2016年06月08日

【社会】NHK「クローズアップ現代」で奨学金破産が特集される/私も学生時代に奨学金のお世話になっていました

先週の6月2日にNHKで放映された「クローズアップ現代」において、奨学金破産の実態が紹介されていた。大学生が大学の授業料のために何百万もの奨学金を借金したが、卒業後に十分に返済することができずに、自己破産に追い込まれる人が年々増加しているという。その主な要因として、非正規雇用の増加によって若者の給与水準が低下していることが指摘されている。

“奨学金破産”の衝撃 若者が… 家族が… | NHK クローズアップ現代



私自身も大学生の頃に奨学金を利用していたため、本番組は大変興味深く鑑賞した。ちなみに、私が申し込んだのは、日本育英会(現:日本学生支援機構)の第2種(利息がつくタイプ)の方。大学卒業後は、毎月少しづつ返済していたが、ある日利息分がもったいないと思い、日本学生支援機構に一括返済させてほしいと問い合わせてみた。すると、OKだったので、貯金を崩して残金を返済した記憶がある。というのも、私はギャンブルだけではなく、借金もあまり好きではないからだ。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【書評】井川意高「熔ける 〜大王製紙前会長井川意高の懺悔録〜」(双葉社)/社会的にも注目を浴びた背任事件の真相とは?

ただ、これは私が結婚するまで実家にいて、そこそこの貯金ができたおかげだろう。もし、社会人になった直後に一人暮らしでもしていたら、それほどの貯金はできず、一括返済は難しかったかもしれない。

しかし、奨学金(という名前の教育ローン)を利用して通学した大学だが、今振り返ってみると、「学歴」という就職・転職活動に最低限必要な肩書きを取得しただけに過ぎず、社会に出るための実践的なスキルについては、ほとんど教わらなかった。むしろ、学生時代に経験した様々なアルバイトの方が人間観察などの面でよっぽど勉強になった気がする。さらに、企業法務担当者に求められるビジネス・法務・ITなどに関するパーソナルスキルは、私が社会人になった後に自力で習得したのが大半で、大学の授業というものは全く役に立っていない。それだけに、自己破産のリスクをとって多額の借金をしてまで、あまり中身がない大学に入学しなければならない社会の仕組みにやり切れなさを感じるが・・・。

貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち (講談社現代新書)貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち (講談社現代新書)
藤田 孝典

講談社 2016-03-16
売り上げランキング : 930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

【社会・経済】就職活動の時期来たる/社会人予備軍への私なりのアドバイス

今月に入って2017年卒業予定の就活生を対象とした採用活動が解禁された。各地で就活説明会などが開催されているためか、仕事帰りの電車や駅のあちらこちらで初々しいスーツ姿に身を包む若者たちを見かけることが多くなった。自分が就職活動をしていた頃を思い出しつつ、「大変だなあ」と感じることが多い。

そうした中、先日某知人の紹介で、就職活動中の学生と知り合う機会があったが、社会人としての心構えや仕事への取組みの姿勢について、私からアドバイスをさせてもらったので、以下のとおり簡単に紹介したい。

<アドバイスの要旨>
・学生時代は自分の気の合う人とだけ付き合って仲良くしていれば良いが、社会人は気の合わない人とうまくコミュニケーションをとって成果を出さなければならないときがある。つまり、ビジネスパーソンには、一定の人間関係構築能力が求められる。
・「最初に勤めた会社に3年は勤務するべき」という通説があるが、個人的には同感。(自分にとって身体的・精神的にダメージを受けるほどのブラック企業でない限り)まずは、なんらかの「縁」があって入社した会社で様々な経験を積んで、自分を成長させることに専念すること。それでも、どうしても違う道に進路転換したい場合に初めて転職を意識する。
・若手社会人が身に着けるべき仕事スキルとして、経済産業省が「社会人基礎力」という基準(アクション・シンキング・チームワーク)を公表している。この内容は、大多数の企業が求める若手人材の採用基準にほぼ合致しているので、就職活動のヒントとして把握することをお勧めしたい。
社会人基礎力(METI/経済産業省)
・無事内定がもらえても、就職してからの取組みが非常に大事。まずは言われたことをマニュアルどおりに完璧に実行することに専念する。仕事に自分流のオリジナルを出し始めるのは、入社3〜4年後でも構わない。
・特に以下のブログは仕事に対する考え方の良いヒントが示されているので、チェックすることをお勧めしたい。
企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【お勧めサイト】ブログ「Books&Apps」/ビジネスパーソンが仕事の本質を考え直すヒントになります

私がアドバイスを行ったシューカツ生もどのような企業に働きたいのか、あまり明確なイメージが固まりきれていないという印象だったが、これは致し方ないと思う。日本の学生は、職業や仕事に対する教育を受ける機会がほとんどないからだ。従って、このあたりは失敗しながらも、手探りで自分なりの価値観を模索していくしかないだろう。

入社1年目の教科書入社1年目の教科書
岩瀬 大輔

ダイヤモンド社 2011-05-20
売り上げランキング : 296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

【社会・経済】マイナンバーの通知カードが我が家に到着/ただちに個人番号カードの交付申請を行う

先日、我が家にマイナンバー(個人番号)の「通知カード」が到着した。内容を確認すると、白地で縦長の通知書が家族分同封されている。希望者には「個人番号カード」が交付されるようだが、妻と話し合った結果、夫婦二人分だけ申請して、もらったカードは金庫に保管しておこうということになった。というのも、個人番号カードは極めて強い個人証明になるため、免許証のバックアップ的な目的で所持しても損はないかな、と考えたからだ。

あと、念のため家族分のマイナンバーは手帳にメモした上、通知カードの撮影画像をiPhoneのメモアプリに貼り付けた。クラウド型のEVERNOTEに記録するのは情報流出の可能性を考慮すると、少々怖いので、さすがにそれはやめておく。

ニュースによると、マイナンバーの用途は、国民の社会保障や税金などの行政手続きの利便性を高めるためとされている。しかし、一方で、悪くとれば収税力の強化など国民統制のための布石とも解釈できるような気がする。

マイナンバーとは | 特集-マイナンバー:政府広報オンライン


いずれにせよ、マイナンバーは私達にとって極めて重要な個人情報であることには間違いない。従って、きちんと管理しなければならないだろう。

大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度
青木 丈

講談社 2015-08-26
売り上げランキング : 1276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 04:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

【社会・経済】空間用虫よけ剤4社に景品表示法違反に基づく措置命令が検討中/我が家も同じ商品を使っていますが・・・

先日たまたま目にしたのがこちらのニュース。

空間用虫よけ剤4社に措置命令検討 消費者庁:朝日新聞デジタル



このニュースによると、メーカーが発売している空間虫よけ剤に十分な効果が見られないとして、消費者庁が景品表示法違反に基づく措置命令を検討しているとの事。実は、我が家でも全く同じ商品を玄関のドアノブにかけて使用しており、ちょっとしたショックを受けている。私のような素人にしてみれば、「この商品には虫を寄せ付けない効用がある」と信じて購入したのだが、こうしたニュースを読むとなんだか騙されたような気が・・・。

本件は、いわゆる景品表示法の「優良誤認表示」に該当するかが問題で、企業はカタログやWebなどの広告物について、景品表示法に違反しないよう注意を払わなければならない。景品表示法が求めていることは、極論すれば、「広告にウソを書くな。誇大広告するな。」という一点につきるのだが、今回のようなケースでは、ユーザは購入時点で「この効用が本当かウソか」という事を判断しようがないのが現実。だからこそ、消費者庁は世の中に出回っている広告物が景品表示法に違反しないか目を光らせる必要があるが、量が膨大過ぎてなかなかキツイのが実状だろう。

私も企業法務担当者として自社の広告物について、広告審査をする機会があり、勉強がてら、他社の様々なリーフレットやカタログを収集したこともある。カタログというものは、ある意味ノウハウの固まりであり、比較的容易に入手できるので、勉強材料にはうってつけだ。また、公益社団法人日本広告審査機構(JARO)では、定期的に景品表示法に関する講習会を開催しており、私も何度か参加している。講習会は、初心者向けの基本的な内容であり、興味を持たれた方は、一度参加してみることをお勧めしたい。

