2017年03月15日

【音楽】氷室京介「LAST GIGS」の公式ライブ音源を入手/1年前の大阪ドームライブの興奮が蘇る

昨年4月に友人に誘われて氷室京介のラストツアーである「LAST GIGS」に参加したことは以前に触れたかと思う。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【音楽】氷室京介ライブレポート「LAST GIGS in 京セラドーム大阪 2016.4.23」/ヒムロックのラストライブに行ってきました!(ネタバレ注意)

早いもので、あれからもう1年がたとうとしている。そんな中、昨年秋項に「LAST GIGS」のライブ音源(MCも完全収録)がMP3形式で販売されて、先日ようやく購入したところ。

氷室京介、4大ドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」全7公演の配信が決定 - music.jpニュース



ツアーから時間が経過しているとはいえ、アーティストがライブツアーを完全収録した音楽データを販売するというのは日本では相当珍しいケースではないだろうか。今回は氷室のラストライブというわけで、ファンにとっては最高のプレゼントだと思う。この粋なはからいには感謝したい。かくいう私もiPhoneで音源を聴きながら、この記事を書いている。

IMG_0251.PNGIMG_0252.PNGIMG_0253.PNGIMG_0254.PNG

しかし、このようなライブの音源データがインターネットでダウンロードできるようになるとは、ひと昔まえとは隔世の感がある。私の場合、最初に買った携帯型音楽プレーヤーは、ソニーのカセット型ウォークマンだった(いまどきの若者にしてみれば、カセットテープというものは化石並みのアンティークに相当するだろう)。その後、MDウォークマンが発売されて、曲の選曲が格段に早くなったのに感動したが、それでもCDをラジカセ経由で録音する作業に手間をかけたもの・・。

その後、しばらくしてからAppleからiPod、iPod Touch、iPhoneというように革新的なアイテムが登場し、私もそれらを順次購入したが、これらは音楽業界の仕組みそのものを大きく変化させたのは言うまでもない。個人がお手軽に音楽を購入して気軽に楽しめるようになったわけで、あらためてすごい世の中になったと思う。

こうした氷室のライブ音源ひとつをとっても、世の中の仕組みがどんどん変わっていくのを肌身で感じるわけだが、さて、5年後や10年後はどのようになっているだろうか?

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS<初回BOX限定盤>(3DVD)KYOSUKE HIMURO LAST GIGS<初回BOX限定盤>(3DVD)

ワーナーミュージック・ジャパン 2017-03-01
売り上げランキング : 51

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

【音楽】ボブ・ディランと私/ノーベル文学賞を受賞した「フォークの神様」

先日ニュースで大きく報じられたように、今年のノーベル文学賞にはアメリカのフォークロック界の大御所であるボブ・ディランが選ばれた。歌手がノーベル文学賞を受賞するのは初めてらしいが、その受賞理由としては、「アメリカの伝統音楽にのせて新しい詩の表現を創造した」ことにあるという。

ノーベル文学賞 ボブ・ディラン氏 受賞決定後 初のライブ | NHKニュース



私も一洋楽ファンとして、ディランのアルバムはいくつか所有している。というのは、もともとエリック・クラプトンのファンだったのが、クラプトンと共演経験のあったディランにも興味を持ったことがきっかけだ。



ディランは1960年代にデビューし、ビートルズと世代的に同じだ。デビュー当初は、アコースティックギターとハーモニカの2つのみで、どちらかというと社会派的なプロテストソングを歌っていた。デビュー後しばらくはフォークスタイルでライブ活動を行っていたが、しばらくするとバンドスタイルに方針転換する。その要因としては、イギリスのビートルズのアメリカ進出時に大きな影響を受けたとされている。その頃に発表された「Like a lolling Stone」は今でもディランの代表曲として真っ先にあげられる。



日本人アーティストでもディランに影響を受けた人は数多い。従って、間接的には日本の音楽界にも大きな影響を与えた「偉人」だといえる。75歳の現在でもディランは、精力的にライブ活動を行っているという。もっとも、最近はディランを聴いておらず、古い曲しか知らないが・・・。





ディランは、ライブでも積極的にMCをする方ではなく、決してサービス精神が旺盛というわけではない。今回のノーベル賞受賞について、特に何のコメントも発表しておらず、ノーベル財団からの連絡を黙殺しているらしい。このような不愛想さ、反骨精神がいかにも「我が道を行く」ディランらしいと思う。

ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディランザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン
ボブ・ディラン

ソニー・ミュージックレコーズ 1997-06-08
売り上げランキング : 39

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

【音楽】氷室京介ライブレポート「LAST GIGS in 京セラドーム大阪 2016.4.23」/ヒムロックのラストライブに行ってきました!(ネタバレ注意)

昨年12月に氷室京介のラストライブとなるドームツアー「LAST GIGS」に友人A氏と参加することに触れたかと思う。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【音楽】2016年春の氷室京介のラストライブに参加!?/ヒムロックの最後の雄姿をまぶたに焼きつけます

参加が決まった後は、本番に備えて、以下のCDやDVDを繰り返して鑑賞していたが、時間が経つのは早いもので、あっという間にライブ当日に。というわけで、ツアー初日のライブレポートを簡単にまとめてみたい。(ただし、これからライブに参加する人は、ネタバレになってしまうので、ご注意下さい)

THIS BOφWYTHIS BOφWY
BOΦWY

EMIミュージック・ジャパン 1998-02-24
売り上げランキング : 1892

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO / AN ATTEMPT TO DISCOVER NEW TRUTHS21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO / AN ATTEMPT TO DISCOVER NEW TRUTHS
氷室京介

EMIミュージック・ジャパン 2004-12-24
売り上げランキング : 16315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~
氷室京介

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-06-10
売り上げランキング : 5102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME 東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!" [DVD]

ワーナーミュージック・ジャパン 2012-05-28
売り上げランキング : 632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


当日は別の場所でA氏と待ち合わせをして、JR大正駅に到着したのは、午後4時半頃。ライブは午後6時だから時間は十分。JR大正駅からは大阪ドームに続々と向かう大勢の人が・・・。見たところ、年配の男性の割合が多いような気がする。やはりBOOWY時代からのファンが多いのだろうか?



駅からは10分ほどで大阪ドームに到着する。会場近辺にはグッズ売り場があるが、私はグッズは買わない主義なので、素通りする。また、小雨がパラついてきたので、あまり周辺をぶらつくわけにもいかず、少し早いけどチケットを提示してそのまま会場に入る。

20160423大阪ドーム(1)
20160423大阪ドーム(1)posted by(C)Sabosan

20160423大阪ドーム(2)
20160423大阪ドーム(2)posted by(C)Sabosan

気になる座席はアリーナ前方の右側の方。ステージからは100メートルほどあるだろうか。ドームでアリーナというのは初めてなので、チケットを手配してくれたAさんに感謝!

20160423大阪ドーム(3)
20160423大阪ドーム(3)posted by(C)Sabosan

そうして、待っているうちに午後6時となり、ライブがスタート。まず、ステージ上のモニターにこれまでの氷室のライブのダイジェスト映像が流れる。登場する氷室が若々しい。そして、映像が終わり、照明が明るくなると、ステージには氷室とバンドメンバーが勢揃い!

一曲目は、予想外となるBOOWYの「DREAMIN'」からスタート!



その後、「RUNAWAY TRAIN」「BLUE VACATION」「TO THE HIGHWAY」「Baby Action」「ROUGE OF GRAY」「"16"」「WELCOME TO THE TWILIGHT」など引き続きBOOWY時代の名曲をMCなしのノンストップで。個人的には、BOOWYの「JUST A HERO」がお気に入りなので、「BLUE VACATION」「ROUGE OF GRAY」「WELCOME TO THE TWILIGHT」の選曲はかなりうれしかった。

これで観客のボルテージもMAXとなり、大きな歓声が沸く。私自身も何度か曲の合間に「氷室ォ〜」と叫ぶ(昔から一度これをやってみたかった)。その数曲を経て、「LOVER'S DAY」「ダイヤモンド・ダスト」「CLOUDY HEART」と落ち着いたバラードが続く。特に「LOVER'S DAY」はシングルカットされていないが、氷室の甘く中性的な歌声がよく似合う隠れた名曲。ここで気になったのが、途中で氷室が苦しそうに歌っていたこと。初日だけあって体調はイマイチなのだろうか。



