2012年11月06日

【手帳】梅田ロフトにて来年用のシステム手帳リフィルを購入/早いもので年末が近づいてきました

1.手帳リフィルを選ぶ
先日、独立行政法人工業所有権情報・研修館が主催する「特許電子図書館(IPDL)初心者向け講習会」を受講したことについては触れた。

【法律】平成24年度特許電子図書館(IPDL)初心者向け講習会を受講/IPDL利用初心者にはなかなか良い勉強になりました: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

終わったのが午後4時半頃で、少し時間が余ったので、帰りに梅田LOFTにふらりと寄ってみた。


大きな地図で見る

私は、6階にある文具コーナーをブラブラとするのが好きなのだが、この日に訪れると来年用の手帳が販売されていたので、システム手帳用のリフィルを以下のとおり購入した次第。

20121106手帳リフィル
20121106手帳リフィル posted by (C)Sabosan

@年間カレンダー
システム手帳の最初にとじるプラスチック製カレンダー。リフィルの保護カバーとしても使える。


A年間計画表
1年間の目標・計画を管理できるリフィル。毎月月末に達成度を検証するのに便利。


B月間予定表
1ケ月の予定を確認するのに使用。私の場合、横の小さい部分にその日のブログ訪問者数を記入している。


C週間予定表
週間予定管理リフィル。バーチカル型なので、1週間の予定をたてる際には非常に便利。


もっとも、ここ何年間か使用しているリフィルはほとんど同じなので、変化はないのだが、それでも来年用のアイテムを購入するとなると、「1年は本当に早いものだなあ」と実感する。そういえば去年の今頃も同じようなことをしていたし…。

【手帳】手帳リフィールの整理を行って来年の準備を整える/今年1年を振り返って: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

2.まとめ
今年も残り2ケ月を切っており、いよいよ年末モードへ突入寸前である。私がこのバイブルサイズの手帳を使い始めてかれこれ5年ほどになるが、なんとか3日坊主になることなく使い続けている。その間に自分なりの「手帳ルール」が確立されてきたので、あとはそれをひたすら運用・改良している。

たとえスマートフォン等の小型端末が発達しようとも手帳は私にとってもはや離すことのできない「相棒」のようなものである。何か考え事をしたり、予定を確認する場合には、手が勝手に手帳を開いているのだ。自宅でも自室やリビングを問わず、よく手帳を眺めたりしている。もっとも、リビングで手帳を広げていると、子供たちにちょっかいをかけられることも多く、集中できないことも多いのだが…。

何はともあれ、手帳ほど奥が深いツールはない。これからも「手帳道」を極めたいと思う今日この頃である。

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷 正寿

かんき出版 2004-03-24
売り上げランキング : 2025

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


posted by Sabosan at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。