2014年01月06日

【Lifehack】自分だけの行動指針(クレド)を作り、継続的に改良していく/明けましておめでとうございます

さて、年が明けて2014年最初の記事を。

1.名言の重み
私は、毎朝起床すると欠かさず行っている習慣がある。それは、自室で以下の書籍に目を通すことである。

松下幸之助 成功の金言365松下幸之助 成功の金言365
松下 幸之助 PHP研究所

PHP研究所 2010-12-18
売り上げランキング : 38965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドラッカー 365の金言ドラッカー 365の金言
P.F.ドラッカー 上田 惇生

ダイヤモンド社 2005-12-02
売り上げランキング : 15192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書では、1日ごとにビジネスパーソンに対する名言と解説が記されている。いずれもためになる言葉で、何回読んでも飽きることはない。この習慣は2011年頃から始めたが、現在もほぼ休むことなく継続しており、2014年で4年目に突入している。私が現役ビジネスパーソンでいる限り、10年でも20年でも繰り返して読み続けるであろう名著である。

【書評】「松下幸之助 成功の金言365」松下幸之助(PHP研究所)/ビジネスパーソンが数年、数十年かけて付き合う価値のある良書: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

それとは別に、iPod touchのアプリを通じて、毎日名言に目を通していることは以前にも触れたとおり。(本ブログの右側のinstagramのウィジェットに表示されているとおり、3pushは定期的に変更している)

【iPod touch】リマインダーアプリ「3push」/座右の銘を毎日自分の心に刻み込む: 企業法務担当者のビジネスキャリア術
【iPod touch】アプリ「名言実行Biz」/世界の偉人による名言を収録した秀逸アプリです: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

このように、過去の偉人の名言を継続して読み続けて、自分の中で反芻すると、自分の考え方、価値観などが徐々に良い方向に影響を受けていくものだ。それほど言葉というものは、人に大きな影響を及ぼすツールだと思う。

2.自分だけの行動指針(クレド)
そのような「言葉の重み」に気づいた私は、昨年秋より新たな習慣を始めている。それは自分なりの行動指針(クレド)を定めて、毎朝確認するというものである。これを始めたきっかけは、昨年秋に以下の記事を目にしたからだ。

Twitter創業者ジャック・ドーシーが毎日欠かさずチェックする「する/しない」リスト : ライフハッカー[日本版]

上記の記事を読んで、「なるほど!それは素晴らしい」と思った私は、早速チャレンジしてみることにした。ただし、タスクの「TO DO/NOT TO DO」ではなく、さらに上位概念的な自分だけの行動指針(クレド)を作ってみることにした。なぜなら、さすがに何十年も人生を経験すると、仕事・結婚・家族・友人・金銭等の様々なジャンルに関して、自分なりの人生観・価値観というのは自然と出来上がってくるもの。それらを頭の中に「暗黙知」の状態で放置するのではなく、デジタルツールを利用して改めて「形式知」化したいと考えた次第。

当初、EVERNOTEに記録することも考えたが、一回記入してしまうと、忘れてしまいそうなので、私の愛用するリマインダーアプリである「Go Tasks」のノート欄にクレドを記入することにした。

【iPod touch】タスク管理アプリ「Go Tasks」/以前紹介した「TIMETODO」からこちらに乗り換えました: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

こうすれば、毎朝決まった時間にGo Tasksがリマインドしてくれるので、いやがおうでも確認せざるを得ない。

20140106クレド(1)
20140106クレド(1) posted by (C)Sabosan

20140106クレド(2)
20140106クレド(2) posted by (C)Sabosan

もちろん、クレドは最初のものをそのまま使い続けるのではなく、継続的に加筆修正を行う予定だ。なぜなら、自分の人生観や価値観というものは、年齢や身の回りの出来事に応じて変化していくからだ。このように、クレドは継続的に改良するつもりであり、その履歴を定期的にEVERNOTEに保管することを検討している。こうすれば、将来ノートを確認した際に、自分のクレドがどのように変化していったかを振り返ることができるからだ。(忘れないように、そのタスク自体をGo Tasksにおいて登録している)

20140106クレド(3)
20140106クレド(3) posted by (C)Sabosan

3.まとめ
一般の事業会社でも自社の経営理念や経営姿勢を明文化するためのツールとしてクレドを制定した上、カード等に記して自社の社員に交付するケースは多い。例えば、顧客に良質のサービスを提供するリッツカールトンなどはその代表例として有名だ。

リッツカールトン

しかし、自分自身のためのクレドを自分で作成し、継続的に改良していくことも非常に意義のあることだと思う。おそらく、それは一生をかけて作り上げていく息の長い作業になるだろうけど、それだけの価値はあるのではないだろうか。

また、クレドというとアナログ的な雰囲気があるが、スマホなどのリマインダー機能を有するデジタルツールを活用すると効果はさらにアップすると思う。興味を持たれた方は、このようなLifehackにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

リッツ・カールトン20の秘密―一枚のカード(クレド)に込められた成功法則リッツ・カールトン20の秘密―一枚のカード(クレド)に込められた成功法則
井上 富紀子 リコ ドゥブランク Ricco DeBlank

オータパブリケイションズ 2007-04
売り上げランキング : 66474

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


posted by Sabosan at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。