2016年12月11日

【観光】Sabosanの京丹後漫遊記 その2(与謝野編)/丹後の里に聞こえる大正・昭和の汽笛

前回の続きを。

翌日は、京都丹後鉄道の宮豊線に乗って天橋立から二つ目の与謝野で下車する。そこからタクシーで南に移動して、到着した場所が「加悦(かや)SL広場」



私も事前に調べるまで全く知らなかったが、大正時代に与謝野駅の前身である丹後山田駅から6キロほどのローカル線が存在していた。それが加悦鉄道だ。しかし、時代の流れに逆らえず、昭和31(1956)年に廃線となっている。ここ加悦SL広場は、日本で2番目に古い蒸気機関車や復元された駅舎など当時の雰囲気をしのぶことができる鉄道遺産が保管されている。除雪車を生で見たのは初めてで、私も感動。

IMG_0105.JPG

IMG_0109.JPG

IMG_0111.JPG

photo.jpg

園内には客車を改装したカフェやパン屋なども併設されており、鉄道好きにはなかなか楽しめる施設だ。加悦SL広場で3時間ほど過ごしてから、バスで与謝野駅に戻る。次の電車が到着するまで駅付近を散策したが、紅葉を感じさせるやや赤みがかった山々が広がっており、これぞローカル鉄道という感じ。こういう場所では時間がゆったりと流れる感じで、都会のせわしなさを忘れることができる。

IMG_0095.JPG

IMG_0135.JPG

その後、天橋立まで戻ってから特急はしだて&こうのとりに乗車して大阪まで戻る。このように慌しくも充実した一泊二日旅行だった。

加悦鉄道(上) -丹後ちりめんを運んだ「絹の鉄道」- (RM LIBRARY 180)加悦鉄道(上) -丹後ちりめんを運んだ「絹の鉄道」- (RM LIBRARY 180)
NPO法人加悦鐵道保存会

ネコ・パブリッシング 2014-07-19
売り上げランキング : 658988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

【観光】Sabosanの京丹後漫遊記 その1(天橋立編)/日本三景の一つである天橋立の絶景をのぞむ

先日、家族で京都府北部の天橋立に旅行(一泊二日)に行ってきたので、その時の様子を紹介したい。

まず、JR大阪駅から特急こうのとりに乗車する。途中の福知山駅で特急はしだてに乗り換えるが、おおよそ2時間半で天橋立駅に到着。



最初に向かうのは、駅の南側の山頂にある天橋立ビューランド。ここから天橋立を一望することができる。その景観はまるで龍が天に舞い上がる姿のようで、「飛龍観」と呼ばれる天橋立の代表的な絶景の一つ。もちろん、お約束の股覗きもやってみる。

20161205天橋立(1).JPG

20161205天橋立(2).JPG

その後は、観光船に乗車して阿蘇海を渡り、北側の府中地区に移動する。所要時間は10分強で、改めて松並木が続く天橋立の長さ(3.6q)を実感。そういえば、海沿いの松の木といえば、昨年春頃に訪れた福井県の敦賀の「気比の松原」を思い出す。

企業法務担当者のビジネスキャリア術|【行楽】Sabosanの湖北漫遊記 2015 その2(敦賀、三方五胡編)/気比の松原や三方五胡などの大自然の絶景を楽しむ

さて、観光船の屋上デッキに上がるとカモメが観光客が投げるエサ(船内で販売しているかっぱえびせん)を目当てに船に飛んで来る。こんな間近でカモメを見るのは初めて。

20161205天橋立(3).JPG

20161205天橋立(4).JPG

府中地区に到着して、ケーブルカーで山頂のある笠松公園に登って南側を見下ろすと、先程とは違った「斜め一文字」と呼ばれる景観が視界に広がる。

20161205天橋立(5).JPG

スケジュールの関係で長居はできないので、15分ほどぶらぶらしてから下山してから観光船で文珠地区に戻る。その途中で、川の上で90度回転している珍しい橋を発見!