そして、ソロ時代の曲を経て、またもやBOOWYの「「B・BLUE」「「Marionette」「ONLY YOU」「PLASTIC BOMB」などビート系の曲が続く。「Marionette」は、BOOWY最大のヒットシングルなので、ご存知の方も多いはず。これを生で聞けたのは貴重な思い出になった。



アンコールは4曲だったが、そのうちラスト2曲は、「IMAGE DOWN」「NO. NEW YORK」で、これまたBOOWYファンならば、おなじみの人気曲だ。





というわけで、6時過ぎに始まったライブは、8時45分ぐらいに終了。振り返ってみると、当日の演奏曲29曲のうち、半分以上がBOOWYからの選曲で、ネットの掲示板などによると、この選曲にはファンから賛否両論のようだ。私自身も始まる前は選曲はソロが中心で、BOOWYはファンサービス的に少しだけ取り上げるのかな、と思っていたが・・・。(個人的には「STAY」「SQUALL」「HEAT」などソロ中期のシングルなどをやってほしかった)ただ、リアルタイムでBOOWYを聞いていなかった私にとって、生ライブでこれらを聞くことができたのは、忘れられない一夜となった。

いずれにせよ、私にとって最初で最後となる氷室京介のライブはこうして終了。そういえば、布袋寅泰などの元BOOWYメンバーが登場することはなかった(最終日に期待?)。

20160423大阪ドーム(4)
20160423大阪ドーム(4)posted by(C)Sabosan

今回のラストライブ「LAST GIGS」で、氷室のライブ活動は終了するが、楽曲の発表自体は続けるようなので、個人的に末永くフォローし続けたい。最後に、当日のセットリストを以下のとおり紹介しておこう。

氷室京介@京セラドーム大阪 (大阪府) (2016.04.23) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】
「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

【音楽】iTunesのアーティスト名の表示方法の改善/アーティスト名が見やすくなりました。

私は、自他ともに認めるiPhoneのヘビーユーザだが、最初に購入したApple製品はiPod nanoだった。確か購入したのは7〜8年ほど前で、古くからのAppleファンである妻に勧められたのがきっかけである。そして、iPod nanoにインストールする音楽を管理するためにiTunesを使い始めたのだが、現在は、iPhoneのバックアップやアプリ管理にも使っており、欠かすことができないソフトである。

iTunes - あなたを楽しませるすべてのエンターテインメントが、ここに。 - Apple(日本)


ところで、私は、このiTunesにおいて、ミュージックを「アーティスト順」に表示されるよう設定しているが、一部の漢字アーティストが「あかさたな順」に並ばないという現象が起きていた。

2016022iTunes(1)
2016022iTunes(1) posted by (C)Sabosan

理由がわからなかったので、この現象を長年にわたり放置していたが、その解決策がわかったので、ここで簡単に紹介しておきたい。それは非常にシンプルなもので、曲のプロパティを右クリックで開いて、アーティストの「読み仮名」をきちんと入力することである。

2016022iTunes(2)
2016022iTunes(2) posted by (C)Sabosan

すると、iTunesは、この読み仮名を認識するので、アーティスト名が「あかさたな順」にきれいに表示される。これならば、お目当てのアーティストを見つけやすくなり、非常に便利だ。本当にたったこれだけの事だが、私と同じような悩みを持っていた人は、一度試してみてほしい。

2016022iTunes(3)
2016022iTunes(3) posted by (C)Sabosan

iTunesは、Apple製品のユーザには必須のソフトウェアだが、数年おきに大幅なバージョンアップを行うので、ユーザがそれを理解して使いこなすのになかなか苦労することがある。そのたびにネットで「本バージョンは改悪」など騒がれるが、これはiPhoneのOSと同じで、この製品やサービスを使用するユーザは従わざるを得ないのが現状・・・。従って、私もそのたびごとに専門書籍を購入して、その使い方を勉強するようにしている。

iTunes12わからない人のための使いこなしガイド (超トリセツ)iTunes12わからない人のための使いこなしガイド (超トリセツ)
standards

standards 2015-03-04
売り上げランキング : 74817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

【音楽】2016年春の氷室京介のラストライブに参加!?/ヒムロックの最後の雄姿をまぶたに焼きつけます

1.ヒムロックのラストライブ
以前の記事で私がヒムロックこと氷室京介のファンであることは触れたかと思う。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【音楽】氷室京介と私/”KING OF ROCK”ことヒムロックのように年をとりたいものです

そんな中、先日友人Aさんから以下のとおりLINEのメッセージを受けた。

20151223LINE
20151223LINE posted by (C)Sabosan

なんと、氷室京介が2016年春にラストライブとなるドームツアーを行うという。これまで私は氷室京介のライブに行ったことがなく、いつか行ってみたいと思っていた。しかし、思わぬタイミングでAさんからお誘いを受けたので、是非これにあやかりたい。

氷室京介、ファイナルライブとなる4大ドームツアー開催決定 | 氷室京介 | BARKS音楽ニュース



ラストライブということで、当日のセットリストには注目している。個人的には、BOOWY時代の曲もとりあげつつ、「STAY」「SQUALL」「SLEEPLESS NIGHT」「Claudia」などを歌ってほしいが・・・。









2.おまけ
ちなみに、私とÅさんとは10年以上の友人関係で、昨年春にポール・マッカートニーの来日公演において、大阪 長居スタジアムから「場外参加」しようと企画した仲。

企業法務担当者のビジネスキャリア術: 【音楽】ポール・マッカートニーの再来日公演が全て中止に/私も一応「場外」から参加する予定でした

また、2001年のエリック・クラプトンなどの来日ライブ(大阪城ホール)にも一緒に参加したことがある等、音楽つながりがある人だが、このお誘いはかなりうれしかった。是非氷室のラストライブに一緒に参加して、その最後の雄姿を目に焼き付けたいと思う。

KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY-NAKED- FINAL DESTINATION DAY-01(DVD+2CD)(ポスターなし)KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY-NAKED- FINAL DESTINATION DAY-01(DVD+2CD)(ポスターなし)

ワーナーミュージック・ジャパン 2015-01-21
売り上げランキング : 4153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

【音楽】TM NETWORK「CAROL」/80年代を代表する名アルバム

1.TM NETWORKの名盤
去る2月15日にNHK BS プレミアムで『名盤ドキュメント MASTER TAPE「CAROL」TM NETWORK』が放送された。

MASTER TAPE 「TM NETWORK“CAROL”の秘密を探る」 - NHK


番組の内容は、1988年にTM NETWORKがリリースしたアルバム『CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-』が紹介されると共に、アルバムの制作に携わったメンバーや関係者がマスターテープを再生しながら当時の思い出を振り返るというもの。メンバーに加えて元サポートメンバーの松本孝弘(現B′z)や作詞家の小室みつ子なども登場して意外なエピソードなども触れており、なかなか興味深い内容だった。

私は、TM NETWORKは、シティハンターの主題歌「Get Wild」からファンになったクチで、1987年に発売されたアルバム「humansystem」を購入した記憶がある。



humansystemhumansystem
TM NETWORK

曲名リスト
1. CHILDREN OF THE NEW CENTURY
2. KISS YOU (More Rock)
3. BE TOGETHER
4. HUMAN SYSTEM
5. TELEPHONE LINE
6. LEPRECHAUN CHRISTMAS
7. FALLIN’ ANGEL
8. RESISTANCE
9. COME BACK TO ASIA
10. DAWN VALLEY (Instrumental)
11. THIS NIGHT

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして、その翌年に発売された「CAROL」はいわゆるコンセプトアルバムで、それぞれの収録曲が全体として一つの物語を形作っているというもの。この作品は名盤と評価されており、TMファンならば、必ず押さえておきたいアルバムである。私も本番組を鑑賞して、再度アルバムを引っ張り出して聴いているところだ。

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-
TM NETWORK

曲名リスト
1. A Day In The Girl’s Life (永遠の一瞬)
2. Carol (Carol’s Theme I)
3. Chase In Labyrinth (闇のラビリンス)
4. Gia Corm Fillippo Dia (Devil’s Carnival)
5. Come On Everybody
6. Beyond The Time (Expanded Version)
7. Seven Days War (Four Pieces Band Mix)
8. You’re The Best
9. Winter Comes Around (冬の一日)
10. In The Forest (君の声が聞こえる)
11. Carol (Carol’s Theme II)
12. Just One Victory (たったひとつの勝利)
13. Still Love Her (失われた風景)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2.私とTM NETWORK
1980年代の私の周囲にはBOOWY派とTM NETWORK派が分かれていたものだが、TM NETWORKの方が優勢だったような気がする。私はバランス良く両方を聴いていたが・・・。また、カラオケではTM NETWORKの以下の曲をよく歌ったものだが、今となっては懐しい限り。(特に、木根尚登のバラード曲、通称キネバラがお気に入り)







というわけで、本番組をきっかけに自分の中では、TM NETWORKの再ブームが起きたので、アルバムを聴き直しているところ。しばらくこのマイブームは続きそうな予感・・・。

TM NETWORK 30th Anniversary Special Issue 小室哲哉ぴあ TM編 (ぴあMOOK)TM NETWORK 30th Anniversary Special Issue 小室哲哉ぴあ TM編 (ぴあMOOK)

ぴあ 2014-04-21
売り上げランキング : 10305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

【音楽】ポール・マッカートニーの再来日公演が全て中止に/私も一応「場外」から参加する予定でした

1.I'm Down
5月17日から開始される予定であったポール・マッカートニーの再来日公演「OUT THERE JAPAN TOUR 2014」が本人の体調不良により中止されることになったのはニュースで取り上げられているとおり。

ついに全公演中止に…ポール・マッカートニー来日公演の今後は? - NAVER まとめ
ポール・マッカートニー ...



昨年の来日公演に引き続く再来日公演ということで、私もいち洋楽ファンとして関心は寄せていた。しかし、相変わらずチケットがあまりにも高すぎるので、私個人としては、参加するつもりはなかった。ただ、24日に大阪のヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)での野外ライブがあると聞いていたので、友人某氏と同日夕方にその近辺まで訪れて、会場から漏れ聞こえてくるライブを少し聞いてから(←我ながらセコイ)、天王寺あたりにそれをネタに飲みに行こうとしめし合わせていた。



ところが、大阪公演も含む全ての公演が中止されることになったので、私達の企画(?)もパアに…。従って、その代わりに24日は「日本一高いビル」のあべのハルカスでも観にいこうかな、と考えている。

2.海外大物アーティストの公演中止のリスク
今回の事件をきっかけに、海外の大物アーティストがライブを行う場合、こうした体調不良による公演キャンセルによって様々な問題が発生することを実感させられた。例えば、今回の公演で東京や大阪に地方から宿泊込みで遠征する人も多数いたと思われるが、チケット代金は払い戻されても、宿泊費や交通費は全くの無駄な出費となってしまう。また、オークションなどで正規の値段以上の金額でチケットを購入した人は、その差額は完全に自己負担となってしまう。

すると、こういった大型ライブイベントには、主催者やユーザにも一定のリスクはつきものということか。もっとも、主催者側はこのような事態にそなえて保険に加入しているらしいが、どれほど補填されるのだろうか?

マッカートニーさん:全公演中止ファン落胆…回復待ち出国 - 毎日新聞



今回は残念な結果となったが、年内秋頃に向けて来日公演も検討されているらしいし、ここは、ビートルズのアルバムでも聴きながら、期待することとしたい。

THE BEATLES 1THE BEATLES 1
ザ・ビートルズ

EMIミュージック・ジャパン 2000-11-13
売り上げランキング : 14397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

【音楽】ポール・マッカートニーがジャパン・ツアーを実施中/今回は参加できなかったので、前回の2002年来日公演の感想を書きます

1.「OUT THERE JAPAN TOUR 2013」
先週11日より元ビートルズのポール・マッカートニーの来日公演がスタートしている。20日現在では、大阪・福岡公演は終了し、東京の最終公演を残すのみとなった。

以前に来日のニュースを知ったときに、私も友人を誘って行こうかと思ったのだが、都合が合わないため、残念ながら今回は参加見送りに。公演終了済みのセットリストもインターネットで紹介されているので、確認してみたが、ビートルズ・ウイングス・ソロ時代の曲がバランス良く占められているようだ。

Paul McCartney 2013/11/11 | 京セラドーム大阪 | ライブ情報・セットリスト | セトリ!!!
Paul McCartney 2013/11/12 | 京セラドーム大阪 | ライブ情報・セットリスト | セトリ!!!
Paul McCartney 2013/11/15 | 福岡 ヤフオク!ドーム | ライブ情報・セットリスト | セトリ!!!

2.「DRIVING JAPAN TOUR 2002」
残念ながら今回の来日公演には参加することができなかったが、その代わりに私が11年前に参加した前回のジャパンツアー「DRIVING JAPAN TOUR 2002」の大阪ドーム公演に参加した感想を今さらではあるが、当日のライブCDを聴きながら振り返ってみたい。

20131121ポール・マッカートニー
20131121ポール・マッカートニー posted by (C)Sabosan

私が参加した大阪公演は11月17日。当日は日曜日のため大阪ドームは満員。私は、まだ結婚していない交際中だった妻とライブに参加した。座席は1塁側の2階席か3階席だったと思う。公園時間が到来してもすぐに演奏が始まるのではなく、風船や人形を持った何組かのパフォーマーが20分ほど1階席を練り歩くという趣向を行っていた。

そして、ポール・マッカートニーとバンドメンバーが登場し、ライブの開始!当日のセットリストは以下のとおりだ。

1.Hello Goodbye
2.Jet
3.All My Loving
4.Getting Better
5.Coming Up
6.Let Me Roll It
7.Lonely Road
8.Driving Rain
9.Your Loving Flame
10.Black Bird
11.Every Night
12.We Can Work It Out
13.You Never Give Me Your Money〜Carry That Weight
14.Fool On The Hill
15.Here Today
16.Something
17.Eleanor Rigby
18.Here, There And Everywhere
19.Calico Skies
20.Michelle
21.Band On The Run
22.Back In The U.S.S.R
23.May'be I'm Amazed
24.Let 'Em In
25.My Love
26.She's Leaving Home
27.Can't Buy Me Love
28.Live And Let Die
29.Let It Be
30.Hey Jude
<アンコール1>
31.The Long And Winding Road
32.Lady Madonna
33.I Saw Her Standing There
<アンコール2>
34.Yesterday
35.Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)〜The End

当日の公演時間は2時間半ぐらい。ビートルズ時代の曲を中心にソロ時代の曲も盛り込んでいた。なお、珍しい試みとして、ステージ後ろのモニターにポールの発言を字幕で同時通訳で映し出すというなかなか親切なサービスを行っていた。場所柄(?)をふまえてか、MCでは「マイド!」「オオキニ!」「モウカリマッカ?」などの大阪弁を連発するという心憎いリップサービスも。

ライブ全体はテンポ良く進み、選曲もポールのこれまでのキャリアを統括するバランスの良いものになったと思う。そういえば、「大阪だけの特別な曲を演奏します」とソロ時代の19を演奏してくれたのは、ラッキーだった。アコースティック系のコーラスのハモリがきれいな曲だ。



そして、後半から怒涛の展開で、ポールがピアノを弾きながらシャウトする23や28もとても印象的だった。





そして、ダブルアンコールにおける「Yesterday」から「Sgt. Pepper's Lonely Hearts ClubBand〜The End」へのメドレーは圧巻。ポールとバンドメンバー2人によるトリプルギターのソロはすさまじい大迫力。



やはりビートルズ時代の楽曲をCDではなく生演奏で聞けたのは一生忘れられない思い出となった。

3.まとめ
今回の来日ツアーは21日の公演をもって最終となるが、さすがに現在71歳のポール・マッカートニーが再び来日公演を行うことはまずないだろう。このあたりの事情は、以前に触れたエリック・クラプトンと同じで、悲しいかな、大物アーティストの高年齢化は着実に進んでいる。

【音楽】「ギターの神様」エリック・クラプトンが2014年に来日予定/おそらくこれが本当に最後の来日公演になるのかも・・・。: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

しかし、あのライブからもう11年が経過したのかと時間のたつ早さに愕然としてしまう。当時の私は、企業法務の仕事には全く携わっておらず(存在すら知らなかった)、まだ独身を謳歌(?)していた。そして、現在の私は、企業法務を本業とし、プライベートでも結婚して、二人の子供の父親に。

さて、「11年後の自分は公私共にどのような状況になっているだろうか?」とふと思う。そもそも、そのときまで本ブログが継続しているかどうかも定かではない。まあ、気がつけばあっという間に10年、20年がたっているのだろうけど・・・。

THE DIG Special Edition ポール・マッカートニー[来日記念増補決定版] (シンコー・ミュージックMOOK)THE DIG Special Edition ポール・マッカートニー[来日記念増補決定版] (シンコー・ミュージックMOOK)

シンコーミュージック 2013-10-31
売り上げランキング : 1016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


NEWNEW
ポール・マッカートニー

ユニバーサルミュージック 2013-10-13
売り上げランキング : 64

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

【音楽】「ギターの神様」エリック・クラプトンが2014年に来日予定/おそらくこれが本当に最後の来日公演になるのかも・・・。

1.「ギターの神様」が来日
先日インターネットでイギリスのギタリストであるエリック・クラプトンが来年に来日するというニュースを目にした。

エリック・クラプトン、約2年半ぶりの来日公演決定! - Ameba News [アメーバニュース]

以前の記事において触れたとおり、私がクラプトンのコンサートに初めて参加したのは、2001年11月22日の大阪城ホールの公演である。

【音楽】私とエリック・クラプトン/「ギターの神様」私の洋楽デビューはこの人から始まりました: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

早いもので、あれからもう12年の月日が経過した・・。しかし、あのコンサートの模様は今でも鮮明に覚えている。私にとって洋楽アーティストのコンサートは初めてだったし、最初の勤務先に退職のあいさつを行って退職金を受領した日なので、なおさらなのだ。

当日のクラプトンは、愛想がよく、曲の合間に「ドーモ!」と連発していた。また、「LAYLA」をアコギバージョンとエレキバージョンの両方で行うなど、かなりレアなライブだった。





クラプトンは、来年69歳を迎えるという。普通ならば、楽隠居してのんびりと余生を楽しむ生活を送っている年代だが、世界ツアーを行うとは、さすが「ギターの神様」とまで称されたロックアーティストだけあってパワフルな事だ。ただし、ニュースによると、さすがに高齢のためか、今回のツアーが最後であろうとも報道されている。

そこで、発売日当日に今回のコンサートのチケットを入手しようと思ったが、あえなく失敗。なんせ大阪公演は1日しかなかったので・・。残念。

エリック・クラプトン 一般発売 | チケットぴあ[音楽 海外ROCK・POPSのチケット購入・予約]

2.あの大ヒットアルバムがデラックス盤で再発
おそらくこの世界ツアーにあわせた宣伝をねらってのことだろう、1992年に発売されたクラプトンの「Unplugged」のデラックス盤がこの10月に発売されている。

エリック・クラプトン名作『アンプラグド』がデラックス・エディションで登場 - TOWER RECORDS ONLINE

1992年に発売された通常版には収録が見送られた曲(Circus、My Father's Eyes)などがいくつか追加されているが、この2曲は、1998年のアルバム「Pilgrim」にも収録されており、それほどのお徳感はない。ただし、これらは、不幸にも事故死した幼い息子と事故前日にサーカスに行った思い出や非嫡出子である自分と顔も知らない父親との関係を題材にしており、クラプトンを語る上で非常に重要な曲だ。





そのようなわけで、最後の来日コンサートに行けないのは残念だけど、その代わりにクラプトンのアルバムでも聞き込むとしよう。

アンプラグド~アコ-スティック・クラプトン DELUXE 2CD+DVDアンプラグド~アコ-スティック・クラプトン DELUXE 2CD+DVD
エリック・クラプトン

ワーナーミュージック・ジャパン 2013-10-22
売り上げランキング : 291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エリック・クラプトン全記録エリック・クラプトン全記録
クリス・ウェルチ 金成 有希

