2016年12月14日

【転職】会社の同僚からの退職挨拶のメールを受け取る/こういうときに人間性が垣間見えるものです

私には同じ会社に勤めるAさんという同僚がいる。年齢は私より一回り下で、同じ会社に所属しているが、お互いに勤務場所が離れており、職種も違うため、普段は会う機会が全くない。しかし、あるきっかけで私とAさんは知り合いになり、今年の6月頃に一回だけ飲みに行ったことがある。ちなみに、以前にも記事にしたとおりiPhoneアプリ「Captio」「Launcher」を紹介したのは、実はこのAさん。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【iPhone】ハイスペックなスマートフォンをいかに使いこなすか/スマートフォンほど使用方法に個人差が出やすいものはありません

普段はAさんとは会う機会がなく、年明けにでも飲みにでも誘おうと考えていた矢先のこと。つい先日昼休みに、そのAさんから以下のようなメールを受け取った。

Sabosan様

お疲れ様です。
●●●●●のAです。

このたび、一身上の都合により12月31日をもちまして退職することになりました。
(最終出勤日は本日となります。)在職中はひとかたならぬお世話になり、誠に有難うございました。本来であれば、伺ってご挨拶すべきところですが、急なご連絡となり失礼いたしました。

末筆ではございますが、Sabosanさまのご健康、ご活躍を心からお祈り申し上げます。

急な話だったので、これを読んだ私は、非常に驚いたが、そういえば以前に会った時にAさんは「実は、本当にやりたい事が別にある」と意味深な発言をしていたような気がする。Aさんは自分なりに考えた上、別の道に転進することに決めたのだろう。ちなみに、個人的に嬉しかったのが、退職者が挨拶メールで多くの人に一斉に送るようなお義理の定型文章ではなく、シンプルだが、わざわざ私一人のために送られたメールであった点。私は、Aさんとは決して仕事上の接点があったわけではない。たった1回だけ飲みに行っただけの仲に過ぎない。しかし、それでもAさんはわざわざ私だけのために最後の挨拶をしてくれたわけで、その事実に少々感動。

それらをふまえて、私は以下のメールをAさんに返信した。

A様

お疲れ様です。
Sabosanです。

突然の御挨拶に正直驚きましたが、私も転職経験者ですし、いろいろな事情があったであろうことは推察します。Aさんも悩み抜かれた上の御決断であったと思います。実は、また来年あたりに飲み会を考えていたのですが、残念ですね・・・。

当社での御経験をもとにこれからも頑張って下さい!新天地でのAさんのご活躍を心よりお祈りしております。
これに対するAさんの返事はなかったが、何かしらのメッセージが伝われば、これに勝る喜びはない。

古来のことわざで、「袖触れ合うも多生の縁」という。師走を控えてバタバタしているこの時期に予想外の「別れ」があったが、こういう瞬間こそしみじみと考えさせられるものがある。まして、転職経験者である私にとって人事ではない。いずれにせよ、この場を借りて、Aさんの今後の活躍を祈ることにしたい。

肩の荷を下ろすとき: 純情な男が語る出会い別れ再起の15編肩の荷を下ろすとき: 純情な男が語る出会い別れ再起の15編
牧野 功

2015-02-10
売り上げランキング : 249496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

【転職】大企業出身者の「実力」について/会社の看板と個人の実力はまた別もの?

今回は久しぶりの転職ネタ。先日、久しぶりに会った友人Aさんから聞いた話がなかなかに興味深かったので、ここで紹介しておきたい。

彼は、某企業でハードウェア&ソフトウェアの開発職として勤務している。ある時期に関西の某大手企業をリストラされた人が何人か中途採用(マネジャーでなくプレイヤーとして)で応募してきたらしい。Aさんは面接の場に同席することも多く、応募者と30分ほど話をすれば、当人の実力と人柄がおおよそわかるのだという。しかし、Aさんが言うには、「大手企業出身者だからさぞかし優秀な人物だろうと思っていたが、会ってみると肩透かしをくらうことも多い」とか。

