2014年06月12日

【情報整理】この本ブログが6年目を迎える/早いものであっという間の5年でした。

1.6年目に突入!
2009年6月にスタートした本ブログも早いもので、今月で6年目に突入しようとしている。振り返ってみると、「5年間はあっという間だったなあ」と思う事ひとしきり。自分なりに毎週1〜2回の更新をメドに執筆を継続していたが、我ながらよくもまあ、ネタもつきずに続いていると思う。ちなみに、記念すべき1回目の記事は以下のとおり。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 初めまして/本ブログの運営者からのご挨拶です

というわけで、今回は、6年目の節目を迎えるにあたり、自分にとってのブログについて触れてみたい。

2.自分にとってブログとは
ブログを始めようと思ったきっかけだが、2009年当時ふとしたきっかけで企業法務系ブログをいくつか目にする機会があった。そして、たまたまその時期に勝間和代のビジネス書に目を通すと、ブログを書くことが推奨されていたので、「よし、それじゃあ、自分もやってみよう!」と単純に決意したのがきっかけである。

始めた当初は、試行錯誤の連続でトンチンカンな記事もあったかと思うが、1〜2年ほどたつと要領やコツをつかめるようになってきた。ブログを始めた当初は、「アフィリエイトで小遣い稼ぎできたらいいなあ」という不純な動機も多少あったが、正直なところ、今となってはそれはどうでもよくなっている。その結果、ブログを書くこと(=自分の考えや経験を社会に発信すること)が自分のライフワークの一つになっている。

3.ブログのメリット
あくまで私の個人的な見解だが、ブログを書くことには以下のようなメリットがあると思う。

@フットワーク力の向上
ブログを書くようになると、何か新しいことを経験や学習した場合、無意識に「これはブログのネタになるかな?」と考えるクセがつく。同時に、ネタ探しのために未知の経験にもチャレンジしてみようというクセが身につくため、「何事も面倒くさがらずに行動してみる。 行動して間違いならば、すぐに修正する」という行動パターンが次第に身につくようになる。振り返ってみると、それは仕事や私生活の面でもおおいにプラスになっていると感じる。

A文章力の訓練
これは言うまでもないが、人様に読んでもらう文章なので、下手な内容は書けない。企業法務担当者には文書作成力は必須だが、それを鍛える訓練の場というわけで、ブログをおおいに活用している。ただ、仕事では契約書などガチガチに固い文章を扱っているため、ブログぐらいは多少ざっくばらんな文体になっているが、そのあたりはご勘弁を。

B自己開示のツール
先日子供が通園する幼稚園のパパさんと2人だけで飲み会を行う機会があったが、初対面同士のためお互いのことがよくわからない状態だった。そこで、私は「ブログを書いているのですが、よければ見てみてください。おおよそ私がどんな人間かわかってもらえると思います」という趣旨のメールを送った。そのパパさんも本ブログを一通り読んで頂いたようで、おかげで飲み会も盛り上がったのだが、ブログはこのように自分の名刺として活用することもできる。

なぜなら、ブログにはその人の経験や考え方が記載されているため、丁寧に読めば、その人の性格や個性がおおよそうかがえるものである。さらに、本ブログの右サイドバーには、Twitter、ブクログ、instagram、LAST FMなどの私が利用しているSNS関連のヴィジェットを配置しているため、私が関心を抱いている事、読んだ本、自分が撮影した写真、鑑賞した音楽が一目瞭然である。

一部の友人・知人には、私がこのブログを書いていることをお知らせしているが、中には、「Sabosanとは長い付き合いになるけど、このようなことを考えているなんて気づかなかった」「Sabosanの好みの本や音楽がわかりました」と言われることもたまにある。それはそうかもしれない。長い付き合いであっても、どうしても相手の内面的な部分について理解するのはなかなか難しいもの。しかし、ブログによる自己開示は、その一助になるかもしれない。

C自分を振り返るためのライフログ
私は自分で書いたブログを定期的に振り返るようにしており、リマインダーアプリ「Go tasks」にもタスクとして登録している。

20140612Go Tasks
20140612Go Tasks posted by (C)Sabosan

こうして定期的に過去の記事を読み返すと、自分を再発見するきっかけにもなる。そして、定期的に過去の自分を振り返ることは自分を成長させることにもつながると思う。ブログは、ライフログそのものといえるが、自己内省を行うための絶好のツールである。

4.まとめ
時折友人に「ブログを続けるコツを教えてほしい」と聞かれることがあるが、あえて一つあげるならば、ブログを書くこと自体を楽しむことだと思う。私自身も「もうやめようかな」と思う時期もあったが、その峠を越えると、書くことがそれほど苦にならなくなるが、不思議である。

さて、実は2014年という年は私にとって節目になる年である。というのは、企業法務の仕事に従事して10年目を迎えるし、妻と結婚して10年目を迎えるからだ。このように、公私共に節目となる年だが、引き続きブログで法務ネタやその他を中心に書いていくことにしたい。最近は、タイトルに反して法務ネタが少ないのだが、あまり枠にとらわれることなく、書きたいことを書き続けることにしたい。

革命メディア ブログの正体革命メディア ブログの正体
伊藤 穰一 デヴィッド・L・シフリー&デジタルガレージグループ

インデックス・コミュニケーションズ 2006-03-22
売り上げランキング : 161501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


posted by Sabosan at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。