ヤマハミュージックメディア 2012-09-27
売り上げランキング : 64786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
posted by Sabosan at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

【音楽】地元ホールで開催されたギター・コンサートに行く/やはりライブという生演奏はいいもの

1.久しぶりのライブ
先日、地元のコンサートホールでギター・コンサートが行われるという情報を入手したので、妻の了解のもと、一人で出かけてきた。私の趣味がアコースティックギターであることは以前にも触れたとおりだが、自分で演奏するだけではなく、他人の演奏も聴くのが好きなので…。

【音楽】私とアコースティク・ギター/アマチュア歴10年以上の私のギター観です: 企業法務担当者のビジネスキャリア術

そういえば、最後に出かけたギターのコンサートといえば、ゴンチチ(GONTITI)というアコースティックギターデュオだが、この二人の曲はCMでもよく流れているので、ご存知の方も多いかもしれない。



かなり以前にゴンチチのコンサートに出かけた当時は、妻が長男を妊娠中であり、身重の妻をサポートしながら、会場まで出かけたものである。妻とは、「ヒーリング系の曲も多いし、ちょっとした胎教がわりになるかも」と話していたのだが、後で妻の話によると、ライブの途中で息子が何度か妻のお腹を蹴っていたらしい。息子も妻のお腹にいながら、ゴンチチのライブを楽しんでいたのだろうか。後になってその事を息子に話したことがあるのだが、もちろん「そんなの憶えていないよ」との事…。

2.クラシック・ギターとは
ギターに詳しい方ならば、ご存知だと思うが、アコースティック・ギターも大きく分類すると、スチール(鉄)弦を張ったフォーク・ギターと、

S.Yairi Japan Vintage Series YD-108 アコースティックギター ハードケース付S.Yairi Japan Vintage Series YD-108 アコースティックギター ハードケース付

S.Yairi
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボサ・ノヴァやフラメンコなどで使用されるナイロン弦を用いたクラシック・ギターに分けることができる。

S.Yairi Historic Series YN-28 アコースティックギター ハードケース付S.Yairi Historic Series YN-28 アコースティックギター ハードケース付

S.Yairi
売り上げランキング : 60061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前者は、最も一般的なものであり、アコギといえば、通常はこちらを指す。後者は、名称どおり主にクラシックなどで使用されるギターである。両者は、ヘッドの形状やネックの厚さなどで大きな違いがあり、演奏時には踏み台を置いて、やや縦向きに構えるなど演奏時のスタイルも異なる。

今回は、今回のコンサートでは、クラシック・ギターによるピアノによる二人編成というもので、演奏された主な曲目は以下のとおりだった。







特に最後の「わが心のアランフェス」は、もの悲しい曲調でスタートしながら、サビまでジワジワと盛り上がっていくところが素晴らしく、鳥肌ものだった。出演するアーティストも決して知名度がある人はないが、それだけに先入観にとらわれることなく純粋に生演奏を楽しむことができた。

3.まとめ
今回のコンサートは無料だったので、わずか50分ほどで終了したのだが、やはり「自分で演奏するにせよ、他人の演奏を聴くにせよ、感動を与える音楽というものは素晴らしい」としみじみと感じいった。以前にも触れたように私はギター歴15年以上のアマチュアなのだが、ストローク系の曲ばかり練習しており、良いきっかけなので、心機一転ソロ・ギターにも挑戦してみようかと考えている。そこで、早速帰りに楽器店で教則本を購入してコツコツを練習を始めているところだ。

猛暑もやわらぎ、めっきり過ごしやすくなって秋の気配がひしひしと近づくこの頃…。1年で最も過ごしやすいこの時期は、「芸術の秋」を堪能したいところだ。

DVD&CDでよくわかる! はじめてのソロ・ギター (DVD、CD付) (アコースティック・ギター・マガジン)DVD&CDでよくわかる! はじめてのソロ・ギター (DVD、CD付) (アコースティック・ギター・マガジン)
田光 マコト

リットーミュージック 2012-12-18
売り上げランキング : 210231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気ブログランキング」参加中です!1クリックお願いします!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
ラベル:
posted by Sabosan at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする