2012年10月22日

【行楽】家族で「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」へ遊びに行く/改めてアンパンマンの人気の高さを肌で感じました

前回は、名古屋市の「リニア・鉄道館」に遊びに行ったことに触れたが、その翌日に「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」にも行ってきたので、今回はその模様をご紹介したい。


大きな地図で見る

実は、今回の旅行の発端は、関西圏で日曜朝に放映されている「アンパンマン」のCMにおいてこのテーマパークがよく紹介されているのだが、それに触発されて息子に「行きた〜い」とせがまれたことである。このテーマパークは2010年4月にオープンしており、当初はすごい人出だったらしい。あれから2年以上経過しているため、それほど混んでいないのではないか、と考えていたのだが…。

当日は、午前10時開場の10分前に到着したのだが、すでに50〜60人ほど並んでおり、その人気の高さには驚いた次第。やはり幼児〜幼稚園世代の子供には圧倒的な人気を誇るだけのことはある。ただし、入場料が1人1,500円(1歳以上)とお高いのが難だが…。

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

1.アンパンマンが歌う、踊る
最初に入ったのが奥にある「ミュージアム」にある「やなせたかし劇場」である。こちらは文字通りちょっとした小劇場になっており、アンパンマン(の着ぐるみ)とお姉さんと一緒に歌ったり、体操をするという内容だ。息子もノリが良く、盛り上がっていた。

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

その後、同じスペース内にある「虹のすべり台」や「ミニチュアワールド」をぶらりと探索。特に「虹のすべり台」は私たちが一番乗りであったため、一人占めすることができた。

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

特に感心したのが、以下のミニチュア。前者は30センチ四方の地面に埋まったジオラマだが、後者は「虹のすべり台」の上部に作られたキャラクターと対応しているというもの。なかなか上手いアイデアだ。

写真 4
写真 4 posted by (C)Sabosan

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

2.お昼ごはんにて
その後、混む前に少し早めのお昼ご飯を食べることにしたのだが、驚いたのが、値段の高さ!

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

例えば、この子供用うどんがなんと800円もする(このうどん茶碗は持ち帰ることができたのだが…)。

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

そして、このおにぎりセットが700円。う〜ん、子供向け施設のフードにしてはさすがに高過ぎるような気が…。やはり、著作権者へのライセンス料などが含まれるので、しょうがないのかな…。

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

その後、アンパンマンショーをみたり、ギフトショップでおみやげを買った後、このテーマパークを後にしたのであった。

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

20121021アンパンマンミュージアム
20121021アンパンマンミュージアム posted by (C)Sabosan

3.まとめ
この「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」は、それほど広くないので、2〜3時間あれば一巡りすることができる。もし、このテーマパークに行くのならば、このサイトに攻略法が詳しく紹介されているため、あらかじめ予習しておくことをお勧めしたい。遠方から参加する我が家も夫婦でじっくり勉強することができたので、非常に参考になった。

名古屋アンパンマンミュージアム 徹底攻略

ちなみに、この「アンパンマンこどもミュージアム」だが、現在、横浜・名古屋・仙台の3箇所に設置されているが、いよいよ来年4月に神戸にも開設されるらしい。まあ、展示内容等はほとんど同じ内容だと思うのだが、オープンして落ち着いたらおそらく遊びに行くと思う。

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール着工 - こべるん 〜変化していく神戸〜

しかし、アンパンマンの人気の高さには、恐れ入る。子供達のおもちゃや服の大部分はアンパンマンからみである。我が家のアンパンマンブームがいつまで続くかわからないが、私達夫婦もしばらく振り回されそうである。

アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000
やなせ たかし トムスエンタテインメント キョクイチ= 水島 定昭

フレーベル館 2007-11
売り上げランキング : 2634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


posted by Sabosan at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。