20161205天橋立(6).JPG

20161205天橋立(7).JPG

ガイドブックによると、この橋は「廻旋橋」というらしく、船が通過するたびに回転するらしい。天橋立ほどではないが、かなり珍しい光景に遭遇してしまった。



当日は天候も良く、12月とは思えないほどのポカポカ陽気で、絶好の行楽日和。その後はホテルで一泊してから、京丹後鉄道に乗車して近隣の鉄道遺産を訪れたのだが、それはまた次回に紹介したい。

日本三景の謎 天橋立、宮島、松島―知られざる日本史の真実 (祥伝社黄金文庫)日本三景の謎 天橋立、宮島、松島―知られざる日本史の真実 (祥伝社黄金文庫)
宮元 健次

祥伝社 2010-10-14
売り上げランキング : 380108

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

【行楽】Sabosanの阿蘇山漫遊記/世界有数規模のカルデラを目のあたりにする

私の妻には熊本県に親戚がいるのだが、この親族間でとある問題が発生し、その話し合いのために熊本県を訪れることになった。話し合い自体は無事に終わり、問題は一応解決したが、当初の予定より丸一日時間が余ってしまった。そこで、せっかく熊本県まで来たので、阿蘇山を観光してから大阪に帰ることにした。今回はその様子について軽く触れたい。

熊本県の東部に位置する阿蘇山のカルデラは東西18キロ7、南北25キロにもおよび、世界有数規模と言われている。阿蘇周辺には絶景も多く、九州有数のドライブスポットでもある。しかし、4月に発生した地震によって、このあたりには人的・物的にも多大な被害が生じたのは、ニュースで報道されているとおり。例えば、阿蘇山の北側を東西に走るJR九州の豊肥本線は今でも一部区間が土砂崩れなどにより不通となっている。従って、熊本駅から阿蘇駅に向かうには、熊本駅周辺から出発する特急バス「やまびこ号」に乗るしかない。



ようやくJR阿蘇駅に到着して、近隣の店で自転車を借りる。目指すは阿蘇山中腹にある草千里ケ浜。標高1100メートルの高原に広がる草原で、有名な景勝地だ。



9時すぎにJR阿蘇駅を出発。南に向かうとやがて山道となり、坂は徐々に上り道となる。最初は林の中を進むが、次第に見晴らしの良い風景が広がっていく。

20161109阿蘇山(1)
20161109阿蘇山(1) posted by (C)Sabosan

20161109阿蘇山(2)
20161109阿蘇山(2) posted by (C)Sabosan

途中には牛や馬が放牧されていて、なんとも牧歌的な風景だ。また、山腹からは都会では決して見れない雄大な大展望を望むことができる。はるか真下に家や田畑がおもちゃのように小さく見えるほどの標高の高さで、風がビュウビュウと吹き、気持ちがいい。

20161109阿蘇山(3)
20161109阿蘇山(3) posted by (C)Sabosan

20161109阿蘇山(4)
20161109阿蘇山(4) posted by (C)Sabosan

山頂に向かう途中でなにやらお椀をふせたような小さい山を発見。これは米塚という小さい山で、1500年ほど前にできた一番新しい火口らしい。

20161109阿蘇山(5)
20161109阿蘇山(5) posted by (C)Sabosan

そうして、自転車に乗ったり、降りて歩いたりするうちに目的地の草千里ケ浜に到着する。ここまでかかった所要時間はなんと3時間(!)。絶景を楽しみながら、時折休憩したので、それほど疲れはしなかったが、かなりの運動量となってしまった。

草千里ジオサイト - 阿蘇ジオパーク オフィシャルサイト


草千里ケ浜は、見渡す限りの緑のじゅうたんが広がっており、なんとも雄大な光景。あたりには小さい池がポツンとあるが、数万年前にできた火口の跡とも言われる。周辺には馬がのんびりと草を食べており、なんとものんびりとした風景が広がる。この先にも道路はあるが、地震の影響でこれ以上進むのは禁止されていた。とりあえず、昼食がてら近くのカフェでのんびりと休憩することに。