以下は、Aさんの発言を要約したもの。

・大企業出身者といっても、実際の開発作業は部下や外注先に丸投げすることが多く、何も所属者全員が実際に優れたスキルを有しているとは限らない。
・前職のポジションは、比較的経営が安定していた時代の年功序列の恩恵によることも多く、今回のようにリストラに遭遇すれば、本人の「真の実力」が転職市場で問われることになる。しかし、困ったことに「会社の看板」と「個人の実力」を混同している人も多く、なかなかに始末が悪い。
・本人自身は「大企業に勤務している」という立場に満足して、自己研鑽を怠ったのではないか。
・そもそも優秀な人材ならば、会社が手放すはずがなく、そのような人材はなかなか転職市場には流れて来ない。
・個人的な意見としては、「会社の看板」と「人材の質」は全くの別ものと考えている。

私も転職経験者なので、Aさんの言葉を興味深く聞いたが、なるほど一理あるような気がする。結局のところ、会社の看板に「おんぶ」するのではなく、継続的に自己研鑽を続けて「自分の実力」を向上させることが大切だと思う。

実力主義でキャリア・アップ―私の外資系企業転職記実力主義でキャリア・アップ―私の外資系企業転職記
三根 健一

文芸社 2002-04
売り上げランキング : 1547763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

【転職】コネ転職の是非について/あくまで一個人の見解ですが・・・

先日たまたま目にしたネットの記事では、「コネを利用した転職は是か非か?」について論じられていた。その結論としては、「コネは当人が持つネットワーク力のあらわれだから、それを転職に生かすのは決して悪いことではない」とまとめられていた。その考えには一定の理解はできるが、現実的には一概にはそう言い切れないケースも多々あると思う。例えば、私が知人から伝え聞いたエピソードを以下のとおり紹介したい。

・甲社のA社長は、乙社(甲社とは全くの別事業)に勤めるBさん(50代)と顔見知りで、Bさんを甲社にヘッドハンティングした。その結果、Bさんは甲社において某部門のマネジャーというポジションで高待遇で迎えられる。
・その後、Bさんは乙社時代の元部下Cさんを呼び寄せて、自分の部下とした。
・しばらくしてから甲社は業績悪化に陥り、A社長はその責任をとって、辞任することになった。やがてBさんは甲社にいずらくなったのか入社1年半ほどで退職せざるを得ない状況に追い込まれた。
・Cさんもしばらくすると甲社を退職していった。

Bさんにしてみれば、「A社長が健在の間は自分の立場は安泰だろう」という胸算用があったのかもしれない。しかし、A社長の失脚によって、社内に自分の居場所がなくなり、なまじ高い年収を有していたためにリストラの対象となり退職に追い込まれたのだろう。このエピソードを聞くと、「やはり転職というのはリスキーな一面があるなあ」と感じる。たとえ友人同士であっても、「仲がいい」と「一緒にビジネスをする」ということは、切り分けて考えるべきではないだろうか。会社は「仲良しクラブ」ではなく、各人の様々な利害関係がうずまいているのだから・・・。コネで入社したとしても、きちんと成果を出すことができるならば問題ないが、そうでないならば、Bさんのように「友人」と「仕事」の両方を失いかねない。

転職経験がそれなりに豊富な(?)私の場合はどうかというと、コネという便利なツールは全く持っていなかったので、自分の足で人材紹介会社を回り、求人情報をチェックし、書類選考・面接を繰り返したものである。最終的にはその時その時の状況でじっくり吟味して決断したつもり。逆にコネという一種のしがらみがなかったので、自分のキャリアや損得勘定をふまえてよくよく考え抜くことができたと思う。もちろん、そうして転職活動がうまくいっても、入社してからが大変なのだが・・・。

いずれにせよ、今回のBさんとCさんのケースは、ビジネスパーソンならば何かしら感じることがあるのではないだろうか。

コネこそ実力! コネで入って何が悪い!コネこそ実力! コネで入って何が悪い!
砂山 擴三郎

ダイヤモンド社 2013-05-31
売り上げランキング : 138513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

【転職】退職時に垣間見えるささやかな人生ドラマ/人の去り際に一つの美学を感じた瞬間

1.師走に去る人
先月の話だが、おつきあいのある某法律事務所の某弁護士さん(ここでは仮にAさんとしておく)が他事務所に転職するために事務所を退職するらしく、以下のメールを受け取った。

