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。