20161109草千里ケ浜(1)
20161109草千里ケ浜(1) posted by (C)Sabosan

20161109草千里ケ浜(2)
20161109草千里ケ浜(2) posted by (C)Sabosan

そうして1時間ほど過ごしてから、草千里ケ浜からJR阿蘇駅まで自転車で一気に山道を駆け下りる。頂上からひたすら下り坂なので、ペダルをこぐ必要はなく、ちょっとしたアトラクションのようで楽しかった。登る途中で見た風景を横目に、下りはわずか40分ほどで済んでしまった。その後、自転車を返却してから、JR阿蘇駅の近くの温泉で疲れを癒したのであった。



駆け足ながら、丸一日かけた阿蘇山観光はこのような感じで無事に終了。「阿蘇ビュー」ともいうべき、都会では絶対に見ることができない圧倒的な大自然を目の当たりにして、個人的には大変貴重な経験となった。地震の影響で付近の交通機関は完全には復旧していないが、もし熊本に行かれる機会があるなら是非足を運ぶことをお勧めしたい(後で知ったが、JR阿蘇駅から草千里ケ浜行きバスも運行されている様子)

阿蘇・くじゅう連山の四季―岩崎秀夫写真集阿蘇・くじゅう連山の四季―岩崎秀夫写真集
岩崎 秀夫

東方出版 2004-06
売り上げランキング : 858125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

【行楽】Sabosanの岡山漫遊記 その3(観光列車編)/旅の旅行鞄「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」に乗って瀬戸内へ

前回の続き。

2010年から3年に1度、岡山県と香川県では、「海の復権」をテーマにした現代アートの祭典を瀬戸内海の島で開催している。3回目となる本年からは、岡山〜宇野、岡山〜香川を走る観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」が運行されている。



「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」とは、フランス語で、「木製の旅行鞄」を意味するらしい。確かに、車体には鞄をモチーフにしたイラストが描かれているなどシャレた外観をしている。観光客は、この車両に乗ってアートな島々への旅行気分を盛り上げるといったところか。

20160824La Malle de Bois(1)
20160824La Malle de Bois(1) posted by (C)Sabosan

20160824La Malle de Bois(2)
20160824La Malle de Bois(2) posted by (C)Sabosan

20160824La Malle de Bois(3)
20160824La Malle de Bois(3) posted by (C)Sabosan

今回は、瀬戸内の島々は訪問しなかったが(小豆島などはいつか機会があれば訪れてみたい)、岡山旅行の「締め」にこの観光列車に乗車することにした。当日乗車して初めて知ったのだが、現代アートの祭典を開催しているためか、途中駅で音楽と踊りのパフォーマンスユニット「nomad note dance」が乗車してパフォーマンスを行ったりと、JRらしからぬ”ゆる〜い雰囲気”で道中を楽しむことができた。


nomad note dance in Osaka from neneroro on Vimeo.


この観光列車では、おみやげも販売しており、私はクリアフォルダとブックカバーを購入した。ちなみに、乗車時間は1時間ほどであっという間に終点の宇野に到着する。ここから瀬戸内の島々へのフェリーが運航されているが、私達は在来線で再び岡山に戻ったのであった。



というわけで、二泊三日の岡山旅行は無事に終了。とにかく暑さが厳しく、日中の移動はこたえたが、また、いずれ鉄道をメインとした旅行に出かけようと思う。

にっぽん 観光列車の旅 (地球新発見の旅)にっぽん 観光列車の旅 (地球新発見の旅)
K&Bパブリッシャーズ編集部

K&Bパブリッシャーズ 2015-05-22
売り上げランキング : 44653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

【行楽】Sabosanの岡山漫遊記 その2(津山編)/郷愁と自然にあふれる街で歴史的な文化遺産に触れる

前回の続きを。

2日目は、岡山駅からJR津山線に乗車して津山駅に向かう。乗車したのは、二両編成のディーゼル車両で、田園や山間部を抜けて北上する。本当は、4月から6月にかけて運行していた「みまさかノスタルジー」に乗りたかったが、残念ながら運行は終了していた。

20160821津山へ(1)
20160821津山へ(1) posted by (C)Sabosan

20160821津山へ(2)
20160821津山へ(2) posted by (C)Sabosan

1.国内第二の扇型機関車庫
津山には1時間ほどで到着する。まず訪れたのは、この4月にリニューアルオープンした「津山まなびの鉄道館」(旧津山扇型機関車庫)だ。



こちらは、国内に現存する数少ない扇型機関車庫で、京都鉄道博物館に次ぐ規模。館内には、過去に活躍したSL機関車やディーゼル車両が静かに展示されている。その他にも、津山駅を模したNゲージの模型ジオラマ、これまでの鉄道の歩みと仕組みを紹介したい展示物も設けられており、電車好きには楽しめるスポットだ。

20160821津山まなびの鉄道館(1)
20160821津山まなびの鉄道館(1) posted by (C)Sabosan

20160821津山まなびの鉄道館(2)
20160821津山まなびの鉄道館(2) posted by (C)Sabosan



2.森蘭丸の弟が築城した平山城
さて、家族が鉄道館を散策している間に、私は1人別行動をとって、津山駅の北側にある鶴山公園に向かう。ここには、初代津山藩主・森忠政が築いた津山城があるからだ。



森忠政は、織田信長に小姓として仕えた森蘭丸の弟でもあり、兄弟が全て早逝したため、最終的に森家の家督を継いでいる。鶴山公園には千本の桜が植えられており、毎年春になると城内を鮮やかに彩るという。津山城の石垣は、建築当時のままで、非常に重厚な印象を受ける。頂上から津山市内を一望できるが、石垣の端には紐の柵があるだけで少し怖い。しかし、ここからの見晴らしは最高だ。

20160821津山城城(1)
20160821津山城城(1) posted by (C)Sabosan

20160821津山城城(2)
20160821津山城城(2) posted by (C)Sabosan

20160821津山城城(3)
20160821津山城城(3) posted by (C)Sabosan

20160821津山城城(4)
20160821津山城城(4) posted by (C)Sabosan

20160821津山城城(5)
20160821津山城城(5) posted by (C)Sabosan



こうして歴史の郷愁に触れた私は、津山駅で家族と合流し、再び津山線に乗車して岡山に戻ったのであった。そして、翌日には、岡山駅から出発する観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」に乗車したのだが、その模様は次回に。

絵図で歩く津山城下町絵図で歩く津山城下町
尾島 治

吉備人出版 2016-07-27
売り上げランキング : 194424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

【行楽】Sabosanの岡山漫遊記2016 その1(岡山市内編)/はるか岡山の地にて「たま駅長」と再会する

我が家では、このお盆休みに岡山へ家族旅行を行った。目当ては電車(子供)とお城巡り(私)で、その模様を3回シリーズで紹介してみたい。

1.あの有名駅長との再会!?
当日は、車で岡山に移動して、お昼過ぎに到着する。そして、ホテルに荷物を預けた後に市内を散策する。私たちは岡山市内は路面電車(岡山電気軌道)で移動したが、たまたま乗車した路面電車がどこかで見覚えのあるデザインだと気がつく。

20160817たま電車(1)
20160817たま電車(1)posted by(C)Sabosan

そう、昨年秋の和歌山旅行の際に、和歌山電鐵の「たま電車」に乗車したが、その路面電車バーションのようだ。これは、和歌山電鐵の親会社が岡山電気軌道であり、親会社が子会社の大人気キャラクター「たま駅長」を拝借しているということか・・・。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【行楽】Sabosanの和歌山漫遊記 その1/和歌山電鐵の「たま電車」に乗車してローカル鉄道の良さを改めて実感





これはラッキーと早速乗車してみたが、内装もたま駅長づくしで、しかも、降車ボタンを押した際に光る表示灯まで、猫を意識しており、ここまで徹底すると気持ちいいぐらい。和歌山県の名物駅長の「たま」効果がここ岡山まで影響を及ぼしているとは少し驚いてしまった。

20160817たま電車(2)
20160817たま電車(2)posted by(C)Sabosan

20160817たま電車(3)
20160817たま電車(3)posted by(C)Sabosan

2.悲劇の戦国大名 宇喜多秀家の居城
さて、私たちはそのまま「たま電車」に乗車して岡山城に向かうことに。JR岡山駅の東部に位置する岡山城は、安土桃山時代の戦国大名である宇喜多秀家の居城として有名だ。お城の壁が黒いのが特徴的。



20160817岡山城(1)
20160817岡山城(1)posted by(C)Sabosan

20160817岡山城(2)
20160817岡山城(2)posted by(C)Sabosan

現在、放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」にも登場している宇喜多秀家は、美作や備前(現在の岡山県)を領有する戦国大名。時の天下人である豊臣秀吉に気に入られてその養子となり、五大老の一員に迎えられるなど破格の扱いを受けたエリート中のエリートだ。しかし、「関が原の戦い」では西軍主力として奮闘するも、徳川家康率いる東軍に敗北した結果、最終的には捕らえられて、八丈島へ島流しにされるという悲劇のエピソードが伝わっているのだが・・・。



とりあえず、初日はこのような感じで岡山市内をブラブラと散策した。続きはまた次回に。

駅長たまプラス ~ネコの駅舎で会えたなら~駅長たまプラス ~ネコの駅舎で会えたなら~
坂田 智昭

ホーム社 2013-04-26
売り上げランキング : 177789

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

【行楽】Sabosanの戦国史跡漫遊記2016 丸亀城(香川県)/曲線美の石垣と眺望の素晴らしさ

少し以前の話になるが、5月のゴールデンウィークに香川県に二泊三日の家族旅行に出かけた。その際、数時間だけ私一人で別行動をとり、丸亀市にある丸亀城に行ってきたので、その模様について少し触れてみたい。



高松駅からJR予讃線に乗車して丸亀駅に到着したのは、午後3時半頃。駅から南に10分ほど歩くと、山の上にそびえ立つ小さな城が見えてくる。これが目的地である丸亀城。

20160518丸亀市内
20160518丸亀市内 posted by (C)Sabosan

20160518丸亀城1
20160518丸亀城1 posted by (C)Sabosan

傍目には何の変哲もない小さな城だが、この城は石垣の組み方に特徴があり、下の方は緩やかに組み、上に向かうほど垂直に反っており、「扇の勾配」と称されている。

20160518丸亀城2
20160518丸亀城2 posted by (C)Sabosan

山の上に築城されているので、ふもとから坂道を登っていくのは結構大変だったが、曲線美の石垣を間近で眺めつつ、頂上にたどり着くと、周囲360度の大パノラマが広がる。北側には瀬戸内海と丸亀の街が、南側には平野が広がり、海と山の絶景を同時に楽しむことができる。

20160518丸亀城3
20160518丸亀城3 posted by (C)Sabosan

20160518丸亀城4
20160518丸亀城4 posted by (C)Sabosan

20160518丸亀城5
20160518丸亀城5 posted by (C)Sabosan

当日は、ポカポカ陽気で天気も良く、丸亀城から瀬戸内海の島々を見渡すことができた。この絶景を眺めるだけでも、香川県に来たかいがあるというもの。

説明は省略するが、今回の旅行では、金刀比羅宮や屋島などを観光したり、マリンライナーに乗って岡山まで足を運んだりしたが、四国特有のゆったりとした穏やかな雰囲気におおいに癒された次第。また、機会があれば、のんびりと四国を周遊してみたい。

るるぶ香川 高松 琴平 直島 小豆島'17 (国内シリーズ)るるぶ香川 高松 琴平 直島 小豆島'17 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング 2016-03-11
売り上げランキング : 142505

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする