2013年04月26日

【音楽】70〜80年代の洋楽にハマる日々/最近は特にプログレ系を聴いています

1.BSで発見した洋楽番組
本ブログでは、BS−TBSで放映されている「SONG TO SOUL」については、何度か触れている。

【音楽】BS-TBS「SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜」/名曲が生まれた背景や裏話を知りたい人にはお勧めの音楽番組です: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

これとは別に洋楽好きにはたまらない番組を発見した。それは「SOUND OF THE 70S」というBS番組である。これは過去の洋楽アーティストの音楽番組内のライブ映像をダイジェストで紹介していくというもの。

『SOUND OF THE 70S』|BSフジ

例えば、4月20日に放映された回では、主にニールヤング、ABBA、WINGS、ジャニスイアン、キャロルキング等のスタジオライブの模様が紹介されていた。

1曲に焦点を置いた上、アーティスト本人や関係者にインタビューしたり、楽曲ができあがっていく過程を丁寧に追いかけていくという構成ではないため、「SONG TO SOUL」ほどは深みはないのだが、70年代の洋楽を聴きたい人にはお勧めの番組だと思う。

2.最近ハマっていること
「SONG TO SOUL」では、名曲が生まれる背景を丁寧に紹介するため、ついついその曲を聴きたくなってしまう。そのためか最近の私は、仕事帰りに地元周辺のTUTAYAに足繁く通っており、様々な洋楽を借りている。さらに、TUTAYAではつい最近までレンタルCDが半額というサービスを行っていたため、これは借りなきゃソンというわけで、今月は大量の洋楽を借りてしまった。

20130426TUTAYA LOG
20130426TUTAYA LOG posted by (C)Sabosan

そうして、自宅PCのiTunesや通勤途中のiPod touchで鑑賞しているのだが、特に最近にハマっているのは、イエスやキング・クリムゾンやピンクフロイドなどのいわゆるプレグレ系と称されるアーティストのアルバムである。

「SONG TO SOUL」でも歴史的にも高い評価を受けているキング・クリムゾンのアルバム「クリムゾンキングの宮殿」が紹介されていた。

BS-TBS「SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜」|「クリムゾン・キングの宮殿」キング・クリムゾン



イエスは、昨年10月から今年の3月まで放映されていたアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」(毎週妻と楽しみに鑑賞していた)のエンディングに「Roundabout」が使用されており、人気が再燃していると聞く。



こうして聞き込んでみると、やはり名作と称される作品はやはりいいもの。現代のコンピュータミュージックやボーカロイド系の音楽とは違った古き時代の良さ(当時は先進的な音楽スタイルと言われていたのだが)を感じる。私自身も仕事や育児に忙しい日々を送っているが、こうした音楽を楽しむ時間を持ちたいものだと思う。

クリムゾン・キングの宮殿―風に語りてクリムゾン・キングの宮殿―風に語りて
シド・スミス 宮脇 浩

ストレンジ・デイズ 2007-07-27
売り上げランキング : 415487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イエス (ストレンジ・デイズ・アーティスト&ディスク・ファイル・シリーズ)イエス (ストレンジ・デイズ・アーティスト&ディスク・ファイル・シリーズ)
ストレンジデイズ

ストレンジデイズ 2005-10
売り上げランキング : 262321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


posted by Sabosan at 04:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。