2014年03月02日

【テレビ】2月から放映開始の「烈車戦隊トッキュウジャー」が面白い!/我が家では家族揃って鑑賞しています

1.スーパー戦隊シリーズ
私は、子供の頃に「ゴレンジャー」などのいわゆるスーパー戦隊シリーズの特撮番組をよく見たものだが、男性ならば皆同じではないだろうか?そして、2月からはシリーズ第38作目として、「烈車戦隊トッキュウジャー」の放送が開始された。



この戦隊シリーズは、

・主人公達が赤、青、黄色、緑、ピンクの色分けされた戦士にそれぞれ変身し、様々な武器を駆使して悪の怪人と戦う。
・個人戦レベルで主人公達に敗れた怪人は、巨大化する。主人公達は所有するロボットに乗り込み、合体してこれと戦う。

などの共通点があるのが特徴である。そして、トッキュウジャーもご多分にもれないが、さらに以下のような作風を備えているのだ。

@アイテムや必殺技が電車にちなんだネーミングとなっている。
主人公達が所有している武器が「レールスラッシャー」「ホームトリガー」「シンゴウハンマー」「トンネルアックス」「テッキョウクロー」「レンケツバズーカ」「トッキュウオー」「トッキュウブラスター」など、とにかくこれでもかと電車にちなんだネーミングとなっている。

Aアクションを行うたびに、車掌(?)のアナウンスが入る。
主人公たちが武器を使ったり、乗り物に乗ったりする場合、どこからともかく車掌によるアナウンスが入るのだ。

・銃を発射する場合→「危ないのでお下がりくださーい。」
・変身する場合→「変身いたしまーす。」
・乗り物に乗る場合→「ただいま電車が参りまーす。白線の内側に下がってお待ちくださーい」

しかも事務的な口調ではなく、ラッパーのようにノリが良く、えらくくだけた感じで話すのが特徴的。私もこれを聞いた当初は、「なんかおちゃらけた感じだなあ」と思ったものだが、何度も耳にしていると、これがハマってしまうから、あら不思議。最近家族でこの番組を鑑賞する際、私はこのアナウンスを楽しみにしているぐらいだ。





B細部まで芸が細かい
主人公達が乗車している乗り物の後ろに電光掲示板があり、場面に応じた掲示が流れるのだが、これも芸が細かい。例えば、主人公ロボットが最終武器を使用する場合には、「まもなく踏切剣を使用します」、主人公が車内で暴れた場合は「危険行為はやめて下さい!」などのテロップが流れるのだ。

また、主人公達がそれぞれの電車に乗車するためには、どこからともかく現れた改札に乗車カードをかざさなければならないという妙にリアルな描写が存在している。

2.周囲の評判は
このように、「狙っている」感が濃厚なこの番組だが、妻が周囲のママ友から仕入れた情報によると、この番組は子供達の間ですでに注目を浴びているよう。もちろん、我が家もその例外ではなく、子供たちが今最もハマっている番組である。毎週録画もした上、繰り返して何回も鑑賞している。私も最初は単なる子供向け番組と思っていたが、なかなかテンポ良くスピーディに進み、一娯楽番組としてなかなか楽しめる内容である。従って、妻とも番組を鑑賞しながら、お気に入りのキャラは誰々という話題で盛り上がったりもしている。

また、番組がスタートしたばかりだが、おもちゃも数多くラインナップされており、我が家でも子供たちせがまれていくつかのおもちゃを購入している。これがまたなかなか良く出来ており、私も興味津々で子ども達と一緒に「トッキュウ1号に変身いたしま〜〜す」と遊んだりしている。

烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー

バンダイ 2014-02-15
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


烈車戦隊トッキュウジャー 烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー烈車戦隊トッキュウジャー 烈車合体シリーズ1-5 烈車合体DXトッキュウオー

バンダイ 2014-02-15
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


20140302トッキュウ1号のお面をかぶった息子
20140302トッキュウ1号のお面をかぶった息子 posted by (C)Sabosan

そのようなわけで、これからも目を話せないトッキュウジャーだが、しばらく我が家の話題の中心となるのは間違いなさそうだ。

ミニアルバム 烈車戦隊トッキュウジャー&スーパー戦隊ミニアルバム 烈車戦隊トッキュウジャー&スーパー戦隊
V.A.

日本コロムビア 2014-03-26
売り上げランキング : 66892

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


ラベル:
posted by Sabosan at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。