企業向け情報/講演会・セミナー|JARO 日本広告審査機構



景品表示法は、20条ほどのシンプルな法律だが、民法や会社法のように法令本体に具体的な指標や基準があまり明文化されておらず、通達などの別資料などを読み込んで具体的なルールの全容をつかんでいく必要がある。従って、なかなかやっかいな法律だが、違反例などの前例を参考にしつつ、少しずつ経験値を積み重ねていくしかないと思う。

広告法務Q&A広告法務Q&A
公益社団法人 日本広告審査機構(JARO) 宣伝会議宣伝会議

宣伝会議 2014-09-29
売り上げランキング : 15530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

【社会・経済】中小企業庁「中小企業白書」で日本経済の現状を学ぶ/税金を使って調査しただけあって良質の教材です

先日とあるビジネス系セミナーに参加したのだが、その中で講師が興味深いことを発言していたので、簡単にご紹介したい。その講師は、中小企業庁が毎年発行している「中小企業白書」について以下のような発言を行っていた。

・日本の企業の99パーセントは中小企業が占めている。従って、中小企業企業の実態は日本の実態を如実に表しているともいえる。
・「中小企業白書」は、国が中小企業企業の動向と展望について、まとめた信頼度の高い詳細な報告書であり、日本の産業構造の現状と問題点を知るにあたっては申し分ない教材である。
・白書は、中小企業庁のHPで無料で公開されているため、一読することをお勧めしたい。
「なるほど〜」と思った私は、帰宅して早速iPadで中小企業庁のHPにアクセスして白書のPDFファイルをダウンロードして読み始めたところだ。

中小企業庁:中小企業白書



目次を参照すると全ページ数は、700ページ以上という膨大なボリュームである。ただ、図表なども織り交ぜられており、読むのにはそれほど苦労はしなさそう。

総務庁「事業所・企業統計調査」によれば、中小企業数(会社数+個人事業者数)は、約433万社で、全企業数に占める割合は99.7%とされている。つまり、日本の企業の圧倒的大多数は中小企業によって構成されている。従って、中小企業の現状と問題点を知ることは、日本経済を知ることにつながるのかもしれない。

中堅・中小企業で働く良さ - JS日本の企業2016



私は、「企業法務担当者は、法務の専門職だから法律書さえ読んでいればよい」というのではなく、一人のビジネスパーソンとして、経済リテラシーを伸ばすことも大切だと思う。まして、この「中小企業白書」は、多額の税金を投入してまとめられたにもかかわらず、無料で読めるのだから、一読して損はないと思うが、いかがだろうか。

図解要説 中小企業白書を読む 2014年対応版図解要説 中小企業白書を読む 2014年対応版
安田武彦

同友館 2014-07-18
売り上げランキング : 42124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

【社会・経済】代々木ゼミナールがリストラを実施/私も受験生の頃は、いろいろお世話になりました

1.三大予備校の一角
先日、ニュースで大手予備校の代々木ゼミナールが業績不振のためリストラを実施することが報道された。今後にかけて、職員の削減、一部校舎の閉鎖、全国模擬試験の中止などを順次実施していくという。過去に代ゼミは、河合塾・駿台予備校と並んで、日本における大手三大予備校の一角と称されたものだが、まさかこのような事態になるとは私が受験生の頃は想像もつかなかったものである。

代ゼミなぜ一人負け 強みが弱みに…窮余の大リストラ:朝日新聞デジタル



代ゼミが経営難に至った最大の原因は、言うまでもなく少子高齢化の影響だろう。大学受験産業においていわゆるユーザは、10代後半の若年層であり、そのパイが減少していくと、当然ながら大きな影響を受けて売上は先すぼみとなる。さらに大学全入時代と言われるように、大学入試のハードルが昔に比べて下がっており、浪人生自体の数も減少しているならば、なおさらだ。

2.私の受験勉強法
ここで10代後半の大学受験当時を振り返ると、私は予備校には一切通わず、全て独学で受験勉強していた。しかし、独学派といえども、大手予備校が出版していた参考書や問題集はおおいに活用していた。なかでも、代ゼミが出版している以下の書籍などを購入したものである。

出口の驚異の現代文読解法 (代々木ゼミ方式)出口の驚異の現代文読解法 (代々木ゼミ方式)
出口 汪

代々木ライブラリー 1989-08
売り上げランキング : 1015581

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出口の驚異の現代文マーク式読解法 (代々木ライブラリー)出口の驚異の現代文マーク式読解法 (代々木ライブラリー)
出口汪

代々木ライブラリー 1990-12
売り上げランキング : 706184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


土屋の古文講義―代々木ゼミ方式 (1)土屋の古文講義―代々木ゼミ方式 (1)
土屋 博映

代々木ライブラリー 1986-07
売り上げランキング : 31251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


土屋の古文公式222―代々木ゼミ方式土屋の古文公式222―代々木ゼミ方式
土屋 博映

代々木ライブラリー 1995-09
売り上げランキング : 183442

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


土屋の古文単語222―代々木ゼミ方式土屋の古文単語222―代々木ゼミ方式
土屋 博映

代々木ライブラリー 1985-03
売り上げランキング : 40676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これらはいずれも「良質の参考書」として紹介されており、受験生時代にお世話になった人も多いだろう。本記事を書くにあたり、先日、仕事帰りに本屋の大学受験参考書コーナーを訪れたが、これらの本が今だに健在でなにやらうれしかった。

3.代ゼミの模擬試験
私は、高校2年の頃から模擬試験を受けていたが、駿代や河合塾ではなく代ゼミ一本を利用していた。ただ、私は代ゼミ本校生ではないため、受験会場は、代ゼミの校舎ではなく、大阪南部の三国ヶ丘周辺の看護学校で、わざわざ通った記憶がある。

私が代ゼミの校舎を初めて訪れたのは、2004年に法科大学院がスタートした当初、私はこれの受験準備の一環で、伊藤塾が開催した無料模擬試験を受験したことがあるが、その試験会場が代ゼミ大阪南校であり、初めて校舎を訪れてなにやら感慨深かった。(結局、法科大学院には入学できず、企業法務の道に転進したのは、過去記事で触れたとおり)


大きな地図で見る

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【仕事術】NHK「仕事学のすすめ」で放映された司法試験流知的生産術のまとめ/伊藤真氏の流暢なトークは健在です

そんなこんなで、私なりの独学スタイルで受験勉強を貫いたが、無事現役合格することができたので、参考書は全て処分してしまった。そのときは長年共に戦ってきた戦友と離れるかのような錯覚を覚えて何やらさみしかったのを記憶している。

4.まとめ
あれから数十年が経過したが、それなりに苦労して取得した「学歴」だが、これが役に立つのは、就職活動などのほんの一瞬で、実際の仕事に際しては、何の役に立たないものである。官僚や銀行などは学歴で出世速度が違うと聞くが、大半の民間企業に勤める者にとってはおおむねそのようなものではないだろうか。本屋の受験参考書コーナーで熱心に研究している学生を見かけると、そう教えてやりたい衝動にかられるが、これは恋愛・結婚・育児と同じく自分自身で体験しないと理解できないと思う。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【社会・経済】正月に見かけたとある光景/現代教育論に対する自分なりの一考察です

ともかく、若い頃にお世話になった代ゼミのこのような姿を見ることになろうとは、なんとも複雑な心境である。今回のケースは少子高齢化が徐々に日本の産業に影響を及ぼし始めていることのあらわれであろう。

"人口4300万人"ああニッポン30年後の現実【第1部】警察官もいません 東京の足立区、杉並区、豊島区は消滅京都・大阪も無法地帯に!  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]



世代間格差: 人口減少社会を問いなおす (ちくま新書)世代間格差: 人口減少社会を問いなおす (ちくま新書)
加藤 久和

筑摩書房 2011-11-07
売り上げランキング : 44663

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

【社会・経済】最近の子供用おもちゃの販売戦略について思うこと/少子高齢化の影響がこんなところまで・・・。

1.「烈車戦隊トッキュウジャー」のおもちゃ
以前の記事で毎週日曜日に放映されている「烈車戦隊トッキュウジャー」について触れたかと思う。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【テレビ】2月から放映開始の「烈車戦隊トッキュウジャー」が面白い!/我が家では家族揃って鑑賞しています

我が家でも毎週一家そろってこの番組を鑑賞しているのだが、最近私が頭を悩めていることがある。それは本番組のスポンサーにはおもちゃメーカーが含まれているので、番組内で新アイテムやメカが登場するたびにそのおもちゃがすぐに発売されるのだが、そのペースが非常に早い点。というのも、本番組が2月にスタートして5ケ月目だが、すでに主役サイドのロボットが2体と複数の付属パーツが発売されている。例えば、トッキュウジャーが乗車する電車は合体変形して、「トッキュウオー」や「ディーゼルオー」というロボットになる。

20140609トッキュウジャーおもちゃ(1)
20140609トッキュウジャーおもちゃ(1) posted by (C)Sabosan

20140609トッキュウジャーおもちゃ(2)
20140609トッキュウジャーおもちゃ(2) posted by (C)Sabosan

さらに両者は合体して「超トッキュウオー」という一つのロボットに合体する。そのギミックには正直なところ、感動すらおぼえる。

20140609トッキュウジャーおもちゃ(3)
20140609トッキュウジャーおもちゃ(3) posted by (C)Sabosan

「よくこんな事を考えるなあ」と感心する一方で、番組ではこれにとどまらず、様々なメカ(サポート烈車)が登場し続けている。番組が始まってまだ半年もたたない状態でこの商品展開の早さに驚くばかりである。ちなみに、私が子供の頃に鑑賞したスーパー戦隊シリーズは主役サイドのロボットは一体のみで、最初から最後までそれで貫徹するというものであった。

2.おもちゃ業界への少子高齢化の影響
この商魂たくましいおもちゃメーカーの販売戦略にはただただ脱帽するしかない。思うに、これも少子高齢化の影響なのだろうか?メーカーとしては、これからは人口減少でおもちゃを買って遊ぶ子供達(購買層)が減っていくため、マーケットが縮小するのは火を見るより明らかである。そうした状況に対応するべく、番組内にこれでもかと新しいアイテムやメカを登場させて、それに連動する形で次々とおもちゃを市場投入する。そうして、子供一人当たりの売上げを増やすことにより全体の販売実績をかさ上げするつもりなのだろう。

この戦略は少なくとも我が家には見事に効を奏しており、おかげで番組がCMに切り替わるたびに、私も子供から「これが欲しい〜!」「買って買って!」とおねだりを受けるので、頭が痛い・・。少子高齢化の波は思わぬ形で我が家にも影響を及ぼしている。私もパパとして、子供のおねだりをいかにかわすかに頭を悩ませる今日この頃である。

少子・高齢化の経済学―市場重視の構造改革少子・高齢化の経済学―市場重視の構造改革
八代 尚宏

東洋経済新報社 1999-03
売り上げランキング : 583195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

【社会・経済】正月に見かけたとある光景/現代教育論に対する自分なりの一考察です

1.塾>学校
少し以前の話になるが、1月3日に地元の駅ビル付近に出かけたときの事。そのビルには学習塾やオフィスがいくつか入居しているのだが、そこで珍しい光景を見かけた。というのは、そのビルに小学生の一団が続々と吸い込まれていくのだ。中には親の運転する車で連れて来られる子供もいる。一体何事と思って、そのビルを覗いてみると、子供達が向かう先は2Fに入居している塾のようである。ハチマキを締めた講師らしき人物があいさつしている。どうやら正月早々に冬季講習でも行っているようだ。

帰宅してから妻にこの出来事を話したのだが、もはやいまどきの小学生は塾に通うことが当たり前で、行っていない子の方が少数派らしい。

調査データクリップ!子どもと教育 - ベネッセ教育総合研究所



公立中学生の7割強、私立でも5割超が塾に通っている! [学費・教育費] All About



2.偏差値と仕事力の関係
かくいう私自身といえば、塾や予備校というものに全くお世話にならなかった。ただ、大学受験を意識した高校2年ぐらいからは、旺文社のラジオ講座(ラ講)や予備校が発刊している市販の参考書を利用して、自分なりの勉強計画を立案して、自宅でコツコツと勉強していた。(当時のラ講の講座を担当していた出口注氏や樋口裕一氏が現在も現役で、ビジネス書まで出版しているのをみると、なにやらうれしくなるが)それでもそれなりの成績を維持することができ、そこそこのランクの大学に現役合格することができたので、自分のやり方としては間違っていなかったと思っている。

それだけに今どきの小学生が正月早々から塾に通いつめているという事実に大変驚いている。私が小学生の頃は、塾に通っていた子は、クラスのせいぜい1〜2割程度と記憶しているが、現在の状況がそうであるのは、いわゆる「ゆとり教育」が起因しているのかもしれない。というのも知人に聞くところによると、私が子供の頃に比べて、授業内容の低レベル化、学級崩壊など様々な弊害が発生しているらしい。と言っても、塾に行けば、当人の将来が絶対に安心かというとそれはまた別の次元の話。

というのも、現代の受験勉強というものは、少なからず一種の暗記ゲームという側面があり、課題の意義や目的などを深く考えることなく、効率良くインプットを行い、本番試験時にアウトプットを行うことが求められる。そのスキルにいくら習熟したからといって、「人間力」そのものも同時に向上するわけではない。

私も自分なりの戦略で受験勉強を進めていたものの、「自分がなぜ勉強するのか」ということは深く考えたことはなかった。学校や親が「受験勉強」というルートを用意してくれたので、それに素直に取り組んだだけである。悲しいかな、勉強をする目的・意義、その知識を将来どのように役立てるかということを教えてくれる教師は一人もいなかった記憶している。そもそも、受験勉強の最終目的は、「良い学校に入り、良い会社に入り、成功した人生を送ること」という暗黙のルールがある。

しかし、研究職などの一部の例外を除いて、偏差値の高さが仕事力に直結するわけではないことは、大部分のビジネスパーソンならばすでにお気づきのことであろう。つまり、「ビジネスパーソンの仕事力」と「学生時代の偏差値」とは決して比例するものではない。私の場合、周囲を見渡しても、出世コースに乗っている人が必ずしも偏差値の高い大学の出身というわけでもなく、その逆もしかりだ。一人の職業人としての能力の高さは、もっと別のもの、例えば、行動力・コミュニケーション能力などの「人間力」そのものの高さに左右されるような気がする。

出世のカギは「コミュ力」と「要領の良さ」。社会人が思う、将来出世しそうな人の特徴(マイナビスチューデント) - goo ニュース



そういえば、2006年あたりから経済産業省は、新人社会人には「主体性」「実行力」「計画力」「創造力」などの基礎能力が求められる、と公表している。逆にいうと、国家機関がこれまで新人社会人に求めら能力の定義化を行っていなかった裏返しであろう。もちろん、これらのスキルが受験勉強では養われないことは自明の理である。

社会人基礎力(METI/経済産業省)



偶然ではあるが、先日本宮ひろ志の「サラリーマン金太郎」の全巻無料というiPhoneアプリで、なかなか興味深いエピソードが取り上げられていた。



それは、「学生時代の頭の良さ」と「社会人の頭の良さ」は全くの別物というもの。主人公である金太郎が新規プロジェクトを実現するべく、とあるキーパーソンに接触するのだが、その娘が金太郎のやる気を評価すると共に、今時のサラリーマンを「上の命令を聞いてれば給料がもらえると危機意識が全くない」とこき下ろした上、学生と社会人の相違点についてこう語るのだ。

「学生時代の頭の良さは吸収する頭の良さ、つまり覚えることが求められる」
「一方、社会人になったら正反対で出す頭、つまり行動すること、真っ白から何かを生み出す制作能力こそが大事」

これは作者が自分の考えを登場人物をして言わしめているのだろうが、私も全く同感だ。これが1960年から1970年代にかけての高度成長期のような、いわゆる「成長社会」であれば、「言われたことをやる」人材であっても、それなりに成功した人生を送ることができた。企業もそのような「言われたことをやる」人材を必要としており、学校教育もおおむねそれに準拠していた。しかし、モノが世の中に満ちあふれて、グローバル化やIT化が急速に進み、人口も減少していくような「成熟社会」であれば、もはやそのやり方では安定した人生を送ることはできない。

3.まとめ
だからこそ、現代の教育機関はこれからの日本を背負っていく自立型人材を社会に輩出する責任を負っていると思うのだが・・・。例えば、学校教育の中に、キャリア教育を取り入れていくことはできないものだろうか。例えば、世の中にはどのような職業があって、その特徴や収入などを教える授業があっても良いと思う。そのような「生の知識」の方が子供達によっぽどプラスになると思う。

もっとも、子供の教育を全て学校任せにするのおかしな事で、親である私もこれを担う必要があるのだろう。具体的にはどうするべきかは思いつかないが、自分が子供の頃を思い返しながら、わが子と向き合う必要があると考えている。このブログも将来自分の子供が読むことを想定しており、「この時期に自分の親がどのようなことを考えていたか」というように、親を客観的に見つめ直す材料にしてもらえれば、と考えている。

わが子を「メシが食える大人」に育てる (ファミリー新書)わが子を「メシが食える大人」に育てる (ファミリー新書)
高濱 正伸

廣済堂出版 2010-07-17
売り上げランキング : 10557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
ラベル:
posted by Sabosan at 05:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

【社会・経済】消費者庁よりレーシック手術に関する注意の呼びかけ/私は近視ですが、受けようとは絶対に思いません。

1.消費庁のHPより
私は、企業法務担当者として、自社の製品安全に関する仕事にも多少携わっているため、製品安全に関する書籍やサイトに目を通すことがある。例えば、消費者庁のHPもその一つだが、消費者庁長官が先日の会見でレーシック手術に関する注意を呼び掛けており、少々驚いた。

阿南消費者庁長官記者会見要旨(平成25年12月5日(水)) | 消費者庁
レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!

ご存じの方も多いとは思うが、レーシック手術とは、近眼の患者に対して、レーザー光線を照射して角膜を矯正手術することにより正視の状態に近づけるというもの。しかし、手術後に目の痛みが生じるなどの副作用が生じることがケースもあり(場合によっては失明も)、近年になってそうした報道を耳にすることも多い。

2.レーシックを受けた友人のケース
実は、私の高校時代の友人が5〜6年ほど前にこのレーシック手術を受けている。その直後に友人と話をする機会があり、「眼鏡がなくても遠くを見れるのは楽だし、sabosanもレーシック受けてみたら?」と言われたが、私は目にレーザーをあてるという施術が恐ろしくて、全く受ける気にはならなかった。

あれから時間が流れて、レーシックに関する恐ろしい副作用を耳にすると、あの時の私の決断は正しかったと断言できる。そもそも、私が近視になったのは、子供の頃からテレビゲームをやり過ぎたせいである。

【動画・映画】ドラマ「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」の世界観が懐かし過ぎる/私も子供の頃はゲームに熱中していた時期がありました: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

だが、これは私の自業自得というものでそれは納得している。一生眼鏡による矯正でも致し方ないと割り切っている私であり、手術を受けてまで直そうとは思わない。

3.まとめ
上記に紹介した友人の現在だが、当人が遠方に転勤となり、年賀状を取り交わすだけの仲となったので、副作用の発症の有無については不明だ。もし、これからレーシック手術を受けるつもりの方は、恐ろしい副作用が生じるリスクがあることについてよくよく理解した上で、決断することをお勧めする。

ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本 (図解大安心シリーズ)ササッとわかる近視矯正手術「レーシック」で失敗しない本 (図解大安心シリーズ)
吉田 憲次

講談社 2010-04-23
売り上げランキング : 350672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
ラベル:レーシック
posted by Sabosan at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

【社会・経済】地元で窃盗事件が発生するという物騒な師走に/元従業員に会社荒らしにあった経営者やひったくりで権利書を盗まれた司法書士のお話

1.はじめに
早いもので、今年もいよいよ師走に突入した。そして、毎度の事ながら、あっという間に12月も過ぎるのだろうけど、ほんの数日前に私が通勤している駅の近辺でひったくり事件が発生した。こういうニュースを聞くと物騒な世の中になったと感じる。

そういえば、私の知っている範囲で、不幸にも窃盗の被害にあった人物を知っている。今回は、それらについて触れてみたい。

2.元従業員が窃盗で倍返し?
これは、私の知人Aがかつて勤めていた会社の話。その会社は従業員50人ほどのこじんまりとした規模だったが、経営者が典型的なワンマンタイプで、いわゆるパワハラが横行していた。そのため、従業員はなかなか定着せず、人が常に入れ替わる状態となっていた。経営者の言動も乱暴で、恫喝まがいのものが多く、多くの従業員からうらみを買っていたらしい。

そんな中、ある日の夜にその会社に泥棒が侵入し、金庫に保管されていた数百万円の現金を手際よく盗んでいったという。この会社はきちんとした警備システムを導入しておらず、単にセコムのシールを玄関に貼っていただけ。翌日、警察が来て現場検証などを行ったが、犯人はついぞ捕まらなかったらしい。(その後、その会社では本物の警備システムが導入されたとか)

Aの話すところによると、犯人は、手際がえらくいいし(金庫の場所を知っていたふしがある)、警備会社のシールが単なる「飾り」であることを知っていた可能性が高いため、内部の人間による犯行の疑いが高いと断定された。Aの推測によると、「この会社では年間に何十人もの社員が退職しており、辞めた人間がパワハラ経営者に対する恨みを晴らすために、会社に進入して窃盗事件を起こしたのでは?」というもの。もっとも、犯人はつかまらず、今となっては、真相は闇の中である。

3.権利書をひったくられた司法書士
これはかつて私が勤めていた司法書士事務所で実際にあった話である。

ある女性司法書士が法務局を訪れて、所有権保存登記後に権利書を回収して徒歩で最寄り駅まで帰ろうとした矢先のこと。背後から走ってきたスクーターに乗った人物が司法書士の持っていた鞄をひったくったのである。盗まれたのがその司法書士の財布だけならば、まだしも不幸中の幸いだったが、カバンの中には、クライアントの権利書が入っていたため、大問題となった。

その女性はどちらかというと派手なブランド物の服と鞄で身を固めるという(司法書士のイメージには少々そぐわない)格好をしていたため、犯人からは「カモ」と判断されたのだろう。結局、こちらも犯人や盗まれた物は見つからずじまいであり、その後始末として、クライアントへの謝罪、いったん所有権を抹消してから保証書による再度の所有権保存登記を行うというイレギュラーな対応を強いられることになった。

現在は、登記申請は郵送やオンラインによりできるようになったとはいえ、まだまだ法務局への持ち込みが多いのも確か。そして、登記申請には、権利書や印鑑証明書など重要書類が必要になるため、法務局への移動には細心の注意が必要となる。ヘタをしたら、事務所の信用問題にもつながり、こういったところに「士業の怖さ」というものがある。

4.まとめ
上記2件の窃盗事件については、警察は一応形だけの捜査はしてくれたが、結局犯人は捕まらず、盗まれた物も帰ってくることなく、いまだに事件未解決のままである。世界レベルで考えると日本の治安は非常に優れているというものの、やはりこういった事件は起こりえるもの。家から一歩外に出るならば、自分の身は自分で守るしかないと思う。

現代ひったくり事情―少年の感性/社会の陥穽現代ひったくり事情―少年の感性/社会の陥穽
藤掛 明 産経新聞大阪社会部

新曜社 2000-02
売り上げランキング : 1081569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする