2016年06月12日

【情報整理】周囲に「ジェットストリーム 4&1」の愛好家が多いことに気づく/ビジネスパーソンにお勧めのアイテム

1.「ジェットストリーム 4&1」とは
最近、社内クライアントと打ち合わせした際に気づいたことがある。それは、「三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1」を使用している人が周囲に多いという点。

ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 MSXE5-1000 | JETSTREAM 多色・多機能ペン | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社


以前にも触れているが、数年前からは、私は筆記具として、「ジェットストリーム4&1」を使用している。本体のカラーは違うが、職場と自宅で全く同じアイテムを使用しており、もはやこれがないと何も始まらない。もちろん、多色ボールペンの性質上、一本あたりのボールペンの芯に充当されているインク量が少ないのは欠点だが、その代わりとして予備の替芯を大量に保有している。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【Lifehack】三菱鉛筆「ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 0.5mm」とパイロット「ドクターグリップ 4+1  0.5mm」/いずれも甲乙つけがたく重厚感あるデザインがお気に入り

「ジェットストリーム 4&1」を使っている人に感想などを聞いてみると、優れている点として、以下を指摘する人が多く、個人的にも全く同感だ。

@書きやすい(書き味がなめらかで、インクもすぐに乾く)
A機能性が高い(1本でシャーペンと多色ボールペンを兼用できる)
Bデザインが重厚(落ち着いた雰囲気で、ビジネスの場で用いても全く遜色ない)
Cそれほど高くない(本体は1000円前後で替芯も安い)

2.図解と色分類
ここで、話は変わるが、社内クラインアントからの相談内容について、当事者・モノ・カネの関係を図解化することについて以前に触れたと思う。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【企業法務】相談内容を図解化して相互認識に役立てる/当事者・モノ・カネの流れをきちんと把握する

その習慣は今でも継続しており、企業法務担当者である私と社内クライアントとの相互認識に有益なプロセスだが、その際に「ジェットストリーム 4&1」が活躍している。例えば、イラスト内の記載項目を色で分類化してしまうのだ。具体的には、

@当事者の情報や商品の流れ→黒色で記入
Aカネの流れ→赤色で記入
B契約や法律の関係→青色で記入
Cそれ以外→緑色で記入

と使い分ければ、読み手の理解を促しやすいというメリットがある。そして、これをPDF化しておけば、紙自体は処分しても、データとして残ることになり、いつでも印刷や転送することが可能。このように情報を色で分類することはなかなかに役立つが、単色のボールペンを何本も揃えておき、一本一本持ちかえるのはあまりにも面倒くさい。しかし、「ジェットストリーム 4&1」があれば、スムーズに情報を色分類化することができる。

たかが筆記具。されど筆記具。このように、文房具一つでビジネスパーソンのパフォーマンスを左右することもあるので、自分なりのこだわりを持って、「より良い一品」を追求したいところだ。



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報整理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438898348

この記事へのトラックバック