2017年08月16日

【歴史】Sabosanの唐津漫遊記 その2(名護屋城編)/天下人 豊臣秀吉が生前に最後に築いた巨城

前回の続きを。

1.名護屋城博物館
唐津市内にあるバスセンターからバスを乗り継いで40分ほどで、玄界灘に面した波戸岬に到着する。そして、バス停から降りて少し歩くと、佐賀県立名護屋城博物館に到着。



この博物館では、文禄・慶長の役を含む日本と朝鮮との歴史について展示紹介されている。私が少し驚いたのが無料で入館できるということ。比較的新しい博物館だし、入館料は1000円ぐらいかな、と思っていたので、予想外の太っ腹に驚いた。館内は2階部分が展示スペースとなっており、当時の面影を伝える様々な歴史遺物が展示されていた。



IMG_0838.jpgIMG_0839.jpgIMG_0843.jpg

2.戦国時代の名将たちが一同に集結
博物館を1時間ほどで見終わって、北側の名護屋城跡を散策する。名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の国内拠点として築城したもので、当時の広さは17万平方mにも及び、大阪城に次ぐ広さを誇ったという。その周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、全国から20万人を超える人々が集ったとされている。名護屋城の石垣の一部は当時の状態で保存されており、国から特別史跡に指定されるなど大変貴重な遺産だ。



うっそうとした木々を抜けると、本丸に到着する。そこから一気に視界が開き、玄界灘が眼下に広がる。現在は民家や学校などが立ち並んでいるが、当時は、この辺りに徳川家康・伊達政宗・前田利家・上杉景勝・真田昌幸・藤堂高虎・島津義弘・黒田長政など当時を代表する武将たちの陣屋が集結していたわけで、歴史ファンにはなんともたまらない場所だ(もっとも、慶長の役の終結後に発生した「関ヶ原の戦い」では、これらの武将は敵味方に分かれて戦うわけだが・・・・)。

IMG_0853.jpgIMG_0854.jpgIMG_0858.jpgIMG_0865.jpgIMG_0866.jpgIMG_0863.jpgIMG_0864.jpg

ただし、歴史を客観的に検証すれば、文禄・慶長の役は、日本が何の非もない朝鮮に対して行った侵略戦争に他ならない。豊臣秀吉は「草履とりから天下人へ」とプラスのイメージで語られることが多い。確かに知恵と度胸で権力者への道を駆け上がり、国内統一によって戦国時代を集結させた手腕は一つの立志伝だと思う(コーエーが過去に「太閤立志伝」というゲームを発売したぐらいだ)。しかし、そうやって獲得した権力を人民のために適切に行使せず、合理的な判断力を欠いて侵略戦争を行い、日本と朝鮮に多大な人的・物的損失を与えたのは事実であり、「名為政者」というより、「老醜」をさらしていると言わざるをえない。なぜならば、権力とは、どうやって獲得したのではなく、どのように行使したかによって後世の人々に評価されるからだ。従って、私自身は後半生の豊臣秀吉はあまり好きではない(その他にも秀吉は実子かわいさのあまり、一度は後継者に指名した養子とその一族を皆殺しにしている)。

ある意味、この名護屋城跡は、「権力者の悲劇と愚挙」を後世に伝える負の遺産と言えるかもしれない。そのようなことを考えつつ、大阪への帰途についた私であった。

KOEI The Best 太閤立志伝VKOEI The Best 太閤立志伝V

コーエー 2006-01-19
売り上げランキング : 4072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 08:12| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

【歴史】Sabosanの唐津漫遊記 その1(唐津城編)/城・焼物・祭りの町 佐賀県唐津市

先日、休日を利用して佐賀県の唐津城と名護屋城跡を巡ってきたので、その時の様子を紹介したい。

まず福岡県の博多駅から地下鉄とJR筑肥線を乗り継いで西に向かうと、一時間ほどで唐津に到着する。途中には日本三大松原の一つである「虹の松原」があるが、時間の関係でこちらには立ち寄らず。唐津駅で降りて15分ほど歩くとやがて唐津城が視界に飛び込んでくる。唐津城は今年の7月にリニューアルオープンしたばかりで、中は真新しい。ちょうど良いタイミングで訪れることができたかも。



唐津城は、ちょうど半島の先端に築城された城で、その優美な姿から別名「舞鶴城」とも称されている。1階は観光案内・体験フロア、2階が唐津の歴史フロア、3階が唐津焼フロア、4階が交流・休憩フロア、5階が展望フロアとなっている。特に、展望台からは玄界灘(北)、虹の松原(東)などの絶景のパノラマビューを鑑賞できる。



IMG_0821.jpgIMG_0822.jpgIMG_0834.jpgIMG_0825.jpgIMG_0830.jpgIMG_0831.jpg

私が唐津に滞在したのは、ほんの2時間ほどだが、静かな城下町の風情を楽しむことができた。個人的な感想だが、昨年のGWに家族旅行した際に訪れた香川県の丸亀に雰囲気が似ているような気がする。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【行楽】Sabosanの戦国史跡漫遊記2016 丸亀城(香川県)/曲線美の石垣と眺望の素晴らしさ

その後、唐津駅まで戻り、バスでさらに西へ向かう。目的地は、かつて豊臣秀吉が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)した際に国内拠点として築城された肥前名護屋城跡。当時は、徳川家康・伊達政宗・前田利家・上杉景勝・真田昌幸など超一流の武将たちが一同に会し、陣屋をはっていたという・・・。

続きは次回にて。

ことりっぷ 有田・唐津 伊万里・武雄・嬉野 (旅行ガイド)ことりっぷ 有田・唐津 伊万里・武雄・嬉野 (旅行ガイド)
昭文社 旅行ガイドブック 編集部

昭文社 2016-10-14
売り上げランキング : 53361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 07:51| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

【歴史】Sabosanの戦国漫遊記(岩国編)その2/岩国城のふもとにある吉川史料館で貴重な歴史史料が公開中

前回の続きを。

戦国史に明るい人ならば、戦国武将の吉川元春についてご存知だろう。中国の土豪から中国地方の覇者まで登り詰めた名将 毛利元就の次男で、吉川家の養子となった人物である。毛利元就と三人の息子の逸話である「三本の矢」でも有名だ。



「関が原の戦い」では、元春の三男である広家は、主家である毛利家が徳川家の味方をするように誘導したが、徳川家康の「毛利家の領土をそのまま保証する」という約束を反故にされてしまう。その結果、毛利家は120万石から30万石(現在の山口県)まで領地を縮小されてしまう。吉川家もそれまでの出雲12万石から岩国3万国に減封される羽目となる。そうして、吉川家の血筋は明治維新まで続くことになる・・・。岩国市にある吉川史料館には、この吉川家に伝わる膨大な歴史資料・工芸品など約7000点が収蔵されている。



この史料館では、年4回の展示替えを行っており、私が訪れた時期には、ちょうどタイミング良く「吉川広家の関ケ原合戦展」を開催していた。おかげで、「関が原の戦い」の舞台裏が示された貴重な史料を目の当たりにすることができた。例えば、吉川広家が戦いの前夜に徳川家康や黒田官衛兵・長政とやりとりした手紙や豊臣秀吉から拝領した短刀、千利休から送られた茶道具など・・・。特に関が原前後における書状のやりとりは、残されていること自体が驚くべきもので、歴史マニアにはたまらないアイテムだろう。(ちなみに、館内の写真撮影はOKとの事)

IMG_0759.jpgIMG_0760.jpgIMG_0761.jpgIMG_0763.jpgIMG_0774.jpgIMG_0767.jpgIMG_0768.jpgIMG_0769.jpgIMG_0770.jpgIMG_0771.jpgIMG_0777.jpgIMG_0772.jpg

なお、この時期は展示はされていなかったが、毛利家の宿敵である尼子家の忠臣 山中鹿之助を討った際に本人が所有していた兜を吉川元春が大事に保管しており、こちらも展示史料のうちの一つだという。これも歴史的には大変貴重な代物だ。山中鹿之助といえば、「我に七難八苦を与えよ」で有名な武将。



正直なところ、この史料館にはそれほど期待していなかったが、これほどの遺物を目の当たりにできるとは予想外で、大変貴重な経験をさせてもらった。

吉川元春―毛利を支えた勇将 (PHP文庫)吉川元春―毛利を支えた勇将 (PHP文庫)
浜野 卓也

PHP研究所 1997-08
売り上げランキング : 461057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

【歴史】Sabosanの戦国漫遊記(岩国編)その1/毛利元就の孫が開いた城下町

先日山口県の岩国市に出かける用事があり、ついでに観光名所でもある錦帯橋と岩国城に立ち寄ったので、その時の様子を。



まず、岩国といえば、その代名詞は錦帯橋だ。これは、日本三名橋の一つにあげられる五連の木造橋で、200メートルほどの長さを誇る。もともとのオリジナルは1673年に岩国藩の三代藩主によって建築されたが、昭和の台風によって一度流失している。その後、伝統技法を取り入れる形で再建された。

IMG_0757.jpgIMG_0758.jpg

錦帯橋を渡って、そのまま進むとロープウェー乗り場がある。それに乗って地横山の山頂に登ると、岩国城がそびえ立っている。岩国城は、天下分け目の「関が原の戦い」の後に出雲から岩国に転封された毛利家の家臣である吉川広家(毛利元就の次男である吉川元春の息子)が1608年に山頂に築いた山城である。しかし、その7年後に江戸幕府による「一国一城令」により破却の運命を辿ることに。現在のお城は昭和30年代に再建されたもので、眺望を考慮して場所も少し海側に移動している。



天守閣頂上からは錦帯橋などの岩国市内だけではなく、はるか瀬戸内海まで見渡すことができる。日本百名城の一つに数えられているだけのことはあり、絶景を楽しみたいならば、一度訪れてみて損はないと思う。

IMG_0787.jpgIMG_0788.jpgIMG_0791.jpg

さて、この後、ロープウェーで降りて、吉川家に関する歴史資料が展示された吉川資料館に足を運んだ。そこで驚くべき遺物を目のあたりにしたのだが、この続きは次回に。

錦帯橋かいわい―架け替えとともに錦帯橋かいわい―架け替えとともに

中國新聞社 2005-03
売り上げランキング : 1600285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

【歴史】「高槻市立しろあと歴史館」と「高槻城跡公園」を訪れる/キリシタン大名 高山右近の足跡をたどる

1.城下町の名残をとどめる高槻
先日とある所用があって、息子と二人で大阪府高槻市を訪れた。その所用が片付いたので、2〜3時間ほど市内を散策することに。かつて高槻市には法務局があり(現在は茨木市に統合済み)、20代の頃に当時の仕事の関係で何度かこのあたりを訪れたことがあるが、かなり久しぶりだ。

さて、歴史好きの私としては、有名なキリシタン大名である高山右近に興味を持っていたので、阪急高槻市駅の南側に位置する「高槻市立しろあと歴史館」と「高槻城跡公園」を訪れた。



まず、高槻市立しろあと歴史館だが、こちらは無料で入ることができる歴史博物館で、高槻の歴史を今も伝える遺物が数多く展示されている。館内は暗く落ち着いた雰囲気で、展示品は城下町の地図・鎧兜・槍と刀など様々だ。館内には親切なボランティアさんがいて、私たちに気さくに声をかけて展示品についての解説を行ってくれた。ボランティアさんによると、この辺り一帯はかつて高槻城の城下町で、碁盤の目のように美しく整備されていたという。

IMG_0689.jpgIMG_0690.jpgIMG_0691.jpgIMG_0694.jpgIMG_0695.jpgIMG_0698.jpg

2.右近の銅像が立つ高槻城跡公園
その後、すぐ南側に位置する高槻城跡公園を散策する。園内には、高山右近の銅像や庭園があり、当時の名残をしのぶことができる。

IMG_0699.jpgIMG_0700.jpgIMG_0703.jpg

ちなみに、かつて高槻一帯を治めた高山右近という戦国大名は以下のとおり異色の経歴の持ち主だ。

・右近はもともと地元の国人領主で、紆余曲折を経て織田信長が近畿圏を支配した後、阪神一帯の支配を任された荒木村重(伊丹城主)の与力となる。
・村重が信長に反乱を起こした際には、当初は従うが、最終的には信長に帰順して許される。
・豊臣政権の時代になると、それに従い本領を安堵される。しかし、最終的には秀吉のバテレン追放令を受けて、大名の地位を捨て信仰を選ぶ。
・その後は、加賀の前田家の客将として過ごすが、徳川幕府の成立後、フィリピンに追放処分となり、到着後すぐに客死する。

このように、地位ではなく信仰を選んだという戦国時代には珍しいタイプの大名だったようだ。私がときどき遊んでいるシミュレーションゲーム「信長の野望」にも高山右近は登場するが、能力値はそこそこで、水準以上の武将とされている。

2017-06-22-051038.jpg

今回の高槻訪問でキリシタン大名 高山右近の生前の足跡にほんの少し触れたわけだが、機会があれば、右近を題材にした小説でも読んでみようと思う。

新装版 高山右近 (講談社文庫)新装版 高山右近 (講談社文庫)
加賀 乙彦

講談社 2016-06-15
売り上げランキング : 98735

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

【歴史】横山光輝「三国志」が全話無料で限定公開/「むむむ」「ひ〜」「これは孔明の罠だ」など数多く名言を生み出した歴史長編漫画

4/21から4/23までの3日間で、電子書店のeBookJapanが横山光輝の「三国志」全60巻の無料読み放題キャンペーンを行った。


かつて学生時代に全60巻を収集していた私としては、なつかしく思いつつ週末を費やして全巻を読破。改めて読み直すと、物語前半のハイライトである曹操と袁紹の決戦(官渡の戦い等)が一部割愛されているが、三国志の名場面が全て網羅されており、本作は三国志の入門編としてはうってつけだと思う。

その後、社会人になった私は三国志から遠ざかっていたが、近年になって再びリバイバル中。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【その他】学生時代に夢中になった三国志がリバイバル中/その1(小説・漫画編)
企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【プライベート】横山光輝三国志のLINEスタンプ第2弾が登場/コーエーテクモ「三国志\」にハマる日々

最近でも「横山三国志」は、ネットで様々なネタにされたり、日経新聞のCMに使用されたりと世間でもその汎用性(?)を高く評価する声は数多い。





「横山三国志」は、日本人にいろいろな意味で「三国志」という物語に興味や関心を抱かせたという意味で、素晴らしい傑作だと思う(私もそれがきっかけで高校生の頃は世界史を選択した)。そういえば、5月にコーエーテクモからPS Vita版『三國志13 with パワーアップキット」の発売が決定している。本作では以前に紹介した「信長の野望 戦国立志伝」のような武将プレイができるらしい。いずれ、そのプレイの感想も紹介したい。



横山光輝「三国志」大研究横山光輝「三国志」大研究
横山光輝「三国志」研究会

潮出版社 2010-08-01
売り上げランキング : 75639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

【歴史】真田丸のクライマックスの舞台となった安居神社と茶臼山を訪れる/戦国時代が終焉を迎えた歴史的な場所

昨年に放映された大河ドラマ「真田丸」が人気を博したことは記憶に新しい。先日天王寺で友人と会ったのだが、せっかくなので、近辺にある真田幸村ゆかりの地を訪れることにした。



まず、訪れたのは安居神社。こちらは「大坂夏の陣」で幸村が徳川軍との激戦を繰り広げて、この地で休息していたところ、討ち取られている。住宅街の隙間にある、こじんまりとした神社で、幸村がもたれかかったという「さなだ松」(現在は二代目らしい)がある。また、幸村の銅像があり、触るとご利益があるとか。ドラマの最終回を思い出しながら、幸村の最後にしばし思いをはせてみる。

IMG_0183.jpg

IMG_0184.jpg

IMG_0187.jpg

IMG_0189.jpg

次に訪れたのは、安居神社から南に100メートルほど移動した場所にある茶臼山だ。天王寺公園内にある小さい山で、「大坂冬の陣」では徳川家康が、「大坂夏の陣」では真田幸村がこの地に本陣を置いている。はるか400年前には、ここに徳川家康や真田幸村がいたと思うと、不思議な感じをおぼえる。

IMG_0191.jpg

付近にはあべのハルカス(3年ほど前に途中まで登ったことがある)があるなど、このあたりは都会の中心地だが、夕方ということもあって静かなものだ。このように、しばし、歴史に思いをはせたわけだが、「真田丸」がなければおそらく訪れることはなかっただろう。

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
三谷 幸喜 NHK出版

NHK出版 2016-10-20
売り上げランキング : 8039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする