2011年03月25日

【IT】FireFox 4が正式にリリース!/なかなか良い具合にバージョンアップされています

1.FireFox 4の概要
昨年から何度も何度もベータ版が繰り返して公開されていた「FireFox 4」だが、3月22日に遂に正式リリース版が公開された。公式HPによると、主な新機能は以下のとおりとされている。

@ブラウズ速度の向上(旧バージョンと比較して3〜6倍の速度にアップ)
Aインターフェースの改良(ツールバーの最上部にタブ表示の移動、左端部分へのタブ固定など)
B同期機能の強化(ブックマークについて他デバイスとの同期が可能)


http://mozilla.jp/blog/entry/6480/
http://mozilla.jp/firefox/features/
http://www.lifehacker.jp/2011/03/110323firefoxfour.html

2.使用後の感想
自宅と職場のパソコンのFireFoxはバージョン3.6だったので、早速4にアップデートした上、いろいろ試してみた次第…。まず、機能@についてだが、確かに起動やブラウジング速度は向上しているようだ。むしろ、旧バージョンはGoogle Chromeに比べると反応速度が格段に劣っていたため、ユーザも改善を待ち望んでいたことだろう。

また、機能Aについてだが、Google Chromeのようにタブを一番上部に配置することが可能となった。ただし、これは表示設定を変更することで、旧バージョンのように、タブをツールバーの下に配置することも可能だ。とりあえず私の場合、旧バージョンどおり、タブを下に配置しているが、気が変わればこれは変更するかもしれない。また、タブを左端に固定する機能も追加されたが、これは便利。というのも、私が職場PCにてFireFoxを使用する際には、社内イントラネットやGoogleカレンダー、EVERNOTEは常に開いている状態なので、これだけで、ツールバーのタブスペースの左半分を占領する状態となっていた。しかし、これならば、左端に省スペース化して固定することができるため、残りスペースを有効に使うことができそう。

最後に、機能Bについてだが、これは旧バージョンでもアドオンを使えば、対応可能であったので、私にとって特に目新しいものではない。(もちろんユーザにはありがたい機能だけれど)

あと、それ以外にも様々な機能が搭載されているようだが、少しずつ試していきたい。ただ、残念なのが、旧バージョンで使用できたアドオンは、その7割ほどしか新バージョンに対応できていないことだ。従って、以前の記事において紹介したアドオンの一部が使用できない状態となっており、早急に改善をお願いしたいところ。

なお、Mozillaによると、今後も短期スパンでFireFox5、FireFox6も公開していく予定だとか…。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/23/008/index.html

これはGoogle Chromeの凄まじい更新頻度を意識しているのだろうか?(現在、ベータ版11が開発中)いずれにしても、ベンダが切磋琢磨してユーザに対してより良い製品を提供してくれるのは、我々ユーザにとってありがたい話だと思う。


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村




ラベル:Firefox
posted by Sabosan at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。