2016年03月03日

【企業法務】社内クライアントからの法務に無関係の相談を受ける/これも仕事の一つ?

企業法務担当者にとって、社内クライアントへの相談対応は非常に重要な仕事だ。この場合、いかにクライアントからポイントとなる情報を聞き出し、その問題点を正確に把握し、適切な対応策を立案して、クライアントにわかりやすく丁寧に伝えることが求められる。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【企業法務】社内クライアントとの打ち合わせをうまく行うための7つのコツ/企業法務担当者にとって社内クライアントとの打ち合わせは非常に重要なプロセスです
企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【企業法務】相談内容を図解化して相互認識に役立てる/当事者・モノ・カネの流れをきちんと把握する

私自身は、「社内クライアントに対して、常にサービス精神を忘れずに、誠意をもって対応する」をモットーにして、少なからず実行している(つもり)。これを繰り返して少しずつ実績を積み重ねると、ますます多くの相談が寄せられることになり、それはそれで大変だが・・・。私自身も他人に対してハードルが低いためか、「Sabosanはどんな事でも気軽に相談できる」と社内の人に思われているフシがある。

転職者である私にしてみれば、転職直後の「社内知名度ゼロ」から現在の状態に持っていくためには、少なからず相応の苦労があったわけで、現在の状況はありがたい話だ。ただし、持ち込まれる相談案件には、たまに企業法務に関係ないものが含まれることがある。このような場合、相談者からは「こうした話はSabosanにお聞きすることではないかもしれませんが・・・。」「他に相談できる人がいないので・・」と頼みこまれることが多い。

この場合、「これは私の仕事ではありませんから!」と言うと、カドが立つので、企業法務と無関係であっても、一応話を聞いた上、「あくまで一個人の見解ですが・・・」という条件付で回答はしている。もちろん、相談内容が完全に自分の専門外ならば、おろそかな事は言うべきではないが・・・。

このあたりの線引きはなかなか難しい所があるが、ビジネスパーソンの立場で判断できる内容ならば、自分なりの考えを伝えてもよいと思う。

弁護士10年目までの 相談受任力の高め方 For The Lawyer's 10 Years in Practice, Business Development Skills弁護士10年目までの 相談受任力の高め方 For The Lawyer's 10 Years in Practice, Business Development Skills
中里 妃沙子 高橋 恭司 大澤 一郎 大山 滋郎 藤井 総 (株)船井総合研究所 法律事務所コンサルティングチーム

レクシスネクシス・ジャパン 2014-08-25
売り上げランキング : 153061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村


posted by Sabosan at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。