2012年01月13日

【企業法務】企業法務担当者に求められる問題解決能力とは/日々の実務で実感しています。

企業法務担当者には、様々な能力が要求される。例えば、一定の法律知識、論理的思考力、コミュニケーション能力、情報収集力、交渉力、英語力、ITスキルなどである。

個人的には、その中で特に重要なものは、「問題解決能力」だと考える。企業法務担当者には、日々の業務において社内クライアントより様々な相談が寄せられる。つまるところ、社内クライアントは自分の抱える問題をうまく解決してほしいからこそ、依頼を行うのであり、これに対して自社のリスク管理に配慮した上で、いかに低コストかつ高スピードで対応するかが企業法務担当者の腕の見せ所なのである。

例えば、私の場合、日々の業務において以下のとおり社内クライアントより様々な相談が寄せられてくる。

「このような取引のリスクに対応するための契約書を起案してほしい」
「こういう取引には法律上、どのような点について気をつけるべきか。
「この契約書のあの箇所の条項はどのような意味か教えてほしい」
「こういう連絡書面を取引先に送りたいのだけれど、一度案を作ってもらえませんか」
「ある案件について弁護士さんに相談したいのだけど、一緒に同行してほしい」
「取引先より自社製品についてこのようなクレームがあったのだけど、契約書上の義務はどうなっていますか」

本当にバラエティに富んでおり、全く飽きることがない(それがこの仕事の面白いところなのだけれど)。このような様々な自社の「問題」を解決するためにこそ、企業法務担当者は日常より自己研鑽に努めて様々なスキルを向上させる必要があるのだ。

ちなみに、社内クライアントを満足させられない不十分な仕事ぶりでは、次回の依頼もおぼつかないであろうし、私は常に良質の仕事を行うように心がけている。例えば、依頼者が100の完成度を求めているならば、130〜150ぐらいのアウトプットを意識するなどである。

それでは、どのようにしてその能力を高めていくかだが、これはもう自発的にビジネス書を読んだり、先輩や弁護士からノウハウを盗むなどして、自力で自分の能力を開発・向上させていくしかないのではないだろうか。大変といえば大変なところなのだが、このあたりが企業法務という仕事の奥が深いところだと思う。

図解でわかる部門の仕事 新版 法務・知的財産部図解でわかる部門の仕事 新版 法務・知的財産部
辛島 睦 阿部 一正 成毛 文之

日本能率協会マネジメントセンター 2006-06-27
売り上げランキング : 84276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


posted by Sabosan at 05:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。