2011年10月30日

【IT】KINGSOFT 「Office 2012」を使用してみた感想/本当にMicrosoftの「Office」に本当にソックリ!…でも訴訟沙汰にならないか心配です

1.私の悩み〜Office2010に切り替えるか否か
以前の記事で述べたように、最近ノートパソコンをレノボ製からエイサー製に買い換えたのだが、必要なソフトウェアをインストールし直しているところだ。私にとって、これまで最も使用頻度が高い文書作成ソフトはMicrosoftの「Office Word2003」であったが(ブログの原稿執筆にも使用している)、このソフトウェアはスタンダード版でも2,3万円と結構それなりのお値段がするのが悩ましいところ。

Microsoft Office Personal 2010Microsoft Office Personal 2010

マイクロソフト 2010-06-17
売り上げランキング : 55

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


また、一番の問題点として、現在最新のOfficeシリーズは2010だが、2003から2007にバージョンアップした際、そのインターフェースが大幅に変更されて古くからのユーザにとって非常に使いずらくなってしまった。私の周囲でもOffice2007以降のこのソフトの使いにくさを指摘する声は非常に数多い。

Microsoft Office の新しいユーザー インターフェイスの概要- Office.com

従って、私にとってOffice 2010は、

@個人ユーザが使用するわりに値段が高い
A旧シリーズユーザにとってインターフェースが非常にわかりにくい


の二つがネックとなり、すんなりとに切り替えることに二の足を踏んでいた状態であった。

2.これらを解決するソフトウェア KINGSOFT 「Office 2012」
どうしたものかとインターネットで調べていたのだが、上記の問題を二つとも解決するソフトウェアが存在することがわかった。それが、KINGSOFT 「Office 2012」である。

「キングソフトオフィス2012」ご購入と無料体験版|Microsoft Office互換の総合オフィスソフト

20111030KINGSOFT Office2012
20111030KINGSOFT Office2012 posted by (C)Sabosan

このソフトには、文書作成・表計算・プレゼン用の3つのソフト機能が搭載されている。つまり、Microsoft Officeにおける「Word」「Excel」「PowerPoint」に相当する機能を備えているのが、これらが5,000円以内で購入できるというのはなんともすごい話だ!

KINGSOFT Office 2012 Standard パッケージCD-ROM版KINGSOFT Office 2012 Standard パッケージCD-ROM版

キングソフト 2011-10-07
売り上げランキング : 359

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


例えば、文書作成ソフトである「Writer」の場合、インターフェースもWord 2003とほとんど変わらない。私のような2003ユーザならば、全く違和感なくとけこむことができそうだ。

20111030KINGSOFT WRITER
20111030KINGSOFT WRITER posted by (C)Sabosan

なおかつ、本家のMicrosoft版Wordに比べて

@タブ形式で複数の画面を表示できる
APDFへの変換ができる
Bインターフェースを2003表示とリボン表示(2007以降Word)に切り替えができる


という優れた機能も有している。ここまでくると単なる「コピー粗悪品」というレベルではない。本家以上の使い勝手の良さだ。ちなみに、このソフトの特徴については、以下のサイトで詳しく紹介されているため、ご参考にどうぞ。

Microsoft Officeと互換性が高い「Kingsoft Office 2007」を使ってみた - GIGAZINE
格安互換ソフト、キングソフトオフィス2007を試して思う − @IT

3.私の杞憂するところ
このKINGSOFTという会社は中国企業のようだが、IT界の王者Microsoftに果敢に戦いを挑み(?)、我々ユーザに対して良質のソフトを非常にリーズナブルな価格で提供してくれる有難い企業である。ただし、ここまで本家のソフトに似せてMicrosoftが果たして黙っていないだろうか?今までのところは、訴訟問題などは発生していないようだが、現在、世界各国でアップルとサムソンがタブレット型デバイスで特許係争を行っているように、今後はどうなるかはわからない。もしかしたら、数年後には日本国内で販売差し止めになっているかもしれないが、とりあえずは利用できる限りは利用することにしたい。

ということで、KINGSOFTのHPから無料版(30日間限定)をダウンロードできるので、興味を持たれた方は一度試してみてはどうだろうか。

Kingsoft Office 2010 オフィシャルガイドブックKingsoft Office 2010 オフィシャルガイドブック
キングソフト株式会社 キングソフト株式会社 プロダクツ開発部

キングソフト株式会社 2010-05-10
売り上げランキング : 40537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


はじめてのKingsoft Office 2010―手軽に使える高機能「ワープロ」「表計算」「プレゼンテーション」! (I・O BOOKS)はじめてのKingsoft Office 2010―手軽に使える高機能「ワープロ」「表計算」「プレゼンテーション」! (I・O BOOKS)
はせべ れいこ

工学社 2010-08
売り上げランキング : 198217

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


ラベル:Kingsoft
posted by Sabosan at 06:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リボンメニューに慣れると2003従来のメニューには戻れなくなります.とても便利ですよ.
Posted by p at 2012年04月18日 23:18
Pさん

実は、近日中に会社のPC交換にあわせてOffice2010に変更されることになりました。従って、リボンメニューと向き合う必要が出てくるのですが。。

マスターしないといけないので、本を購入して勉強します。
Posted by Sabosan at 2012年04月19日 04:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。