Sabosan様

いつも大変お世話になっております。
●●●法律事務所のAです。

私事で大変恐縮ですが、この度12月●●日付で退職することになりました。
突然のご連絡となるご無礼をお詫びするとともに、在職中は大変お世話になりましたことを御礼申し上げます。本来でしたら直接ご挨拶へ伺うべきところですが、略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶とさせて頂きます。

Sabosan様には短い間でしたが、大変お世話になりました。
至らぬ私に辛抱強くお付き合いくださり、ご愛顧いただきましたこと、お礼の申しようもありません。

今後ご縁がありましたら、またご指導ご鞭撻を頂けますと幸いです。
最後になりましたが、皆様のますますのご活躍を心からお祈り致します。

●●●法律事務所
A


私がAさんと知り合ったのは、ちょうど1年程前で決して深いお付き合いでもなかったが、この丁寧なメールにAさんの誠実な人間性を感じ、私は心をほだされてしまった。転職経験者である私としても、新天地に向かうAさんに是非エールを送りたいと思ったので、以下のような返事を書いた次第。

●●●法律事務所
弁護士 A先生

お世話になります。
Sabosanです。

丁寧なご連絡ありがとうございました。
A先生には、これまで何度かご相談に乗って頂き、大変お世話になりました。
私も転職経験者ですので、A先生の現在のお気持ちは推察することができます。現在は、希望と不安が入り混じったご心境かと推測致しますが、どうぞ自信をもって新天地にご転進の上、ご活躍頂きますよう心よりお祈り申し上げます。

Sabosan


2.去り際こそが美しい?
以前にも本ブログで退職時のエピソードについて触れたことがあったが、職場を去る際にこそ当人の人間性が一瞬垣間見えるもの。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【転職】転職するにあたり退職予定者がするべき4つのこと/自分の過去のケースを思い出してみました

学生ならば、毎年3月には別れの季節が到来するが、社会人ともなると、人が別れる機会は人事異動と退職ぐらいしかない。だからこそ、こうした「別れ」には人生のおもむきを感じることもある。例えば、「桜は散り際が最も美しい」というが、今回のAさんのように、人が職場を去る際にも一種の美を感じることもある。

そうしたささやかな感動を忘れたくないので、AさんのメールをEVERNOTEに保管したが、またいつかの機会に振り返ってみたい。

別れる力 大人の流儀3別れる力 大人の流儀3
伊集院 静

講談社 2012-12-11
売り上げランキング : 66914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

【転職】転職回数の多い人材はダイバーシティ(多様性)に貢献するか否か/いい面と悪い面がありますが・・・

1.転職回数の多さとネック
先日ビジネス系ニュースサイトでとあるコラムを読む機会があった。そのコラムでは、転職活動を行う場合、応募者の転職活動の多さがネックになる可能性について触れており、例えば「応募者が30代で転職回数が1〜2回程度であれば、許容範囲だが、4〜5回では転職回数が多過ぎるので、採用側からマイナス評価を受けかねない」というもの。その理由としては、転職歴があまりにも多い応募者の場合、「採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?」「協調性に欠けた問題人物なのでは?」という懸念を持たれるためとあった。



転職自体がだいぶメジャーになったとはいえ、そのような評価を持たれる可能性は十分にあるだろう。かくいう私自身も年齢に比べると、転職回数がわりと多めなので、過去の転職活動時でもそのような理由により書類選考や面接で落とされたことがあった。ただ、採用側の立場にたって考えると、先のような懸念が生じるのは無理からぬ点なので、個人的には別に恨む気持ちはないが、多少は自己弁護させてほしい。

私のような複数回の転職経験者は、当然ながら過去に様々な職場で働いた経験があり、様々な業種・同僚や上司・社内ルールに触れる機会があるため、社会というものは決して単一的・画一的ではないことを肌身で感じている。そして、そうした経験は本人の視野を広めるきっかけになり、ビジネスパーソンとしての成長を促す側面を有していると思っている。つまり、頭の中に多くの「引き出し」があるため、物事を多面的かつ複合的に見つめることができるのではないだろうか。

これまでの日本企業というものは、同質性を非常に重んじる文化であり、人材は新卒一括採用した上で、自社で育成することを好んでいた。その結果「同じ方向に向いた人材」のみが大量生産されることになった。高度成長期ならばそれはむしろ効率が良かったものの、現代のように環境変化が激しい時代では、それはリスク要因になりかねない。例えば、あまりに激しい環境変化のため、それにうまく順応することができず経営不振に陥った大手電機メーカーが過去に存在したことは記憶に新しいところ。

2.ダイバーシティ・マネジメント
近年「ダイバーシティ・マネジメント」という言葉を耳にする機会が多い。これは、最近大手企業が多様性を重んじて、様々な国籍や考え方をする人材を自社に取り入れて企業経営に生かそうとするもの。しかし、こうした考え方を重視するようになったということは、同一性や均質性を重んじる典型的な日本的企業文化では環境変化が激しいグローバル時代にうまく適応できないということを企業自身が自ら認めたようなものではないだろうか。



ダイバーシティ・マネジメントは多様性を重んじるのだが、先に述べたとおり転職経験者は「複数の職場を経験して世の中には複数のルールや考え方があることを身をもって実感している人材」である。すると、転職歴が多いからといって選考時にあっさりと落とすのではなく、少しは採用に前向きになってくれてもいいと思うのだが・・・。

例えば、私自身の経験を紹介すると、これまでの法律相談業務の一環でプロパーの社内クライアントと打ち合わせを行った際に、以前の職場の経験を生かした解決策をいくつか提示することがあるが、「そういう考え方もあるんだね」「過去にそのようなやり方を考えた人はいなかったなあ」と言われることもたびたびある。従って、多くの職場を経験することは「多くの思考の引き出し」を生み出すことにもつながるような気がするのだが、いかがだろうか。

実践ダイバーシティマネジメント 何をめざし、何をすべきか実践ダイバーシティマネジメント 何をめざし、何をすべきか
リクルートHCソリューショングループ

英治出版 2008-07-08
売り上げランキング : 22539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

【転職】新しい会社の人とうまくやるためには、前の会社の話をあまりしないほうがいい/転職先にうまく溶け込むためにも注意するべきこと

1.転職者が注意するべきこと
先日、ライハッカーで次のような記事を見つけた。

新しい会社の人とうまくやるためには、前の会社の話をあまりしないほうがいい

本記事の要点は、以下のとおりだ。

・転職して新しい会社に入社したら、前職との違いが気になる点も多々あるだろうが、あまり話を持ち出さない方がよい。
・あまりやり過ぎると、前の会社が恋しいと思われて、「よそ者」扱いされてうるさがられるからである。

これについては、私も全く同感。転職して新しい会社に入れば、前職の話は極力行うべきではない。

2.私の場合
私にはそれなりの転職経験があるが、もちろん、転職後には、以前の会社の話を持ち出すことはしなかった。ただでさえ、転職者は「まずはお手並みを拝見」という一種の値踏みをされているものだ。そのような状況の中、前職の話をひけらかすのは、遠まわしに前職を自慢して、転職先を批判しているようなもの。従って、転職当初の私は、以下の点に集中したものである。

・自分は新参者という意識を忘れることなく、謙虚な気持ちで周囲の人間関係構築に全力を尽くす。
・入社当初の自分のミッションを把握した上、素早く、正確な結果を出すように努める。
・いきなり「大きな仕事(=ホームラン)」を狙うのではなく「小さな仕事(=ヒット)」をこなして、上司と周囲の信頼を得る。
・「小さな仕事」を着実にこなしつつ、機が熟したら、入社当時感じた疑問点や問題点をクリアする「大きな仕事」に取り組む。

言うまでもないが、企業法務担当者にとってのクライアントは、社内の各部門(営業・開発・購買など)に所属する人たちということになる。新しい会社に転職した直後は、当然ながらクライアントがゼロなので、地道に営業活動を行いつつ、スピーディに良質の仕事を行ってクライアントの信頼を得ていくことに全力を尽くすべき。もちろん、前職の話をひけらかして、相手方に悪印象を与えるようなことは絶対に行うべきではない。私は、人から聞かれない限り、前職時代の話はせず、聞かれても適当にぼかすようにしていた。

そんなこんなで、新しい会社で地道にがんばっていると、知名度も徐々に向上するようになり、自然とクライアントも増えて、様々な案件が持ち込まれるようになる。これはある意味、信頼の裏返しであり、とてもありがたいことだ。

35歳からの転職に失敗する人の共通点|35歳からの「転職のススメ」|ダイヤモンド・オンライン
3人に1人は転職したことを後悔!? なぜ人は前の職場が恋しくなってしまうのか|イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司|ダイヤモンド・オンライン

転職そのものには、昔に比べるとかなりメジャーになっているものの、リスキーな人生選択であることは間違いない。上記のとおり、一歩間違えば失敗するケースもある。これは個人的な考えだが、転職者は新しい会社に入社してから半年〜1年ほどが「勝負の分かれ目」だと思う。この間にどのようなパフォーマンスを出すかによって周囲の自分を見る目は大きく異なってくる。従って、その間は特に注意して新しい会社に溶け込むことに集中したい。

転職の赤本転職の赤本
鈴木康弘

エンターブレイン 2012-12-14
売り上げランキング : 141927

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

【転職】自室の整理整頓で過去に利用した人材紹介会社の名刺を発見/なぜか捨てることができずに置いていました

1.自室の整理整頓
この週末に自宅の部屋を整理整頓していると、珍しいモノを発見。それは過去に私が転職活動を行ったときに人材紹介会社で打ち合わせ時に担当者から頂いた名刺の一部であった。

20130624人材紹介会社担当者名刺
20130624人材紹介会社担当者名刺 posted by (C)Sabosan

転職活動した際に利用した人材紹介会社は、大手や中小を含めて12〜3社前後だが、なぜからこれらの5枚だけが残っていた。たいていの人は、転職活動を終えると、このような名刺や求人情報などは処分するものだろう。しかし、私の場合、捨てることなくそのままファイルに放り込んでいた。なぜなら、自分が経験した人生一大のイベントである転職というものを自分の記憶からそのまま風化させたくなかったからである。

転職を経験した方であれば、おそらく共感して頂けると思うが、転職によって新しい会社へ職場を変えると、キャリア・スキル・給料・人間関係というものは、いい意味でも、悪い意味でも文字通り一変してしまう。それだけに転職というものは、やはりリスキーな一面があり、慎重に決断する必要があるのだが、転職先に入社する前にこれらを全て把握することはもちろん不可能。従って、これらのリスクを了解した上で新しい環境に飛び込むしかない。幸いなことに、私の場合は、まずまず満足できる結果に終わったのだが、もし別の業界の別の会社に転職していれば、”悲劇”が待ち受けていた可能性については以前にも触れたとおり。

【転職】現在の不動産系会社の法務求人状況は?/この業界に行かなくて正解でした: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

このように、自分があやうく”転落”しかけるほどの綱渡りな人生を送ったことを忘れないためにも、お世話になった人材紹介会社の担当者の名刺を捨てずにいた。ただし、肝心の人材紹介会社の担当者の顔はもはやすっかり忘れてしまったが、こういった方々との縁によって今の自分があるというのが「人生の妙」だなと思う。

とりあえず、見つかったこれらの名刺は、メタノートにでも糊付けしておくことで、引き続き保管しておこうと考えている。

【情報整理】「メタ・ノート」に自分が興味をもった資料等も貼り付けて雑記帳のようにする/これも立派なライフログの1つです: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

2.人材紹介会社と転職市場
本ブログでは、過去に転職活動に関する出来事の紹介という一環で、人材紹介会社についてもいくつか触れている。

【転職】転職時の心得 その5/人材紹介会社をうまく活用する。: 企業法務担当者のビジネスキャリア術
【書評】「人材コンサルタントに騙されるな!」山本直治(PHP研究所)/人材紹介会社のおかげで人生が大きく変わった私には印象的な一冊: 企業法務担当者のビジネスキャリア術
【転職】人材紹介会社から転職の勧誘を受ける/丁重にお断りしました: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

リーマンショック直後の転職市場はボロボロで、これらの人材紹介会社でもキャリアエージェントのリストラが行われたほどだ。果たして、私が名刺を頂いた方々の現況は、もちろん定かではない。現在の国内経済は、アベノミクス効果で景気の行方にかすかな光明が見えているが、まだまだ不安定であり楽観視することはできない。

本記事の執筆に際して、久しぶりにenジャパンのサイトで関西の法務求人を検索してみたが、登録件数は10件ほどで、私が転職活動をしていた頃(50〜60件ヒットした)とは雲泥の差だ。過去に”常連”として登録されていた関西の大手電機メーカー数社の求人も今や経営状況の悪化のためか、今や完全に姿を消している(匿名求人であっても、おおよそどの会社が募集しているかはわかるもの)。こうした現在の状況では、転職活動をする人にとっては依然としてハードルが高いと思う。

転職なら[en]転職コンサルタント −年収800万以上の転職情報満載−


人材紹介の仕事がよくわかる本人材紹介の仕事がよくわかる本
小松 俊明

日本実業出版社 2009-11-06
売り上げランキング : 22424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

【転職】転職者が入社してから留意するべきこと/過去の自分を振り返ってみました

最近、私の知人が転職したという噂を耳にした。これまで働いていた業界とは全く異業種らしく、苦労しているらしい。

転職者が転職活動を行うこと自体も大変な苦労を伴うものだが、本当に大変なのは、いざ内定を得て転職先に入社してからである。かくいう私もそれなりに転職経験があるのだが、入社直後は全く新しい環境に慣れるまでに緊張の日々が続いたものである。特に入社日〜3ケ月間は、精神的にも肉体的にも疲労しがちだ。

今回は、そのことについて触れてみたい。

1.入社日当日
数度の面接で会社は何度か訪れているのだが、いざ正式な社員として出社する場合、非常に緊張するものである。これは何回転職しても同じだ。私も初出社の日は、いやでも早く目が覚めてしまった。そして、身だしなみを整えつつ、忘れ物がないか入念にチェックする。また、入社時のあいさつのスピーチも用意しなければならない。

出社すると、人事部門担当者の案内のもと、入社後に自分が所属部門を訪れた上、上司や同僚となる人たちとあいさつをし、名前をしっかりと覚える。そして、上司とミーティングを行い、自分の受け持つ仕事について確認する。これが非常に重要。これからその会社で働くにあたり、自分の位置づけや目標をしっかり把握しておかなければならないからだ。

そんなこんなで、入社1日目はあっという間に終わってしまう。初日は未知の環境に慣れるのに全エネルギーを費やすため、精神的にクタクタになって帰宅する。この時点では転職して果たして正解だったのか否かはまだわからないだろう。

2.入社後3ケ月間
入社して3ケ月もたてば、会社の内部事情についておおむねわかってくる。とはいうものの、周囲からは「この新参者は果たしてどのような人間なのか。仕事はデキるのか」などと興味半分でみられているため、気を引き締めて仕事に取り組まなければならない。また、そのためか、ついつい目立つ「手柄」をたてようとあせってしまうが、空回りしてはいけない。ここはあせらずじっくり落ち着いて、周囲の状況の把握に努めつつ、自分に割り当てられた仕事にコツコツと取り組むこと。新参者の分際で社内の問題点を意見したり、既存のやり方を批判したとしても「生意気な奴」と思われるだけで、まだ相手にしてもらえない。私の場合、「これはこうした方がいいのではないか」「この仕事はこうすればもっとうまくいくのに」といった疑問点はとりあえず、自分の胸の内にしまっておく一方、将来に取り組むべき課題として手帳などに記録していた。

むしろ、企業法務担当者であるならば、全力を注ぎたいのが社内クライアントとの間で密なコミュニケーションをとることだ。初対面時には丁寧にあいさつを行い、好印象を与えることに努める。社内クライアントとの人脈が確保できなければ、仕事で実績をあげる機会そのものがないからだ。私の場合、初対面の方から仕事を受注した場合、最優先でこれにとりくみ、フィードバックを行って、その質とスピードをアピールするようにしていた。こうして社内に「お得意さん」を徐々に増やしていくことに全力を注ぎ込む。

3.入社日より1年間
1年もたつとさすがに会社のルールや人間関係等についておおむね理解が進んでくる。この段階になるともはや新人ではない。自然と社内人脈が広がり、飲み友達なども増えることになる。自然と社内クライアントから相談の声がかかるようになれば、企業法務担当者としての転職はまずまず成功だといってよいだろう。そして、入社後に疑問に感じた点、改善点などは、上司に相談の上、積極的に取り組んでいく。すなわち、ルーチン業務とは別に、自分で自分の仕事を作りこんでいく「創職活動」である。ハードルは高いが、これにとりくめるということは、転職者がそれだけの実力を備えているということの裏返しでもある。

以上、過去の自分を思い出しながら、いろいろ書き連ねてみた。転職経験者ならば、いずれも共感して頂けるのではないだろうか。

キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則
石山 恒貴

ダイヤモンド社 2012-01-27
売り上げランキング : 27098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

【転職】転職するにあたり退職予定者がするべき4つのこと/自分の過去のケースを思い出してみました

1.突然のあいさつメール
先日、会社のパソコンでメールをチェックすると、他部門の方より近日中に退職する旨のあいさつメールを受信した。本人とは廊下で挨拶する程度の関係であったが、突然のこともあり少し驚いてしまった。

転職経験者である私も退職の意思を会社に伝えてからの「すがすがしさ」と「後ろめたさ」という複雑な感情が混ざった状態は、よく理解しているので、是非彼にエールを送りたいと考えて、以下のようなメールを送信した。

お疲れ様です。
Sabosanです。

私も転職経験者なのでこれから転職しようとする人の気持ちはよくわかります。
ご自分の将来を考えた上、いろいろ悩まれたであろうとお察しします。
勤務時は●●さんとあまり接点がありませんでしたが、新天地でのご活躍をお祈りします。

さて、よい機会なので、今回は複数の転職経験がある私より所属会社を退職するにあたり留意するべきことについて触れてみたい。

2.退職願いの提出
これは上司の手すきな時間をみはからって「折り入ってお話があるのですが…」と耳打ちした上で、個室で会社を退職したい意思を伝えるのがセオリーである。もちろん口頭だけではNGで、きちんと書面(退職願い)を提出する。ただ、それまでに転職先の面接などで有休を頻繁にとったり、定時退社を繰り返していれば、カンのいい上司ならば、「コイツは転職活動しているんじゃないか」と察しているケースもあり、その場合は、「やっぱり…」とうなづかれることも多い。

ここで注意しなければならないのが、上司に退職することを伝える前に、周囲の同僚などにうっかり漏らしてしまうことである。いずれ辞めてしまって縁が切れてしまう会社とはいえ、社会人としてマナーはきちんと守りたいところ。私自身も在職中には仲の良い同僚には転職活動していることは絶対に話さなかった。

そういえば、名前はもう忘れてしまったが、過去の同僚に「俺はじきに辞めるから」「たぶん桜の咲く頃には俺はいないだろうね」「夏が終わる頃にはここにはもういないよ」という「辞める」発言を繰り返した人物がいた。しかし、このような発言とは裏腹に全く辞める気配がなく、周囲の人には「またか」と相手にされていなかった。結局、私が当人より早く退職してしまい、風のうわさでやっとのこさ退職したことを後になって知ったが。いずれにせよ、日常より退職するということを言いふらすのはNGであろう。

3.退職前の引き継ぎ
上司に退職願いを提出してしまったら、もう後には戻れない。次の転職先での成功を目指して邁進するのみである。しかし、少なくとも周囲の同僚への最低限のマナーとして、自分が担当していた業務を同僚に円滑に引き継がせるためのマニュアル作成や、説明などを欠かしてはならない。ここできちんとした引き継ぎができるか否かで退職者に対するイメージは固定されてしまう。まあ、「辞めた人物は3日もすれば周囲に忘れ去られる」とは言うものの、これも社会人としてのマナーの問題である。退職日までに手抜かりなく引継ぎを万全に済ませておきたい。

4.備品の返却
退職するにあたり、会社から支給された社員証・社章・業務マニュアル・健康保険カードなどを上司を通じて返却する。返却漏れがあると、退職後に再度会社を訪れることになりかねないため、きちんとリストアップしておくこと。また、自分が使用していたパソコンのログインパスワード等も上司に報告しておくべき。過去に「どうせ辞めるのだから…」と文房具などの会社の備品を根こそぎさらっていく「猛者」もいたが、さすがに私にはそのような度胸はない。

5.同僚へのあいさつ
そして、最後にやることは、お世話になった方々への退職時のあいさつである。私の知っている人(特に女性)は、お菓子などの記念品を一人一人に手渡している人がいた。(私はそのようなことは一切しなかったが)在職中にはお世話になった旨を伝え、お礼と最後のあいさつを行う。私の場合、この最後のあいさつで初めて退職を知った人もおり、「え!辞めちゃうの?」と仰天されたこともあったが、そのわたりは割り切るしかないもの。

ここで、私が今でも覚えている心温まるエピソードをご紹介したい。私がその会社を退職したのは2月だったが、ある人は、「今までお世話になりました」と昼食をごちそうしてくれた。また、別のある女性は、なんとバレンタインチョコ(もちろん義理だけど)をくれた人もいる。その時はさすがに私も「辞める人間にここまでしてくれるなんて…」と感動した次第である。一方で、あいさつに行っても「あ、そう」的なそっけない人もあり、こういった瞬間にその人のホンネが垣間見えてなかなか興味深い体験をさせてもらった。

さて、以上の出来事が終われば、もうその会社でやることはない。静かにその場を立ち去るのみである。あとは次のステージである転職先での成功のみに意識を集中したいところ。

6.まとめ
私自身は、何度もこういった退職手続きを経験したが、今振り返れば、在職活動中の転職活動というものには、多大なエネルギーを要するが、いざ内定が決まって、現職を退職するときにもそれなりの気疲れを経験するもの。しかし、転職で自分の人生を良い方向に導きたいと考えるならば、これも絶対に避けて通れないハードルではある。そのため腹をくくって乗り越えたいところである。

退職時のマナーを守って最後までよい印象を [ビジネスマナー] All About

退職のトリセツ 〜いちばん得する会社の辞め方〜退職のトリセツ 〜いちばん得する会社の辞め方〜
中村 敏夫

晋遊舎 2008-09-25
売り上げランキング : 173820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

【転職】保険会社に転職した友人より生命保険の勧誘を受ける/なかなか大変なお仕事のようです…

1.A氏から保険の勧誘
先日、長らく音信不通であった友人A氏より連絡を受けた。近況報告も交えて話はいろいろはずんだのだが、一通りそれらの話が終わると、次のような提案を受けた。

「実は、今度保険会社に転職したけど、ウチの保険を考えてみてくれないか?」

そうは言われても別の保険会社のサービスを利用しているので、それはちょっと難しいと答えた次第。結局のところ、A氏が私に連絡してきた目的は生命保険の勧誘だったようだ。少々興ざめしたが、A氏も転職直後で成績を上げようと必死なのだろう。

2.過去にも同様のケースがありました
そういえば前職に在職中にも、生命保険会社の新人女性営業マンにしつこく勧誘を受けたことがある。当時は取引先でもある某大手保険会社の営業マンが自社の社員に対して定期的に営業を行っており、私も何度かアンケートに答えたり、販促品をもらったりしていた。ただし、私の愛想が良かったせいか、「コイツは落とせる!」と思われていたようで、かなりしつこく食い下がって勧誘されてしまった。しかし、私が断り続けた結果、この女性はついに姿を見せなくなった…。私自身は他人に対して結構寛容な方だが、さすがに「お金」が絡むと非常にシビアとなるのだ。(こう見えても一応関西人ですから)

3.生命保険会社の営業員の実態とは
私も雑誌やネットなどで目にしたことがあるが、保険の営業マン、特に歩合制の個人事業主はかなりシビアな業界のようである。

・固定給が保障されるのは最初の一定期間のみで、それが過ぎると、完全歩合制へと移行する。成績が良ければ収入は青天井だが、悪ければゼロもありうる。
・転職直後の保険営業マンは、まず親、兄弟、親戚に勧誘しまくる。その後友人、知人など自分が有する人脈をフル活用して営業を行う。しかし、その結果、友人をなくすことも多い。
・電話、コピー、販促品(お客さんに配るティッシュやお菓子など)は自腹扱いとなるため給料から控除される。
・常に自分や同僚の成績表が職場に掲示されて、比較対象となる。
・離職率が非常に高い。年間8割もありうる。
・事故が起きたときに契約者からの問い合わせがあるため、土日などの休日なども対応しなくてはならず、気の休まるときがない。


結果を出せる人には良いのだろうけど、そうでない人にはなかなかキツイ業界だと思う。私には到底無理かな…。残念ながら今回は力になれなかったが、A氏の健闘を祈りたいところである。

生命保険の「罠」 (講談社+α新書)生命保険の「罠」 (講談社+α新書)
後田 亨

講談社 2007-11-21
売り上げランキング : 18285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする