2017年10月05日

【その他】TSUTAYAマガジンがいつの間にか休刊していることにショック/代わりにゲオの情報誌を入手

私が通勤で利用している駅にはレンタルショップのTSUTAYAとゲオがあり、それなりの頻度で利用している。どちらかというと私はTSUTAYA派で、週末等に立ち寄ってDVDや漫画などを借りている。つい先週末にも仕事帰りに寄って、コミックを何冊か借りたのだが、店員さんと以下のようなやり取りをした。

私「あの〜、すみません。毎月下旬にTSUTAYAマガジンという無料情報誌を配布していると思うのですが、在庫切れなんですかね?」
店員「いえ、あれは先月をもちまして休刊となりました・・」
私「ええ〜!本当ですか?」
店員「はい、申し訳ありませんが・・・」

私は、毎月1回発行されるこの無料情報誌を読んで、どの作品をレンタルするか参考にしていた(忘れないようににタスク管理アプリでタスク登録しているぐらいだ)。だいぶ以前にこの情報誌を閲覧できるiPhoneアプリもあったが、すでに配信中止になっており、デジタルに続いてアナログも利用できなくなった。従って、個人的には大きな痛手。こうなると、TSUTAYAのライバル会社であるゲオが発刊している情報誌を入手するしかなさそう。

G/get Press vol.189 - GEO Online/ゲオオンライン

おそらく私と同じような境遇の方も多いと思うが、その人達はどうしているのだろうか。

TSUTAYA 破壊と創造─週刊東洋経済eビジネス新書No.145 (週刊東洋経済eビジネス新書)TSUTAYA 破壊と創造─週刊東洋経済eビジネス新書No.145 (週刊東洋経済eビジネス新書)
週刊東洋経済編集部

東洋経済新報社 2017-03-17
売り上げランキング : 153749

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:33| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。